「西郷どん」33回のもみあげのイギリス公使パークス役の俳優は誰?

スポンサーリンク








NHKの大河ドラマ、「西郷どん」は幕末に向かって一気に盛り上がっています。

でもなぜでしょうね。歴史好きが大喜びする展開になればなるほど視聴率が下がっていくのは。

だんだん政治的になってドラマ性が薄くなってくるのと登場人物が増えてヤヤコシクなってくるからでしょうか。

歴史好きには次から次に歴史上の人物が登場してくるのが、面白くてなりません。

今日はイギリスと薩摩が手を組みました。よく古写真で見るイギリスの行使パークスが登場、倒幕へむかって物語は一気に進みます。

ところで、こういう外国人の役者さんはどこから連れてくるんでしょうね。ちょっと気になって調べてみました。

『「西郷どん」33回のもみあげのイギリス公使パークス役の俳優は誰?』として纏めてみました。

スポンサーリンク

「西郷どん」33回のもみあげのイギリス公使パークス役の俳優は誰?

「西郷どん」33回には、よく古写真でみかけるもみあげのイギリス公使パークスが登場しました。この役の俳優さんは誰なんでしょうか?

早速調べてみた所、ちょっと驚いたのですが、このもみあげのイギリス公使パークス役の俳優は誰かと思えば何とセイン・カミュさんでした。

しばらく見なかった顔、調べるまで気づきませんでした。

セインカミュさん、かつては色んなバラエティ番組などで目にしていましたよね。経歴やどうして姿をみなくなったかをちょっと調べてみました。

1970年11月27日アメリカ生まれで現在47歳。

調べていて初めて知りましたが、母はイギリス人で、大叔父(祖父の弟)はノーベル文学賞受賞作家のアルベール・カミュ。「異邦人」を初め、「シーシュポスの神話」など結構カミュの作品は愛読していたにもかかわらず、セイン・カミュと繋がっていたことは知りませんでした。

びっくり。

セイン・カミュさん、生後まもなく実父と別れ、実母は後に日本人男性と再婚。再婚相手の仕事の関係で世界を転々とされ、幼いころから語学堪能。

6歳で日本は神奈川県藤沢市にやってきて日本語を覚えます。大学はニューヨーク・ロングアイランドのホフストラ大学に入学しますが、当時結婚まで考えていた彼女に振られ、ショックで大学中退、ホームシック気味になって日本へ戻りタレント活動をするようになったそうです。

クイズダービーや笑っていいともなどに出演されていたんですね。

2002年に日本人女性と結婚し2男1女の父です。

カミュさんを見かけなくなったのは事務所問題があるようですね。2004年に、当時所属していたR&Aプロモーションと出演料などを巡って対立。どうもそれが出演の減った理由のようですね。

双方、損害賠償請求訴訟まで起こしていますが、2009年5月に和解が成立しました。

何だか久しく目にしませんでしたが、今日「西郷どん」33回のもみあげのイギリス公使パークス役として俳優とし登場。誰かと思いました。

今もちょくちょく耳にする芸能界の事務所問題、大変ですね。何とかならないものなんでしょうかね。才能ある人材が事務所問題で才能を摘まれてしまうのは実に勿体ない話。

本日の「西郷どん」今回33回では、もみあげのイギリス公使パークス役の俳優として登場、誰?と思うくらいに古写真のパークスに似ている。

ツイッターを見ていたら同じ感想を持たれた方がいらしゃるようで、こんな投稿がありました。


「西郷どん」33回ではいよいよもりあがってきました。のっけから寺田屋でしたね。

お龍さんが風呂場から幕府の役人が集まっているのに気づくところ、龍馬へ知らせるシーン。お龍さん役の水川あさみさんはちょっとイメージとは異なるものの、水川流のお龍さんを演じていたんではないでしょうか。実物の水川あさみさんのサバサバしたところが、どこかお龍さんと通じているような気がします。

小栗旬の龍馬が相変わらず妙に色っぽくていいですね。土臭いイメージはないけど小栗旬流の龍馬も人なつっこさが良く出て、いい味を出しています。少なくとも福山雅治の龍馬よりはずっと龍馬っぽい。龍馬を殺さないでっていう葉書がいっぱいNHKに舞い込みそう。

龍馬とお龍、糸さんとの絡みも良かったですね。女性達が一堂に会して、大久保の浮気を察する大久保夫人のシーンは笑いました。女性は鋭い。

黒木華の演技が相変わらずいいですねえ。この役者さん既に演技派として実力は知られるところですが田中裕子のようなスゴイ存在感の役者さんになりそうで楽しみです。

しかし、糸さんに子供が出来て良かった、ようやく糸さんの心も救われましたね。なんとなく幼馴染から脱却できていなかったけど今日、ようやく本当の西郷の妻に。西郷の妻として西郷も糸さんも心の中でようやく認識できた結果ですね。

「西郷どん」今回33回で東条の、もみあげのイギリス公使パークスも今後登場してくるでしょう。この俳優は誰?と思わせたセイン・カミュもタレントとして俳優として活躍してほしいですね。

まとめ

久しぶりのセイン・カミュさんとの再会、活躍してほしいですね。

ますます面白くなる西郷どん、来週も楽しみです。

『「西郷どん」33回のもみあげのイギリス公使パークス役の俳優は誰?』として纏めましたがいかでしたでしょうか。最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください