NHKドラマ長閑の庭|大学院生と40歳離れた教授の恋!教授役は誰?

スポンサーリンク




こんにちは、ツクです!

最近様々な愛の形がドラマで話題になっています。

きのう何食べた?ではゲイの世界が描かれ大変話題になっていますね。

アキヤマ香さんの漫画「長閑の庭」(のどかのにわ)、24歳の大学院に通う女性の64歳の大学教授との恋を描くドラマです。

非常に興味深いドラマです。

最近では「透明なゆりかご」など名作ドラマを出しているプレミアムドラマの枠で2019年6月2日(日)から放映されます。

「NHKドラマ長閑の庭|大学院生と40歳離れた教授の恋!教授役は誰?」と題して迫ってみたいと思います。

それでは進めてまいりましょう!

スポンサーリンク

NHKドラマ長閑の庭は大学院生と64歳大学教授の恋!

次回NHKプレミアムドラマは「長閑の庭」。

4話完結のドラマです。

橋本愛さん演じる、ドイツ文学を大学院で学ぶ24歳の女性が、何と64歳の大学教授に恋する物語。

非常に興味深い物語です。

原作はアキヤマ香さんの漫画で、評判が高く

「素晴らしい最終回。終わるのがとても惜しい。」

「とても切なくて優しくて美しくて。涙、涙でした。」

「最終回、震えるぐらいよかったです。」

といった感想が寄せられているようです。

どんなドラマに映像化されるのか非常に楽しみです!

 

教授役を演じるのは誰?

気になる、橋本愛さん演じる大学院生が恋する大学教授は、田中泯さんが演じられます。

田中泯さんといえば俳優の前に舞踏家。

そこにいるだけで存在感を感じさせる方ですね。

漫画に登場する教授はとても素敵で魅力的です!

若い女性との愛の葛藤をどう演じられるのか楽しみです。

 

橋本愛さんのコメント

哲学が寄り添う元子が、恋とは何か、真理とは何かを学術的にも肉体的にもたぐり寄せていく姿に惹かれました。
“枯れ専”や”年の差カップル”などとカテゴライズされては無視されるその奥の、愛の真実性を丁寧にお伝えできればと思います。

引用:NHKホームページ

 

田中泯さんのコメント

『長閑の庭』、予測だにしなかった心・の・出・来・事・に直面、小波の止むことのない日々をすごしています。当事者に或ることの幸・不幸。年令差のある人間関係の内での自分の意志のあり方・・・・。榊教授に成ることは容易ではない。意識と無意識の静かなはざまにどんな人間像があらわれるのか、こわいですねぇー。

引用:NHKホームページ

 

この二人のキャスティングが、とても魅力的ですよね。

橋本愛さんの凛とした一途な美しさと、舞踊家である体全身が感性の塊である田中泯さんのお二人が、愛の形を、恋の模索をどのように表現されるのか楽しみでなりません。

素敵なドラマの予感がします。

他には、工藤阿須加さん 中村ゆりかさん 西田尚美さん 平泉成さん 斉藤由貴さんといった俳優さんが出演されます。

 

テーマ音楽も話題になっています。

シンガーソングライター、ロザリーナの歌う、「ボクラノカタチ」

 

ツイッターの声

 

 

とても期待の声が高いですね!!この素敵な漫画の世界のドラマ化は注目ですね。

40歳という年齢の隔たりから考える恋愛の姿、愛について考えさせられます!

楽しみです!

 

まとめ

アキヤマ香さんの感動の漫画「長閑の庭」がドラマ化されます!

大学院に通いドイツ文学を学ぶ学生の役を橋本愛さんが、40歳離れた教授の役を田中泯さんが演じます。

「NHKドラマ長閑の庭|大学院生と40歳離れた教授の恋!教授役は誰?」と題してまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください