キックジャガーのモデルはタイガーマスク?東映アニメーションの動画は?

スポンサーリンク






こんにちは、ツクです。

朝の連続テレビ小説「なつぞら」は、なつがアニメーターとしての実力を身に着け周りからも認められるようになってきました。

なつのもとにも、いよいよ作画監督の話が舞い込んできますが、「キックジャガー」という作品。

ジャガーのマスクをつけたミックジャガーが孤児院の為にキックボクシングを戦うというお話のようですが、マスクと孤児院とくれば、これはモデルはタイガーマスクですね。

キックボクシングといえば当時はやっていたのがキックの鬼。

物語はタイガーマスクですがキックの鬼も要素に含まれているのでしょうか。

「キックジャガーのモデルはタイガーマスク?東映アニメーションの動画は?」と題してモデルと思われる懐かしい作品に触れてみましょう。

それでは進めて参りましょう。

スポンサーリンク

キックジャガーのモデルはタイガーマスク?

タイガーマスクが流行った時代

なつが初めて作画監督を手掛けるのは思いきり男の子向けのアニメーションですね!

当時はスポコンものが流行っていた時代ですね。

タイガーマスクはどんなアニメだったのでしょう。

原作原案は梶原一騎、作画は辻なおきによる漫画で、こちらはプロレス漫画でした。

アニメが放送されたのは1969年ですから、当時はプロレス人気が高かったころ。

ジャイアント馬場やアントニオ猪木が活躍していた時代ですね。

こんな戦いの光景が見られた時代ですね。

タイガーマスクの登場人物

主人公はマスクをかぶっており真の姿は知られていません。

タイガーマスク 伊達直人

常に孤独を抱えた存在で、ヒロインのルリ子とともに、孤児院「ちびっこハウス」で育ちました。

中学生を喧嘩でやっつけた所を見込まれて「虎の穴」と呼ばれる悪役レスラー養成所で鍛え上げられます。

当初は「虎の穴」出身の悪役レスラーらしく、反則お構いなしのプレースタイルでしたが、ちびっこハウスの子供に正しい道を示してほしいと言われて、正当派のレスラーとなり、以来次々と虎の穴から悪役レスラーが送り込まれ戦うことになります。

若月ルリ子

ヒロインで、兄は父さんの遺志を継いで「ちびっこハウス」を再建した若月先生です。

主人公の伊達直人とは兄妹のように育った幼馴染、子供たちから慕われています。

直人に恋心を抱き、タイガーマスクではないかと思っています。

 

健太

「ちびっこハウス」の子供で、タイガーマスクの大ファン。

ジャイアント馬場

アントニオ猪木

大木金太郎

当時活躍していた実在のプロレスラーが登場します。

ミスターX

虎の穴の極東地区統括マネージャー

キングタイガー/ビッグタイガー/ブラックタイガー

虎の穴の三人の支配者で、組織の裏切り者はどこまででも追いかけてゆきます。

東映アニメーションの動画は!

タイガーマスクは、東映動画で1969年10月2日から1971年9月30日まで全105話が放送されました。

面白い事に、アニメの放映が連載に追いついてしまいオリジナルの漫画とは異なる展開となっていきました。

制作者側は、オリジナルと異なってしまった最終回に対する梶原一騎の反応を恐れていたそうですが、梶原一騎は大いに気に入ったそうです。

 

タイガーマスクといえばエンディング曲「みなしごのバラード」を忘れてはなりません!!

 

まとめ

「なつぞら」でなつが初めて作画監督をつとめるキックジャガーのモデルはタイガーマスクです。

スポコンものがはやり始めた時代の代表的なアニメの一つで、当時活躍していたジャイアント馬場やアントニオ猪木、そして坂口征二も登場します。

懐かしい動画で当時の映像を確かめてみました。

「キックジャガーのモデルはタイガーマスク?東映アニメーションの動画は?」と題してまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください