ル・コルビュジエ展東京2019の混雑や駐車場は?グッズも!

スポンサーリンク




こんにちは、ツクです。

東京上野の西洋美術館ではルーベンス展も終わり、次のコルビュジエ展へ向けて準備中です。

今年の楽しみな展覧会の一つです。

コルビュジエと上野の国立西洋美術館!

そう国立西洋美術館は日本にある唯一のコルビュジエの設計による建物であり、世界遺産です。

その国立西洋美術館で開催されるコルビュジエ展ですから、血が騒ぎます。

コルビュジエは絵画も彫刻も作り展示されます。

コルビュジエの設計した空間にコルビジュエが展示されます!

展示とともに気になるのは混雑や駐車場、そして展覧会と言えばグッズも楽しみです。

「ル・コルビュジエ展東京2019の混雑や駐車場は?グッズも!」として纏めてみましたのでご参考にしてください。

スポンサーリンク

ル・コルビュジエ展東京2019の混雑状況や駐車場は?

ル・コルビュジエ展東京2019の概要

まずはル・コルビュジエ展東京2019の概要をおさえておきましょう。

展覧会名:国立西洋美術館開館60周年記念 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代

開催期間:2019年2月19日(火)~5月19日(日)

開館時間:9:30から17:30まで(入室は閉室の30分前まで)です。
※毎週金曜日・土曜日は午後8時まで)

開催会場:国立西洋美術館 本館 〒110-0007 東京都台東区上野公園7番7号

休館日 :毎週月曜日(3月25日、4月29日、5月6日は開館)及び 5月7日(火)

観覧料
前売券・団体券 | 一般 1,400円 / 大学生 1,000円 / 高校生 600円

当日券     | 一般 1,600円 / 大学生 1,200円 / 高校生 800円

*中学生以下は無料。
*団体は20名以上。
*心身に障害のある方と付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳の提示要)

お問い合わせ  ハローダイヤル 03-5777-8600

音声ガイド 貸出価格¥550です。声優の諏訪部順一さんがナビゲーターです。

 

ル・コルビュジエ展東京2019の混雑予想

前に開かれていたルーベンスの混雑状況が多少なりとも参考になるかと思いますが、スタート当初は大混雑しましたが、人気のルーベンスですが1か月すぎ頃にはちょっとおちつき最後の1か月半は劇込みといった状況でした。

後半は平日でも結構混雑していましたが、土日に比べると人数は少なくなります。

休日、特に連休は大変な混雑ぶりであきらめて帰る人も。

おススメは会期前半の平日ですね。

特に今回は人気の若冲も展示され、話題の展覧会となりそうですので、混雑が予想されます。

土日は混みますので、平日に行かれることをおススメします。特に金曜は20:00まで開いていますのでここを狙っていかれることをおススメします。

ルーベンス展では混雑状況がツイッターに随時情報が発信されていましたので、開設されましたら追記致します。

駐車場はあるのでしょうか?

国立西洋美術館は上野公園の中にあって、美術館専用の駐車場はありません。なるべくル・コルビュジエ展東京2019へお越しの際には、公共の交通機関をご利用されることをおススメします。

近隣の駐車場は以下の通りです。上野公園の周りに6か所の駐車場が確認できます。

タイムズ上野桜木1丁目
タイムズキブト上野桜木
タイムズ上野公園口
(株)上野パーキングセンター
京成上野駅駐車場
上野中央通り地下駐車場

 

ル・コルビュジエ展のグッズは?

ル・コルビュジエ展東京2019のグッズですが、もう売り切れてしまいましたがトートバッグ付きのチケットが販売されていました。こちらもグッズとして出してほしいですね。

グッズの様子もわかり次第追記していきたいと思います。

ル・コルビュジエ展について

ル・コルビュジエの建築群が世界遺産に登録され、国内唯一のここ国利西洋美術館も2016年に世界遺産となったのは記憶に新しい所ですね。

コルビジュエ、何だか発音しずらいですよね。実はペンネームみたいなもので、本名はシャルル=エドゥアール・ジャンヌレといいます。

生まれはスイス、芸術の都パリに出て「ピュリスム(純粋主義)」の時代に、絵画や出版や都市計画など多岐に渡り活動しました。

建築の巨匠として歴史に名を残していますが、実は建築学を学んだわけではなく、最初は画家から芸術の世界に入っており、自らの力で建築における巨木となっていきました。

コルビュジエのピュリスムは、ブラックやピカソのキュビズムとも共鳴し、一緒に展示されるようです。

ジャンヌレは第一次世界大戦後からピュリスムの運動を初め、建築家として「ル・コルビュジエ」を名乗り、近代建築の巨匠となりました。

この展覧会では、ル・コルビュジエの作品とともに、彼の友人たちの美術作品が約100点展示されます。

建築模型、出版物、映像などの多岐に渡る資料を目にすることが出来、ル・コルビュジエの生きた時代の精神をたっぷりと吸収できそうです!

コルビジュエが画家として芸術家としてをはじめ、ピカソをはじめとする芸術家たちと交流する中で、空間、建築空間まで含めた総合的な芸術として、建築家として目覚め、巨匠となっていく姿に接することが出来ます。

しかも、ル・コルビュジエの設計した国立施用美術館という建築物の中で!

出品される作家は

  • シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエ)
  • アメデ・オザンファン
  • パブロ・ピカソ
  • ジョルジュ・ブラック
  • フェルナン・レジェ
  • フアン・グリス
  • アンリ・ローランス
  • ジャック・リプシッツ

見逃したくない展覧会です!

ツイッターの声

ツイッターでも待ち望んでいる声が聞こえてきます!

国立西洋美術館で見ることが出来、とてもワクワクする展覧会ですね。

 

まとめ

この前の特別展、ルーベンス展は、人気ある画家だっただけに大変な混雑ぶりでしたが、ルーベンスと比べれば認知度は低いですが混雑はどんなものでしょうね。今年注目すべき展覧会の一つですね!

美術館の混雑傾向としては、展覧会開始直後は混雑し、少々落ち着いて会期終了が近付くと混雑が増してくるのが多いパターンです。

出来れば展覧会がはじまって1か月ほど待ち、平日、かつ20:00まで開館している金曜を狙って是非訪れたいものです。

駐車場はありませんが上野公園の中、交通の便の良い所ですので公共の交通機関をご利用されることをおススメします。

2019年も様々な展覧会が開かれますね。すぐ近くの都美術館で開かれる奇想の系譜展もあわせて、楽しみな展覧会、二つの混雑具合を見極めて選択するのも、又二つの展覧会を一緒にみるのも手ではないでしょうか。

「ル・コルビュジエ展東京2019の混雑や駐車場は?グッズも!」と題してまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください