ドコモCM「はじまりの物語」のロボットのコスモフ役は誰?

スポンサーリンク








NTTドコモの新シリーズが始まりましたね。これまでの記者の生活感あるシリーズとはうってかわってCGによる夢の世界に。まるで様相がかわりました。

初回タイトルは「はじまりの物語」。どこかで見た事のある様々なキャラクターが集った不思議な世界です。そこで繰り広げられる物語。コンセプトは「みんなを、ドまんなかに。」

いまいち人気のない三匹のキャラクターが、いつか人気者になる日を夢見ながら、不思議の世界の片隅に生きています。

そこに現れたプロヂューサー星野源。彼は一枚の名刺を渡します。動き始める3人のキャラクター達。希望あふれるファンタジックな世界に思わずワクワクします!

その中の一人にロボットキャラの「コスモフ」。人間に変身するとメガネをかけた知的な人物に。何という俳優さんでしょう?

「ドコモCM「はじまりの物語」のロボットのコスモフ役は誰?」として纏めてみました。

スポンサーリンク

ドコモCM「はじまりの物語」のロボットのコスモフ役は誰?

いよいよ始まりましたドコモCMの新シリーズ「はじまりの物語」の気になるキャラクターたち。その中でロボットのコスモフ役の俳優さんは誰なのでしょう。

コスモフ 宇宙の意味をもつ「コスモ」と「SF」で“コスモフ”。だそうです。理屈っぽい性格だとか。こちらです。

人間に変身するとこう。

ドコモCM「はじまりの物語」のロボットのコスモフ役は誰かと思えば、これは長谷川博己さんですね!

このような役で登場されるとは、実に楽しみですね!!

 

長谷川博己さんといえば今やもう名俳優。再来年の大河ドラマの主役も射止めていますね。

経歴はというと。。

生年月日 1977年3月7日(41歳)
出生地   東京都
身長   182cm
血液型  A型

中央大学文学部を卒業され、2001年、文学座附属演劇研究所に入られました。

2002年に初舞台、2004年4月に、研修科を終了し準座員として入座し、すぐに文学座支持会新人賞(座内賞)を受賞されています。2006年4月に、準座員から座員に昇格しますが同年退座。

長谷川さんを有名にしたのは、2010年のNHKドラマ『セカンドバージン』ですね。鈴木京香さんとの競演で話題になり、プライベートでも噂に。

2011年、『鈴木先生』で民放テレビドラマ初主演。

同年、日本テレビの大ヒットを記録した『家政婦のミタ』ではダメな父親役を。

2014年、TBSとWOWOWの共同制作で放送された『MOZU』で悪役を演じています。

2015年『デート〜恋とはどんなものかしら〜』では自ら高等遊民と言うオタクの男を演じました。

2016年7月29日公開のゴジラシリーズ第29作『シン・ゴジラ』で、内閣官房副長官、矢口蘭堂役が印象深いですね。

2017年の日曜劇場『小さな巨人』で主演。

「半分、青い。」に続く次の連続テレビ小説『まんぷく』では、主人公の夫・日清製粉の創業者、安藤百福をモデルにした人物を演じます。

2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』では、主役の明智光秀。勢いに乗っていますね。

ドコモCM「はじまりの物語」のロボットのコスモフ役、誰かと思えば、まさかの長谷川博己さんの登場です!

出演作品

映画

セカンドバージン(2011年)
映画 鈴木先生(2013年)
地獄でなぜ悪い(2013年)
舞妓はレディ(2014年)
海月姫(2014年)
ラブ&ピース(2015年)
進撃の巨人(2015年)
この国の空(2015年)
劇場版 MOZU(2015年)
セーラー服と機関銃 -卒業-(2016年)
二重生活(2016年)
シン・ゴジラ(2016年)
散歩する侵略者(2017年)
半世界

テレビドラマ

四つの嘘(2008年)
33分探偵 第9話(2008年)
七瀬ふたたび(2008年)
妄想姉妹〜文學という名のもとに〜 第9話(2009年)
BOSS(2009年) –
ギネ 産婦人科の女たち(2009年)
セカンドバージン(2010年)
告発〜国選弁護人 第6話(2011年)
鈴木先生(2011年) –
鈴木先生の結婚報告〜待望の休暇も心の汗が止まらないッ!〜(2013年)
二夜連続松本清張ドラマスペシャル 砂の器(2011年)
家政婦のミタ(2011年)
運命の人(2012年)
聖なる怪物たち(2012年)
孤独のグルメ Season2 第11話(2012年)
大河ドラマ(NHK)
八重の桜(2013年)
麒麟がくる(2020年)
雲の階段(2013年)
MOZU
Season1(2014年)
Season2〜幻の翼〜(2014年)
55歳からのハローライフ 第1話(2014年)
デート〜恋とはどんなものかしら〜(2015年) –
デート〜恋とはどんなものかしら〜2015夏 秘湯(2015年)
誘拐ミステリー超傑作 法月綸太郎 一の悲劇(2016年)
夏目漱石の妻(2016年)
『獄門島』(2016年)←鬼気迫る演技でした!
小さな巨人(2017年)
都庁爆破!(2018年)
連続テレビ小説『まんぷく』(2018年)

押しも押されぬ名俳優ですね。

新たに始まったドコモのCM「はじまりの物語」。ロボットのコスモフ役で、又お茶の間の人気を得て行きそうですね。思わず誰?と思えば長谷川博己さん。どんな難しい役でもこなしてしまう名優さんがこのコミカルな役でどんな顔を見せてくれるのか非常に楽しみです。

新たなドコモのCM「はじまりの物語」

新しいCMシリーズ。素敵なファンタジーです。かつて子供たちの人気の的だった、きらめくように懐かしいキャラクターがいきなり次々に登場してくる世界のお話。思わずワクワクさせられます。

 

物語が始まります。

電車の中です。現実と異世界をつなぐ銀河鉄道のような電車なのでしょうか。電車の窓から暗い外の景色を見つめるのは背広姿の星野源さんです。

夜かと思わせたのは実はトンネルの中、列車は明るい世界に出ます。異世界へ通じるトンネルを抜けたのでしょうか、そこは不思議の国でした。右手には大きなキティちゃんの看板が。

星野源のナレーション「ここは様々なキャラクターが集まる世界。」

高架を走る電車の上からの映像は、離れて段々下へとおりていきます。実は物凄く深い世界。降りていく中でどこかで見た事のある赤塚不二夫の漫画のキャラクターや鉄人28号が。夢の世界なのです。

ナレーション「みんないつか人気者になる日を夢見ている。」

映像はさらにどんどん下へ暗い世界へと降りていきます。そして行きついたのは、一軒の劇場。看板にイヤミ劇場のネオン。

ナレーション「そんな世界の片隅で。。。」

観客のいないステージの幕が開いていよいよ3匹のキャラクターが登場しました。「じゃーん。」

客席は寂しい事に数人の影、そして響き渡る鼾。。

ナレーション「イマイチ人気のない三匹のキャラクター」

舞台袖におそ松くんのキャラ、”イヤミ”が立っています。支配人でしょうか。一言「クビざんす」

ガチャンと舞台の明かりをおとしてしまいます。

舞台は変わって、街の階段に座って溜息をつく3人のキャラクターたち。

黄色いドニマルがドーナツを手に人間に変身します。「はぁ~あ。俺もテーマパークになりたいな」

ナレーションがキャラクターを紹介「ドニマル」

ロボットのコスモフがドニマルのドーナツをとって人間に変身「もうだめだ、あきらめ時だな」

ナレーションがキャラクターを紹介「コスモフ」

今度はピンクの女性キャラクターモンジュウロウがドーナツを奪って人間に変身

「お仕事ゼロ。。」

ナレーションがキャラクターを紹介「モンジュウロウ」

そこに星野源が現れるのです。

「あの、僕に何かできる事があると思うんです。」

一枚の名刺を差し出します。そこに書かれているのは ”プロデューサー 星あゆむ” の文字。

ナレーション「そしてプロデューサーの僕との出会いから始まる、彼らが世界一の。いやまずは地元で一番くらいの人気者を目指す物語」

不思議の街の遠景。遥かな夕焼けの街に浮かび上がる文字。「みんなを、ドまんなかに。 WITH YOUR STORY」

映像は変わり、嬉しそうにスキップするドニマルを先頭に、3人が力づよく希望に向かうように歩きます。後ろをキャリーバックを引いく星野源が静かに歩きます。

ナレーション「新しいドコモ始まる」

映像はこちら。

まるでディズニーの世界のように、何と夢のある映像でしょうね。

ドコモCM「はじまりの物語」。次の展開がワクワクしてくるCMです。名優長谷川博己さん。ロボットのコスモフ役でどんなコミカル演技を見せてくれるのでしょうか。

まとめ

ドコモの新しいCMは大変話題になりそうですね。何と夢ある映像でしょう。そして何故かいつも癒しを与えてくれる星野源さんの包み込むようなキャラクターが非常にいいですね。

次の展開が非常に楽しみです!

「ドコモCM「はじまりの物語」のロボットのコスモフ役は誰?」として纏めてみましたがいかがでしたでしょうか。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください