大英博物館マンガ展2019の海外の評判は?21世紀のジャポニズム?

スポンサーリンク




こんにちは、ツクです!

イギリスの大英博物館で5月23日~8月26日までの期間、日本の漫画を幅広い視点から紹介する大規模な「漫画展」が開催されます。

日本国外で行われるもとしては過去最大級のマンガ展だとか。

マンガが、日本の文化としてアカデミックな大英博物館で開かれ大変注目されます。

海外の方々から、どんな評価をうけるのでしょうね?

展覧会を見た外国の方々から、どんな評判が聞こえてくるのか気になります。

もしかすると21世紀のジャポニズムみたいにガツンと西洋に影響を与えるかもしれませんね。

「大英博物館マンガ展2019の海外の評判は?21世紀のジャポニズム?」と題して一足早く大英博物館のマンガ展をのぞいてみませんか?

それでは早速、見ていきましょう。

スポンサーリンク

大英博物館マンガ展2019とは

海外で行われる過去最大のマンガ展「The Citi exhibition Manga」です。

こんなポスターで宣伝されているようです。

かなり注目を集める展覧会になりそうですね!

 

アカデミックな大英博物館で、江戸時代の葛飾北斎や河鍋暁斎から、現代の手塚治虫・赤塚不二夫・鳥山明・井上雄彦・尾田栄一郎・萩尾望都・竹宮惠子・こうの史代・東村アキコ・野田サトルといった漫画家まで広く文化として捉えようとしています。

江戸時代の作品は、例えば河鍋暁斎の「新富座妖怪引幕」が紹介され、現代のマンガに通じる文化の源泉みたいなものとして紹介されるようです。

北斎の妖怪画も紹介されるようですね。

漫画は必ずしも浮世絵のように日本の独自性の高いものではなく、海外のマンガやアニメーションの影響を受けながら育ったものですが、今や日本の漫画は現代世界に大きな影響を与える日本発信のカルチャーですよね。

これを正面から、あの大英博物館が掘り下げるのですから注目されることは間違いないですよね。

今回の企画の推進に力を発揮されたニコルさんは、東京大学で客員教授も務めた事のある日本への理解が大変深い方です。

今年から来年にかけて、ラグビーのワールド・カップや東京オリンピックで、世界の目は日本に注がれます。

ニコルさんは、その流れの中でマンガ展を開こうと考えたのだそうです。

かの大英博物館が企画する今回の展覧会、日本のマンガの展覧会として日本国外では最大級なのだそうです。

展覧会のタイトルは、「The Citi exhibition Manga マンガ」。

今や世界に影響を与えている日本発のマンガを、文化的に、歴史的に捉えて、今日的意味を理解できるよう工夫されて展示されるようです。

展覧会は6つのゾーンから構成されるようです。

ゾーン1

マンガとは何か。基本的なことが説明されます。

編集者や出版社により世に出るまでの過程も説明されます。

ゾーン2

歴史が紹介されます。

日本のマンガが生まれるた明治時代の新聞から手塚治虫、鳥山明の「ドラゴンボール」の原画などが展示、実際に漫画本を手にとって見ることが出来る本棚が設けられるようです。

ゾーン3

漫画の様々なジャンルが紹介されるようです。

例えばスポーツ、冒険、恋愛、SF、BL(ボーイズラブ)など。

ゾーン4

漫画が社会に与える影響が紹介されます。

例えばコミケや日本国内の学習マンガ、世界コスプレ・サミットなど。

社会への影響が紹介されます。

ゾーン5

河鍋暁斎の「新富座妖怪引幕」等や人気キャラクターの原画が展示されます。

日本文化に昔から根付いている漫画を醸成した文化が紹介されるのでしょうか。

ゾーン6

陶磁器や彫刻など、マンガの世界を超えた3D作品を展示する。

こちらは、将来的な発展を探ろうというこころでしょうか。

 

マンガはサブカルチャーと捉えられがちですが、深く突っ込み、数100年前から始まったビジュアル表現を、大英博物館ならではの歴史的な流れとして捉えています。

大英博物館といえば、文明と歴史を展示する博物館ですからね。

そんな文脈で日本の漫画がとらえられれば、新たな評価や発見、日本のマンガの価値がさらに見直されるかもしれない何とも楽しみな展覧会なんです。

マンガ展の海外の評判は?

会期前の声を拾ってみました。

会期が始まれば続々と声が聞こえてくるでしょうから、どんどんと追記していきますね。

マンガ展は21世紀のジャポニズム?

ちょっと大きく出すぎたでしょうか(笑)

かつて世界の芸術界に、はかりしれない影響を与えたジャポニズムとは、背景も文化的な衝撃度も異なります。

しかし、将来海外にまだまだ影響を与えていくことは間違いないでしょう。

マンガ展は21世紀のジャポニズムとは、大仰なタイトルを銘打ちましたが、あながち当たらずとも遠からずかもしれませんね。

どんな声が聞こえてくるのか楽しみでなりません。

まとめ

大英博物館で、過去最大のマンガ展が2019年5月23日~8月26日まで開催されます。

海外でも既に開催を楽しみに待つ声がツイートされているようです。

海外の評判が気になりますね!

会期が始まって声が聞こえてきたら、追記していきたいと思います。

21世紀のジャポニズム、いささか大仰なタイトルですが、世界に日本の文化が知られる大きな機会となることはまちがいないでしょう。

今回の展覧会には大いに期待しています。

「大英博物館マンガ展2019の海外の評判は?21世紀のジャポニズム?」と題してまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください