クリムト展東京都美術館2019の混雑は?感想口コミやグッズも!

スポンサーリンク




こんにちは、ツクです!

2019年は注目の展覧会が多いですが東京都美術館で開催されているクリムト展は今年絶対に外せない大注目の展覧会ですね。

あの傑作「ユディトⅠ」が来日し注目が集まっています。

今東京では20世紀末芸術が話題ですね。

国立新美術館では今「ウィーンモダン展」でウィーンの世紀末文化を

是非この機会に絶対目にしたい絵ですね!

「クリムト展東京都美術館2019の混雑は?感想口コミやグッズも!」と題して纏めてみましたので宜しければ参考にしてくださいね。

それでは進めてまいりましょう!

スポンサーリンク

クリムト展東京都美術館2019の混雑は?

 

2019年に東京都美術館で開催されているクリムト展、気になるのは休日の混雑状況ですね。

ゴールデンウィーク4月29日(祝)の混雑状況が参考になるかと思いますが混雑しているもののまだ大混雑には至っていない程度の混雑です。

以下は公式ツイッターから発信された4月29日(祝)のリアルタイムな混雑状況です。

具体的な混雑状況は、9:30のオープン直後20分には待ちが発生し、15:00頃から混雑は緩和し始め、16:00にようやく待ちがなくなっているという状況でした。

朝早くから混雑のピークに達している事から、夕方15時頃を狙っていくのがよさそうです。

28日(日)も確認してみましたが、だいたい同様の混雑状況でした。

4月29日(月・祝)の公式ツイッターによる混雑の具体的な動き

9:40 現在 入場までの待ち時間は約20分。チケット売場の待ち時間なし。会場内混雑

10:35現在  入場までの待ち時間は約30分。チケット売場の待ち時間は約5~10分。会場内混雑。

11:05 現在  入場までの待ち時間は約20分。チケット売場の待ち時間は約5~10分。会場内混雑。

12:35 現在  入場までの待ち時間は約10分。チケット売場の待ち時間は約5分。会場内混雑。

14:05 現在  入場までの待ち時間は約20分。  チケット売場の待ち時間は約5分。会場内混雑。

15:15 現在  入場までの待ち時間は約10分。チケット売場の待ち時間は約5分。会場内混雑。

16:00 現在  入場までの待ち時間なし。チケット売場の待ち時間なし。会場内混雑。

 

お休み期間に混雑を回避するには、朝早く行くよりも、15:00頃に訪れるのが良さそうです。

狙いどころは、特別展開催中の金曜日は9:30~20:00までいつもより遅く夜までオープンしていますので、遅い時間が狙い目です。

 

やはり混雑を避けるには平日!

又、曜日でみた場合、混雑を避けるには休日、祝日を避けてゴールデンウイーク明けの平日に訪れた方が良さそうです。

平日とはいえ結構人気の展覧会は結構混雑しますが、平日の訪問者数は間違いなく減りますので、平日訪れる事をおススメします。

なかなかお仕事を休んで、というのも難しいかもしれませんが、美術館でお休みを計画しゆっくりとした一日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

平日にも要注意日があります。

5月15日(水)、6月19日(水)はシルバーデーにより都美術館では65歳以上の方は無料となります。

混雑が予想されますので、この日は避けた方が良さそうです。

 

又、会期末が近付くほど、注目の展覧会だけに混雑は激しくなることが予想されます。早めに訪れましょう。

クリムト展の会期は2019年4月23日(火)~7月10日(水)です。

 

チケット売り場で並ばぬよう、当日売りを買わずあらかじめ購入しておきましょう

チケット売り場で並ぶのは勿体ないので、事前に購入して行くようにしましょう。

公式サイト(オンラインチケット)

セブンチケット

ローソンチケット

チケットぴあ

イープラス

CNプレイガイド

 

あらためて会期と開館時間、休室日をおさえておきましょう。

会期は2019年4月23日(火)~7月10日(水)

開館時間は9:30~17:30(金は20時まで開館、入室は閉室の30分前まで)です。

休室日は、 5月7日(火)、20日(月)、27日(月)、6月3日(月)、17日(月)、7月1日(月)です

 

クリムト展の感想口コミ

展覧会は、事前に口コミを目にしておくと結構参考になります。

ツイッターに寄せられている声を集めていました。

 

注目の「ユディトⅠ」もさることながら稲垣吾郎さんの音声ガイドの評判が非常に良いですね。

そして聴覚的にも刺激あるベートーベンフリーズの部屋が注目ですね。

 

クリムト展のグッズ

展覧会といえばグッズが気になりますよね。

今回のクリムト展、グッズがとても充実しています!

ついつい散財してしまわないように気を付けましょう。

気になるグッズをツイッターに寄せられた声から探してみましょう!

このハンカチ素敵本当に素敵すぎますね。

使わないで飾っておきたいです!

クリムト展のグッズ、どれも素敵ですね!

あれもこれも欲しくなってつい散財してしまいますね!

 

クリムト展の基本情報

展覧会名  クリムト展 ウィーンと日本 1900

会 期   2019年4月23日(火)〜 7月10日(水)

休室日   5月7日(火)、20日(月)、27日(月)、6月3日(月)、17日(月)、7月1日(月)

開室時間  午前9時30分~午後5時30分 ※金曜日は午後8時まで(入室は閉室の30分前まで)

チケット

一般 1,600円(団体1,400円)/大学生・専門学校生 1,300円(団体1,100円)/高校生 800円(団体600円)/65歳以上 1,000円(団体800円)

音声ガイド

収録時間:約35分(19点+スペシャルトラック2点)

スペシャルトラック①:稲垣吾郎「第九について」
スペシャルトラック②:稲垣吾郎「ウィーンの思い出」

貸出料金:お1人様1台550円

貸出場所:展示室入口 貸出カウンター

ゲストナレーター:稲垣吾郎
ナレーター:藤村紀子
※すべてのトラックに稲垣吾郎さんのナレーション

会 場  東京都美術館 企画展示室

住 所  〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36

アクセス

■電車

  • JR上野駅 公園口より徒歩七分
  • JR上野駅「公園口」より徒歩7分
  • 東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅「7番出口」より徒歩10分
  • 京成線京成上野駅より徒歩10分

都美術館には専用駐車場はありませんので車をご利用の場合は近隣の駐車場をご利用ください。

クリムトの没後100年を記念する展覧会です。

初期の自然主義的な作品から、分離派結成後の黄金様式の時代の代表作や、甘美な女性像や数多く手がけた風景画まで、日本では過去最多となる油彩画25点以上を紹介します。

クリムトといえば接吻に代表されるような官能的な作品が印象的で、父はボヘミア出身の彫版師。

クリムトも彫金技術を身に着けて、クリムト独特の金や金と見ちがえるような黄色の色使いで装飾性の鮮やかな作品が目を惹きます。

ちょっと古いですが、NHKの大河ドラマ篤姫のタイトルバックで、美しい煌びやかな篤姫の衣装がクリムトのイメージで描かれていたのが話題になりましたね。

官能的な絵画から、郊外で描いた全く対照的な俗を離れた作品など様々な表情をもつクリムトの作品の奥深さは魅力的です。

何といっても20世紀末美術をけん引した巨人、今年の注目の展覧会ですね。

 

まとめ

今年2019年注目の展覧会、クリムト展が、東京都美術館で開かれています。

注目の展覧会だけに会期末が近付くにつれて混雑してくることでしょう。

感想の口コミも高評価でぜひ訪れたい展覧会です。クリムト展に関連して、現在国立新美術館でウィーンモダン展を開催していますので、併せて見に行かれることをぜひおススメします!!

展覧会といえばグッズも楽しみの一つですが、クリムト展のグッズはとても充実している様子、こちらも大変楽しみですね!

「クリムト展東京都美術館2019の混雑は?感想口コミやグッズも!」としてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください