西郷どんの鈴木亮平の筋肉が凄い!どんな鍛え方をしたの?

スポンサーリンク








鈴木亮平さんといえば、役にあわせて体を作る事で有名ですよね。

今年の大河ドラマで西郷隆盛を演じると聞いて、おそらくまた凄い体づくりをしてくるのだろうと思っていましたが、想像以上の凄い体で驚きます。

以前天皇の料理番という番組では主人公の佐藤健演じる主人公の兄を演じ、結核で病んでゆく役柄。

食事を抜いて、本当に大丈夫かと思うぐらいのやせ細り方で驚きました。

歯まで抜いたことがあるとか。

今回大河ドラマの主役を受けてどのような体作りをしてきたのでしょうね。

丁度精霊の守り人で体づくりをしていたのですが、さらに大きな体となり一体どうなっているのか。

とても気になりますよね。

「西郷どんの鈴木亮平の筋肉が凄い!どんな鍛え方をしたの?」として纏めてみました。

スポンサーリンク

鈴木亮平さんとは

鈴木亮平さんは、朝の連続テレビ小説花子とアンで、はなの夫役として一躍お茶の間に名前を知られるようになりました。

それ以前にも映画「変態仮面」の主演を演じる等、知られていましたが、朝の連続テレビ小説が大きなステップボードとなりました。

当時から、非常に目を惹く俳優さんで、画面のフレームに入った瞬間、おっ、と視線が鈴木さんに向きます。何かを持っている役者さんだなあと、当時から注目していましたが、その後さまざまな役に抜擢され、あれよあれよという間に出てきました。

NHKでも随分使われ、精霊の守り人でも重要な役どころをもらい、目を惹きましたので大河の主役に抜擢されたのも納得です。

しかし、当初はそんなに大きな体ではないので、果たして西郷のような太い人物を演じられるのだろうかと思ったものの、全くそんな想像には反して、見事な西郷隆盛の体になっていました。

西郷隆盛の銅像を見ると、どっちかといえば太っているという印象を受けますが、鈴木亮平の体づくりは太る事ではなく、筋肉をつける事により、あの大きな体を作ってしまいました。全く驚嘆させられます。

どうやってあの体を作ったのか

変態仮面を演じた時には、いったん体重を15キロ増量し、そこから筋肉をつけるという方法をとったようです。

体重を増やすために一日8食も食事をして体を大きくしたとか。

おそらくその時の体づくりを生かして今回もあの肉体を作り上げたのでしょう。

しかし、体への筋肉のつき方がハンパではない。

太るのではなく筋肉をつけることによりあの大きさを出しており。腰回り、お尻周りの大きさは普通じゃなく前後の姿を見ると驚きます。

そもそも役作りとはいえ、体を作るのは並大抵の努力ではありません。

ボクシングの減量でも、失敗して負けとなるケースを見るにつけ、相当の精神力を要する事であることは想像に難くありません。

ただただあの爽やかな笑顔の裏にある努力がいかに凄いものであるのか、鈴木亮平という人物の凄さに驚嘆せざるを得ません。

いいよドラマも大詰めを迎えました。鈴木亮平の気合いも満ちている事でしょう。

どのような演技を見せてくれるのか、本当に期待がふくらみます。

まとめ

大河ドラマは中盤を過ぎ、西郷隆盛がいよいよ歴史の中心に躍り出て活躍してゆきます。

これだけの役作りをする鈴木亮平の西郷が最後の最後までどのような西郷像を見せてくれるのでしょう。

「西郷どんの鈴木亮平の筋肉が凄い!どんな鍛え方をしたの?」として纏めてみましたがいかがでしたでしょうか?

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください