上白石萌歌が環菜役 特集ドラマファーストラブで壮絶な役を熱演

スポンサーリンク




こんにちは、ツクです。

「動機はそちらで見つけてください」

世間を騒がせた父親殺しの犯人の女子大生環菜が、警察の取り調べに対して放った言葉です。

島本理生が直木賞を受賞した名作、「ファーストラヴ」の一節。

この作品がNHK BSの特集ドラマとして放送され、世間を騒がせた言葉を口にしたという、元女子大生の環菜を上白石萌歌さんが演じます。

環菜は、特殊な家庭環境で心にトラウマを抱え、深い闇に満ちた複雑な人物、難しい役どころです。

「上白石萌歌が環菜役 特集ドラマファーストラブで壮絶な役を熱演」と題してまとめてみました、

それでは、早速上白石萌歌さん演じる環菜という役どころに迫ってみましょう。

上白石萌歌演じる環菜役とは

局アナ志望だった女子大生環菜が犯した犯罪は父親殺しという、あまりにショッキングな物語は始まります。

幼い頃からトラウマを抱える環菜の心の中には深い深い闇が立ち込めています。

自分自身が迷ってしまうほど。

演じる上白石萌歌さんといえば、A-STUDIOで笑福亭鶴瓶のアシスタントをつとめ、明るさが印象的な方ですよね。

そんな彼女が対峙するのは、あまりに対極的な人物。

父親殺しの殺人犯、衝撃的すぎます。

心に深い闇を抱え、彼女の発する言葉は虚実入り乱れ、真実の彼女自身は心の闇のどこに存在するのか。

ミステリアスで複雑な難しい役です。

上白石萌歌さんにとって、女優経験上、この役柄はきっと大きな挑戦でしょう。

この難しい経験を経て、今後俳優として間違いなくもうひとつ奥の扉を開かせることになるのでしょう。

スポンサーリンク

上白石萌歌さんは、この作品の台本や原作を読みながら、やるせなくて涙が止まらなくなったそうです。

環菜を演じているとき、この子を救いたいという一心で向き合い、さらには自分と環菜という人物の境界がなくなるほどに向き合い演じ続けたとか。

このコメントは、上白石萌歌さんの人柄を感じさせるとともに、どんな演技で見せてくれるのか大変期待が高まります。

このドラマはどんな構成なのでしょう

このドラマの主演は真木よう子さん。

真木よう子さん演じる由紀の仕事は臨床心理士です。

犯人の衝撃的な「動機はそちらで見つけてください」という言葉で世間を騒がせた環菜のノンフィクションを書くことを出版社から依頼されたのです。

臨床心理士の目で環菜の心に分け入り、そして自らの心にも存在する闇とも向き合う事になります。

とても重たいテーマです。

臨床心理士の由紀は環菜の心の闇を少しづつ紐解いてゆきます。

そして何故環菜は犯行に至ったのか解き明かすヒューマンミステリーであり法廷ドラマです。

 

女性の心の描写が巧みな、そして恋愛を描く事に定評のある島本理生さん。

この物語でも様々なファーストラブが描かれます。

環菜をはじめ、主人公の由紀、登場する人物達のトラウマや心の葛藤が解き明かされ癒されていく心理ドラマです。

さまざなファーストラブが描かれます。

島本理生さんの真骨頂である心理描写に引き込まれ、再生物語に心動かされる、直木賞受賞が納得できる作品です。

主演女優である真木よう子さんは、女優上白石萌歌さんに対して、本当の気持ちでぶつかっても、キャッチボールを返してくれる。役者としての信頼感があった、と賛辞していらっしゃいます。

この物語の軸である上白石萌歌さんの演技に注目したいドラマです。

 

まとめ

ファーストラブは島本理生さんの名作小説でしょう。

様々なトラウマが描写され氷解してゆくドラマです。

父親殺しと言うショッキングな役を演じる上白石萌歌さんの演技が注目されます。

彼女の裁判は果たしてどんな結論に至るのか。

ドラマとともに小説も是非かみしめたい物語です。

「上白石萌歌が環菜役 特集ドラマファーストラブで壮絶な役を熱演」と題してまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

最後までお読みくださりありがとうございました。

島本理生 ファーストラヴ のドラマ あらすじネタバレちょっとだけ

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください