日本刀の華備前刀展の混雑や出品作品と見所は?感想口コミも!

スポンサーリンク




こんにちは、ツクです!

今、東京世田谷区の静嘉堂文庫美術館で開催されている日本刀の華備前刀展が注目ですね。

備前刀とともに出品されている国宝「曜変天目」茶碗は注目ですね!

日本刀や日本美術ファンの心をひく展覧会です!

日本刀の華備前刀展の気になる混雑や、その他の出品作品や見所、そして実際に作品を目にした方々の感想口コミが気になります。

「日本刀の華備前刀展の混雑や出品作品と見所は?感想口コミも!」としてまとめてみましたので、ご参考にしてください。

それでは見てゆきましょう。

スポンサーリンク

日本刀の華備前刀展の混雑は?

ツイッターの書き込みから調査したところ、ゴールデンウィークはちょっと混雑気味だったものの、そこそこ程度の混み方でしたので、鑑賞にこまるというほどではありませんでした。

午後にはチケットを買うため行列ができていたという声も聞かれますので、午前中に訪れた方が良さそうです。

大規模な博物館ではありませんので、休日の混雑は、団体客が訪れると混んでしまうなど、ちょっと読みにくいですが、午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで) と早めに閉館しますのでねらい目は朝一番でしょう。

又会期末は6月2日(日)までとなっています。

今回、財閥岩崎家が保有している、備前刀の名刀と、国宝「曜変天目」茶碗が展示されており、非常に日本刀や日本美術の好きな方にとっては気になる展覧会、混雑が予想されますので早めに訪れるか会期末が近付けば平日に訪れる事をおススメします。

 

日本刀の華備前刀展の出品作品と見所は

出品作品に記載されている内容を見れば全てが銘の打たれた名刀ばかりです。

明治の廃刀令の後、三菱財閥の二代目岩崎彌之助が集めた名刀は数百振といいます。

そしてその4割が備前刀。

備前は優れた刀工が数多く輩出され、平安以来の歴史を誇ります。

今回一文字・長船・畠田・吉井・鵜飼といった名工の重要文化財等30振が展示され刀剣ファンには見逃す事の出来ない展示会、この展覧会の見所です。

そして注目は国宝「曜変天目茶碗」です。

「器の中に宇宙が見える」と評される茶碗は中国福建省で作られ、偶然の賜物(偶然か意図的か意見の分かれるところですが)によってできた茶碗で現存するのはたった3点のみ。

個々三菱家の静嘉堂文庫蔵は徳川将軍家に伝わるもの、そして水戸徳川家の所持していた者は藤田美術館に、そして筑前黒田家が保有していたおのが、黒田家の菩提寺、大徳寺の塔頭龍光院に残っています。

そのうち現存する最高のものとされるのが、今回公開されている静嘉堂文庫蔵の「曜変天目茶碗」で大きな見所!注目度の極めて高い展覧会です!(通年展示されているものではありません!)

 

備前刀と曜変天目茶碗、何とも魅力的な展覧会ですね。

 

日本刀の華備前刀展の感想口コミは?

注目度の高い展覧会ですが、どんな感想が寄せられているでしょう?

ツイッターに寄せられた感想も、評判が高いですね。

 

日本刀の華備前刀展の基本情報

展覧会名称  日本刀の華 備前刀

会期     2019年4月13日(土)~6月2日(日)

休館日    毎週月曜日(4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)

会場     静嘉堂文庫美術館

住所     〒157-0076 東京都世田谷区岡本2-23-1

電話     03-5777-8600(ハローダイヤル)

料金     一般 1000円 /大高生 700円 / 中学生以下無料

最寄駅    二子玉川駅から20分 タクシーを使った方が良いかもしれません。

岩崎家の自然に囲まれた庭を楽しむことが出来ます!

 

まとめ

日本刀の華備前刀展の混雑はゴールデンウイークには多少の混雑がありましたが、ゴールデンウイークでその程度ですから、ゆっくりと見られるかもしれません。しかし会期末6月2日(日)も迫ってきましたので早めに行かれた方が良いでしょう。

見どころはやはり財閥岩崎家が集めた刀の名品、そして現存する3点のうち最も美しいと言われる「曜変天目茶碗です。

ツイッターより感想をあつめてみましたが、面白かったたとう評判には触れています。

「日本刀の華備前刀展の混雑や出品作品と見所は?感想口コミも!」としてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください