西郷どん 幕末から明治の激動へ向け新たな登場人物と配役投入

スポンサーリンク








「西郷どん」はいよいよ停滞していた島流しの長い期間を脱して、幕末の時代の転換の中に進んでゆきます。

いよいよ幕末のヒーローたちが登場してきます。

西郷どん 幕末から明治の激動へ向け新たな登場人物と配役投入 としてまとめてみました。

これまでの展開

「西郷どん」を見ていて、脚本の中園ミホさんの上手さが光っています。

女性を描かせれば上手いですね。

女性を描くことに定評のある中園ミホさんが、男臭い薩摩の世界をどのように描くのか注目していましたが、前半しっかりと女性の目をとおした男たちが描かれていました。

女性を描くならこうだよなあ、と感心しながら見ていました。

ドラマは国父島津久光の怒りにふれ、島流しに。激動の時代の中をよそに、西郷は愛しい島の妻「愛加那」と、子供にも恵まれ幸せな生活を送ります。

激動の時代と異なる、時間軸を生きます。

一旦薩摩に戻るも、再び島津久光の怒りに触れて島流しに、今度は「愛加那」の居る島から遥かに離れた沖永良部へ。

そして遂に召喚命令が。

いよいよ次から、激動の幕末がやってきます。

スポンサーリンク

新たな登場人物達

いよいよ、良く知られた幕末のヒーローたちが現れます。

勝海舟/遠藤憲一

桂小五郎/玉山鉄二

来島又兵衛/長州力

岩倉具視/笑福亭鶴瓶

坂本龍馬/小栗旬

伊藤俊輔/浜野謙太

大村益次郎/林家正蔵

山岡鉄舟/藤本隆宏

江藤新平/迫田孝也

重要な役どころ、エンケンさんの勝海舟は楽しみですね。新しいインパクトのある勝海舟像を見せてくれそうです。

桂小五郎役に玉山鉄二、神経質な桂役にうってつけの適役ではないでしょうか。

岩倉具視役に笑福亭鶴瓶、お公家さんとはいいながら、凄みのある博徒の親分のような異質な公家役、倒幕の裏工作を行う食えぬ男を演じるのに、案外凄みのある演技をされる笑福亭鶴瓶はぴったりではないでしょうか。

坂本龍馬は誰になるだろうかと、気になっていましたが、意に反してイケメンの小栗旬さんがキャスティングされましたね。坂本龍馬はもっと土臭いイメージですが、ちょっといい男すぎるかなと、中園さんごのみでしょうか。しかし小栗さんは演技には定評あり、幕末のヒーローどんな竜馬像を演じるか楽しみです。

江戸城開城で大きな役割を演じる山岡鉄舟、剣の使い手で藤本隆宏さんはぴったりの役柄です。

林家正蔵の大村益次郎は意表をつきましたが、農民出身の馬に乗れぬ軍学者で陸軍のトップ、面白い人選かもしれません。

明治以降への期待

明治編で、西南戦争に向かい、大久保の下で活躍する伊藤博文に浜野謙太。幕末はヒーローたちの陰に隠れていた伊藤役としてイメージ通りです。

江藤新平役に迫田孝也。これまで薩摩言葉の指導に当たってこられた迫田さんにおおきな役がつきました。

新政府で主だった政治家が皆海外視察に出た留守政府で、数々の改革を断行した秀才江藤役しかも佐賀の乱を起こして、斬首される悲劇の役柄。楽しみです。

西南戦争が起こるまでの過程がどのように描かれのか、歴史のダイナミックな流れを表現してほしいですね。

まとめ

既に7月、折り返しを過ぎ、一気に西南戦争まで向かいそうな様子です。

大いに期待しています。

7月8日は1日お休み「西郷どん」スペシャル第2段~いざ革命へ!西郷と4人のお琴たちが放送されます。

4人とは、勝海舟、坂本龍馬、岩倉具視、桂小五郎です。歴史家磯田道史さんとこの語の展開を語るこの番組はぜひ見ておきたい番組です。

いかがでしたでしょうか西郷どん 幕末から明治の激動へ向け新たな登場人物と配役投入

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください