スカーレットの脚本家水橋文美江の評価や経歴は?夫や家族や顔画像も

スポンサーリンク








来年2019年、下半期の朝ドラが、戸田恵梨香主演の「スカーレット」に決定したと話題になっていますね!

男性ばかりの陶芸界で奮闘する女性陶芸家・川原喜美子の成長を描くお話だとか。

スカーレットというタイトルは、窯の炎と情熱を表現しているのだそうです。

どんなドラマになるか楽しみですね!

脚本は水橋文美江さんが担当されると発表されていましたね。水原さんってどういう方でどんな評価や経歴の方なんでしょう。

スカーレットの脚本家水橋文美江さんってどんな方なんでしょうか。ドラマを支える脚本家の方の素顔が気になりませんか。

「スカーレットの脚本家水橋文美江の評価や経歴は?夫や家族や顔画像も」と題して期待のドラマを支える水橋さんの事を調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

スカーレットの脚本家水橋文美江さんの評価や経歴は

スカーレット決定の広報がツイッターにあがっていました。

水橋文美江さんの評価も結構ツイートされていますね。

水橋文美江さんの作品で”母になる”の高い評価が目につきました。やはりドラマは素晴らしい脚本がなければドラマは生きてきませんよね。

水橋さんの経歴がNHKに掲載されていました。

[プロフィール]
石川県出身。中学生のころから脚本を書き始め、フジテレビヤングシナリオ大賞への応募をきっかけに、1990年脚本家としてデビュー。NHK名古屋「創作ラジオドラマ脚本募集」佳作、橋田賞新人脚本賞を受賞する。映画、ドラマの脚本を数多く手がけ、代表作に「夏子の酒」「妹よ」「みにくいアヒルの子」「ビギナー」(フジテレビ)、 「光とともに」「ホタルノヒカリ」「母になる」(日本テレビ)、「つるかめ助産院」「みかづき」【2019年1月放送予定】(NHK)など。

お生まれは1964年ですから、ベテランの脚本家ですね。既に数々の作品を世に出している経歴の持ち主の方のようです。

「夏子の酒」「妹よ」「みにくいアヒルの子」「ビギナー」「光とともに」「ホタルノヒカリ」「母になる」「つるかめ助産院」名作を次から次へと世に出していらっしゃる輝かしい経歴の方ですね。

おのずと評価も見えてきますね。

2019年1月から始まるNHKの土曜ドラマ「みかづき」も水橋文美江さんの脚本みたいです。

高橋一生×永作博美主演、2017年本屋大賞第2位の森絵都さんの小説です。評価の高い水原文美江さんのこちらの作品ちょっと注目ですね。

 

水橋文美江さんの夫は?家族は?

水橋文美江さんのご家族を調べてみました。夫はテレビドラマディレクター、映画監督の中江功さんです。

夫の中江功さんは名作ドラマを数多く手がけていらっしゃいますね。伝説の東京ラブストーリーを手掛けられているんですね。名監督、名ディレクターです。

夫婦合作もありました。『ロック わんこの島』は、夫中江功監督と妻水橋文美江さんの作品です。二人でドラマや映画製作の道を歩んでこられたんですね。

ご家族はお子さんが二人いるようです。お子様の年はわかりませんが、水橋文美江さん54歳でバリバリ仕事をこなしている方ですから高校生か大学生くらいでしょうか。

両親の影響をうけて映像関係のお仕事につくかもしれませんね。家族の手による作品、なんていうこともあるかもしれませんね。

水原文美江さんの顔画像

水原文美江さんらしき顔画像がありました。

ちょっと小さいけど新聞連載の顔画像がありました。

まとめ

今日発表された2019年度の下半期朝の連続テレビ小説「スカーレット」の脚本家水橋さんの実像に迫ってみました。

既に沢山の名作を世に送り出している経歴の持ち主。評価の高い名作を数多く世に送り出しています。

「スカーレット」大変気になりますね。水橋文美江さんお評価も経歴もますますあがりそうですね。

ご家族は夫が映画監督でディレクターの中江功さん。あとお子様二人という家族構成でした。

顔画像はなかなかみつかりませんでしたが、新聞連載の顔画像と、講演会の顔画像からベテランの風格を感じさせられます。

「スカーレットの脚本家水橋文美江の評価や経歴は?夫や家族や顔画像も」と題して水橋さんの素顔に迫ってみましたがいかがでしたでしょうか。

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください