小栗旬が坂本龍馬役で西郷どんに登場!実像との違いと龍馬名言集

スポンサーリンク








NHKの大河ドラマ「西郷どん」は、西郷隆盛が島流しから戻り、いよいよ歴史の中央に登場してきました。早速幕末のヒーロー坂本龍馬も登場しましたね。

坂本龍馬役は誰かと期待していましたが、小栗旬がキャスティングされました。カッコいい小栗旬さんの演じる魅力的な龍馬像に期待大です!

今回は「小栗旬が坂本龍馬役で西郷どんに登場!実像との違いと龍馬名言集」としてドラマと歴史上の龍馬像をちょっと見つめてみようと思います。

歴史上の龍馬像と殖栗俊のイメージの違い

まずは坂本龍馬の最も有名な写真と言えばこれ。

ちょっとイケメンとは遠いイメージですよね。北辰一刀流の使い手でありながら、後年はピストルを懐にしていました。武士というより商才にあふれ。折衝能力に優れ幕末の局面を一介の浪人でありながら切り開いてゆきました。

一方で小栗旬さんの坂本龍馬です。

さすがにかっこいいですね!

龍馬のイメージは、”土臭さ”でしょうか。

身分制の厳しい土佐藩の下級武士という折から、脱藩して新世界に飛び出し、今でいうところの商社である海援隊を創設して、各藩と対等にわたりあってゆく。

司馬遼太郎の小説を読んでいても、あの行動範囲は凄い。京大阪間の移動など簡単に書かれていますが、あの時代にあってはすべて移動は自分の足。きっとろくに風呂にも入れない。おそらく普通の人よりもずっと、汗と埃にまみれていた事でしょう。

人懐っこい龍馬の性格は、身分を越えて他所の藩のお殿様やお歴々を惚れさせてしまう稀有なもの、外交力として大きな力を発揮しました。

その点では、あまりにかっこよすぎる小栗さんですが、龍馬の性格にはぴったりではないでしょうか。小栗旬なりの新しい龍馬像を非常に期待しています。

ちょっと脱線しますが、過去に大勢の役者さんが龍馬を演じていますが、私がもっともこれぞ龍馬だ!と思わせたのは、民放のドラマ”仁”で演じた内野聖陽さんでしょうか。

土臭くもあり、非常に人なつっこくもあり、あまりに私の中にある龍馬像に近くて、本物の龍馬を見ているような気分にさせられました。

スポンサーリンク

今に残る坂本龍馬の言葉

坂本龍馬は非常に沢山の手紙を書き残しています。決して上手い字ではありませんが文章は独創的なもの。自由奔放な文体は坂本龍馬の性格をよく表しています。

中でも、土佐の故郷にいる乙女姉さんへの手紙は魅力あふれる自由人、坂本龍馬の手紙です。

勝海舟という大先生についていることを、誇らしげに”エヘン”と自慢している微笑ましい内容ですね。自由人龍馬の自由な表現が人物をほうふつとさせますね。

戦わずして勝つのが上乗の戦。これもいい言葉ですね。第二次大戦中に龍馬のような人材がいたなら。。アメリカと改選する事もなく又、開戦したとしても戦局を拡大することなく治めていた事でしょうね。


これも実に素敵な言葉ですね。商社を起こし、幕末に亡くなる事がなければ、今の三菱ではなく坂本龍馬が一大財閥を起こしていた事でしょう。本質をしっかりと押さえた素晴らしい言葉ですね。


全く、かくありたいと願います。自分の命の尽きるまで、理想を求めていたい。どこまでも。

人生行動あるのみ。思うよりも行動に移し思いきり自分の人生を動かしてゆきたいものです。

まとめ

坂本龍馬を演じる小栗旬、最近めっきり演技力をつけ、しかも愛嬌ある彼は龍馬にぴったりではないでしょうか。楽しみです。

現実の龍馬の残した言葉、ちょっとピックアップしてみただけでも、実際の龍馬に会って見たくなりますね。自分の教訓として心にとどめておきたい言葉にあふれています。

いかがでしたでしょうか。「小栗旬が坂本龍馬役で西郷どんに登場!実像との違いと龍馬名言集」としてまとめてました。ドラマの方もこれからちゅうもくしてまいりましょう。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください