いだてん2話の髭とメガネの先生役は誰?あらすじネタバレも!

スポンサーリンク




いだてん第2話が放送されました。

ネタバレ含みますのでご注意ください。

前回の導入回にひきつづき、今日から、前半の金栗四三のお話が始まりました。

相変わらずクドカンワールド炸裂です。

今回は故郷熊本は田原坂近くで四三が生まれ青年になるまでを一気に描かれました。

密かに「西郷どん」とつながっているんですね!

テンポはいいし、キーワードを上手く配置しているから筋がわかりやすいし、NHKの放送ギリギリじゃないかと思うような、勘九郎の素っ裸のシーンがあったりと、見所満載の展開でした。

中でも驚いたのは髭とメガネの先生役で出てきた方にびっくり。

「いだてん2話の髭とメガネの先生役は誰?あらすじネタバレも!」と題して第2回の感想をまとめてまいります。

スポンサーリンク

学校の先生役で登場したのは?

子供から一気に成長し子役から勘九郎へ。

今回いだてん第2話の中学の授業のシーンで出てきたちょび髭とメガネの先生役に驚きでした。

何と姜尚中先生ではないですか!

想像もしていなかった意外なキャスティング。

思いもよらぬ方の登場に驚きました。

政治学者でありながら、なんともまあ自然な演技、あまりにはまっていて実にお見事でした。

名前   姜 尚中
生年月日 1950年8月12日
生まれ  熊本県(国籍は韓国)
仕事   政治学者・東京大学名誉教授・熊本県立劇場館長

姜 尚中さんは熊本生まれだったのですね。

密かに熊本の方を使っていたというわけですか。

 

姜尚中さんは、もともと大変声が渋く、またいつも冷静かつ鋭いコメントをされ何とも魅力のある方です。

NHKでは、日曜美術館の進行役を2年間務められ、美術に対する造詣の深さと、芸術に対する深い理解力で、とても内容の濃い番組を作りあげて来られました。

又実は演じられるのも初めてではなく、2016年に公開された行定勲監督の短編映画「うつくしいひと」に謎の男役で出演されているのです。

この映画は、行定監督が初めて故郷・熊本を舞台としたノスタルジックなラブストーリーです。

役者さんとしてもやってゆけそうですね。

第2話のお話

金栗四三生誕

いだてん第2話もテンポよい展開で全く飽きさせません。

後半昭和30年代と四三の明治を繋ぐのは、たけしと森山未來演じる古今亭志ん生。

二つの時代が重層的に描かれています。

後半の物語の重量を増すための伏線ですよね。さすがクドカン。

又、前半の主人公金栗四三は西南戦争で死闘が演じられた田原坂の近く。

まだ西南戦争からさほど時代が立っていないんですね。

うまいぐあいに「西郷どん」とつなげていますね。

そんな時代に、酒屋の息子として金栗四三は生まれたのです。

 

嘉納治五郎との出会い

意外な事に、金栗四三は幼い頃、体が弱かったんですね。

父親も体が弱くいつも寝込んでいる状態。

ある日、熊本に旧制第五高等学校(現在の熊本大学)に嘉納治五郎が校長として赴任してきたとのこと。

当時大変な有名人でした。

金栗の家族は、強い嘉納治五郎に四三が抱っこしてもらえれば、体が強くなるのではないかといいます。

いつも病気で寝てばかりの田口トモロヲさん演じる父親が病床から起き上がり、私が連れてゆくと。

そして40キロの山道を越えて嘉納治五郎を見に行きます。

胃弱の為、父は途中で何度も重曹水を飲みながら歩きます。

 

苦労して到着した柔道の練習場は人だかりで見れません。

父親は披露して虚弱な胃をさすっています。

そのすぐむこうに髭をたくわえた男が同じように胃をさすっています。

ナレーションは当時熊本に夏目漱石が赴任していたと。

漱石と思われる人物に抱っこしてもらい、四三は嘉納治五郎の姿を目にします。

ここでふと気づきます。今日のタイトルは「坊ちゃん」だったと。

 

結局、嘉納治五郎には抱っこしてもらえなかったのですが、実は夏目漱石に抱っこしてもらっているという面白い筋書き。

しかし失意のまま自宅に帰ると父親は、嘉納先生に抱っこしてこらったからもう大丈夫だと嘘をつき家族を喜ばせます。

 

呼吸法の発見

四三は体が弱く、当然走るのも遅く、友達と学校へ向かうけれども、追いつくことが出来ません。

学校に行かないというほどにコンプレックスを持っていました。

ある日、兄の嫁がお産の時に呼吸法に気づくのです。

お産で苦しむ兄嫁に、周りがスースーハ―と息の仕方を推し得ているのに気づき、幼い四三は自分なりに呼吸法を考えました。

ココが四三の凄い所ですね。

工夫しながら最も良い呼吸法はスースーハ―ハーだと幼い四三は気が付いたのです。

そして呼吸法をマスターしたことにより、四三は足が速くなったのです。

父が亡くなる

足が速くなり、「いだてん」になった四三の父がある日倒れてしまいます。

四三は遠くにある医師のところへ走って呼びに行きます。

そこで、医師の娘、幼少のスヤと会うのです。

 

家へ戻ると父は亡くなっていました。

最後まで、四三が嘉納治五郎に抱かれたと家族に言い残して。

中村獅童さん演じる兄はしかし感づいていました。実は抱かれていない事を。

四三が本当はと言いかけた時に、それ「何も言うな!」と黙らされます。

家族には嘉納治五郎に抱かれたことは”事実”となったのです。

 

四三は優秀でした。家族で話し合い、四三は上の学校へ進ませることになります。

父の亡くなる直前に兄たちが父の許しを得ていたのです。

兄弟は上の学校へ進んでいないにもかかわらず。

父は四三は嘉納治五郎に抱かれたからと。父ちゃんの分まで走れと。

 

四三少年がトンネルを走るシーン、トンネルを抜け顔に光が当たると勘九郎の顔に変わっています・

 

中学に進学

明治38年、四三は中学に進学します。

寄宿舎で暮らし、週に一度20キロの道を家へ帰る生活にはいります。

みかんの段々畑を走っていると、ドカンという音が聞こえ驚いた四三は転げ落ちます。

そこに、勝地涼演じる親友がいます。(あまちゃんファミリーの登場ですね。前髪クネ男)

丁度日露戦争でバルチック艦隊とやりあっているところでした。

日本は奇跡的な大勝利に沸き立ちます。

ここで白黒の当時の映像が映ります。

その中に密かに若き日の志ん生、森山未來が映っている(笑)

上手く合成したもんです。

海軍兵学校を受ける

四三は家族に、海軍兵学校を受けると言います。

授業料はかからない。

お国のために戦うのは父ちゃんの悲願だからと。

アップで映る中村獅童演じる長兄の顔。

ちょっと複雑な心境の顔です。

祖母は立派になったと喜んでいます。

長兄の複雑な表情は何を表しているのでしょう。

複雑な思いのまま、やってみろと。

 

玉名中学の授業の様子。ここで髭とメガネの姜尚中演じる五条先生の登場。授業風景。

この中でしょっちゅう風邪ばひくやつはおらんか?と。

四三はクラスの半数ほどの生徒とともに手を上げます。

五条先生、風邪の予防法は冷水をかぶることだと教えます。

例水浴。

朝起きたら頭から水をかぶると。

四三はノート一杯に「例水浴」と書きます。

 

翌朝さっそく四三は井戸水をかぶります。

カメラはガラス窓ごしに。

おしりはまどのサンに隠れています。

 

いっぱいかぶって寒いと走り回る四三、一瞬お尻が映ります。

え、素っ裸??

 

四三は何杯かぶればよいかわかりません。

結局15,6杯もかぶり風邪をひきました。

 

それでもその後も冷水をかぶり続け、海軍兵学校へ入る為切磋琢磨します。

 

勉強しているシーンで、横で親友は本を読んでいます。

何を読んでいるのかと聞けば、漱石を読んでいると。

五校の先生をしとった人だと。

本に漱石の似顔絵が、あの時抱っこしてくれたような人物の顔が書かれています。

試験前日のシーンでした。

 

兵学校に落ちる

綾瀬はるかの登場です。

袴をはいた女学生が坂道を自転車で降りてきます。

デカい声で歌を歌いながら。

金栗四三の姿をみつけます。

父が亡くなった日以来の再会です。

 

何の歌をうたっていたかと尋ねる四三。

恥ずかしがりながら”自転車節”と答えるスエ。

 

四三は目の検査で兵学校を落ち、落ち込んでいるところでした。

 

スエは自分が将来妻になるとも知らず、将来の奥様は喜んだんじゃないかと。

軍人は戦争になれば国の為に戦わないといけない。

しかし戦争にならなければ手柄も立てられない。出世は出来ない。

どっちにしても奥様はむくわれないと。

 

自分一人上に進ませてもらったのに、身体検査で落ちて合わせる顔が無いと。

 

上部ならそれでよかたい。四三さんの奥さんになる方なら言われますよとスエ。

丈夫な体をお国の為に使うか自分の為に使うかきめるのは四三さんだ

志ん生と師匠の出会い

吉原で遊びまわる若き日の志ん生。

支払いを迫られ逃げた先が落語の寄席。

そこで演じていたのは松尾スズキ演じる橘屋円喬。(あまちゃんファミリー登場ですね)

思わず見入る若き日の志ん生。

師匠との出会いでした。

 

高等師範学校を受ける事に

走っている四三を呼び止める美川。

東京の高等師範学校を受けることにしたと。

見せてくれた冊子に中に嘉納治五郎の名前が。

この時四三の運命も動きます。

U-NEXT

 

いだてん紀行

番組最後のいだてん紀行は金栗の生家でした。

家の前に石碑がたっており、金栗のモットーする言葉が書かれています。気力、体力、努力。

金栗を記念して、毎年金栗四三杯ハーフマラソンに毎年川内優輝選手が出場しているそうです。

川内選手も感銘を受けたとか。順番が素晴らしいと。

体力は健康な体が必要。健康な体があってモチベーションといった気力がある。体と心があって最後に努力する。この順番が大事で深い言葉だと感銘をうけたとか。

まとめ

今回、いだてん第2回は、髭とメガネの中学の五条先生役に何と姜尚中さんが登場して驚きました。

又今回もテンポよく、計算されたストーリー展開に引き込まれました。

「いだてん2話の髭とメガネの先生役は誰?あらすじネタバレも!」としてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

いだてん第31回トップオブザワールド前畑秀子の活躍|見逃し配信は

古橋廣之進の死因は?いだてんキャストとオリンピック後の経歴や名言

上白石萌歌が菅原小春から人見絹枝の魂のバトンを受け継ぎ栄光の舞台へ

いだてん7月21日はお休みで28日に放送!働き方改革と参院選速報

犬養毅とはどんな人で経歴や名言も?子孫に意外な有名人がズラリ!

いだてん7月21日はお休みで28日に放送!働き方改革と参院選速報

前畑ガンバレのアナウンサーは誰?全文と実況音声も聞いてみる!

前畑秀子の経歴と晩年は?いだてんで演じるのは誰でいつ登場する?

いだてん第二部に次の大河麒麟が!ドラマ開始直後の主役交錯シーン!

いだてん22話人見絹枝役は誰?凄い存在感!女子スポーツで視聴率回復?

人見絹枝とは誰?どんな活躍?死因やお墓はどこに?遺した名言も!

シマちゃんの杉咲花はLIFEにいつ登場?コントでメイド姿も!

高橋是清はどんな人物?経歴や功績に名言も!ショーケンいつ登場?

いだてんで桐谷健太が演じる新聞記者は超大物に!華麗なる子孫は誰?

いだてん4話オリンピック予選会場のロケ地の場所はどこ?行き方は?

いだてん3話ネタバレ|綾瀬はるかの爆走自転車にビックリ!

大河ドラマいだてんがスタート!豪華キャストとクドカンに期待大

 

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください