西郷どん第30回は笑福亭鶴瓶が岩倉具視で登場!実物とのイメージは

スポンサーリンク








今日8月12日に放送された「西郷どん」で岩倉具視が登場、次第に歴史が動き出し面白くなってきました。

西郷どんは、中園ミホさんの脚本が非常に光る作品で、それぞれのキャラクター像が際立っています。

いよいよ幕末も終わりに近づき、歴史を動かした登場人物たちが続々と登場してきています。

歴史ドラマを見ていて思うのは、実際の歴史上の人物に対して抱くイメージとの描かれ方のギャップの大きさです。

しかし、西郷どんで描かれる人々は、非常に魅力があふれ、又時に史実を飛び越えてしまう大胆な描き方もあって、批判もあったりするのですが、それはそれでたとえ誇張されていたとしてもその真髄が表現されていれば許容できる範囲なのではないでしょうか。

今回、岩倉具視には笑福亭鶴瓶という意外なキャラクターがキャスティングされました。

実際のドラマではどのように描かれたのでしょうか。

今日のドラマではどんな岩倉像がみられたのでしょうか。

「西郷どん第30回は笑福亭鶴瓶が岩倉具視で登場!実物とのイメージは」としてまとめまてみました。

西郷どん第30回に登場した笑福亭鶴瓶の岩倉具視

笑福亭鶴瓶といえば、NHKの家族に乾杯や、A-STUDIOなどで、大変人間的な魅力でファンの心を又、出演者の心をつかむ素晴らしい方ですね。

最近は山田洋二の映画を初めとして役者さんとしてもすっかり評価を得て、映画賞をとるなどいい役者さんでもあります。

どうしても笑福亭鶴瓶といえば、人懐っこい素敵なキャラクターをイメージしてしまいます。

一方、鶴瓶さん演じる岩倉具視は、司馬遼太郎の小説でも博徒の親分のような、と表現されるように歴史上はとてもお公家さんとは思えぬ人物。

大変な政治力を発揮し、江戸時代を明治に転換させる大きな原動力となった人物です。

しかし、これまで歴史ドラマでは、お公家さんという固定観念で、どこか脅せば折れそうなイメージの武門と対極にいるお公家さんのイメージで描かれてきました。

岩倉具視といえば、昔の500円札に肖像がとりあげられていましたが、口をへの字に曲げ、目が爛々と光る、ちょっと強面の顔つきです。

事実、明治になってから残された言葉として、幕末、大久保と組んで随分と裏で様々な画策をし、口が裂けても言えぬような、墓場までもっていくしかないような事も随分した、と語っています。

今回笑福亭鶴瓶という意外なキャラクターがキャスティングされましたが、役者としての笑福亭鶴瓶には独特の凄みがあります。

人のよさそうなニコニコとした目の奥に、底知れぬ恐ろしいものを感じさせる演技を時にみせてくれます。

しばらく前に、松潤が主役の弁護士を演じた99.9では、彼らの敵である、裁判官役を演じていました。

一見人のよさそうな、しかし正義を判ずる者の顔をしながら、陰で判決を操作する、何を考えているか得体のしれない人物を演じていました。

そう、笑福亭鶴瓶の目には、背中をヒヤリとさせる凄みがあるのです。

それが、今日の西郷どん第30回の放送では、怪人岩倉具視というタイトルでも表現されていたように、まさに怪人を見事に演じていたのです。

これから幕末に向け、大変な政治力を発揮してゆく、一癖も二癖もある岩倉という人物を見事にあらわしていたのではないでしょうか。実物とのイメージはぴったりでした。

今回、西郷どん第30回の放送は今後を非常に期待させるものでした。

幕末を動かした人物達

幕末が近付くに従い、出てくるキャラクターが素晴らしいですね。

本日西郷どん第30回でも登場した桂小五郎役の玉山鉄二は、見事に歴史上の人物と重なります。

逃げの小五郎として、しぶとく生きた、しかも剣の達人であり、とても神経質で理屈っぽい長州人の気質を表しているのではないでしょうか。実物とのイメージに極めて近いですね。

西郷役の鈴木亮平はさらに体が大きくなり実物とのイメージにますます近付いたようです。

いよいよ幕末の偉人たちが動き始め時代の波が大きく動き始め面白くなってきました。

まとめ

今年の脚本を担当される、中園ミホさんは、非常に手腕の優れた脚本家ですね。

見事にキャラ立ちし、しかも女性の描き方がうまく、男性を描きつつしっかりと女性の視点が埋め込まれています。しかも実物とのイメージをしっかりと描き込んでいます。

大河ドラマはこうあってほしいと感じさせる脚本です。

「西郷どん第30回は笑福亭鶴瓶が岩倉具視で登場!実物とのイメージは」として纏めましたがいかがでしたでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください