白い巨塔を唐沢寿明主演作と比較!ツイッターの評価はどう?

スポンサーリンク




こんにちは、ツクです!

岡田准一演じる白い巨塔が終わりました。

どうしても比較したくなるのが2003年に放送された唐沢寿明と江口洋介の演じた作品。

田宮二郎版と比較される方もいらっしゃる事でしょう。

「白い巨塔」の原作は、はあまりに印象の強い大作だけに、つい過去の映像化作品と比較しながら見てしまいますね。

視聴率も最終話は15%を越えたとか。

過去の作品、特に唐沢寿明さん主演作品との比較や、番組を見られた方々のツイッターの感想を集めてみました。

「白い巨塔を唐沢寿明主演作と比較!ツイッターの評価はどう?」と題して纏めてみたいと思います。

それでは進めてまいりましょう!

スポンサーリンク

白い巨塔を唐沢寿明主演作と比較!

白い巨塔と言えば実は何度もドラマ化されていますが、古い方では田宮二郎さんが演じた財前を強烈に覚えているでしょう。

最近では2003年の唐沢寿明さん主演ドラマが素晴らしく。印象に残っている方は多いのではないでしょうか。

2003年のドラマは当初唐沢寿明に原作者の山崎豊子は難色を示していたけど、会ってそして放送をみて非常に満足されていたとか。

財前役を唐沢寿明が、里見役を江口洋介が演じこの二人が非常に良かったですね。

ドラマ自体が深い作品ですので、例えば音楽をその時々で違う感じ方をするように、時代に応じた楽しみがあるでしょう。

今回、財前役を演じた岡田准一はさすがに素晴らしい役者さんですね。

唐沢寿明とはまた異なる味を、凄みのある味を出していたと思います。

正直な感想を言えば唐沢版が良かったです。

岡田准一という役者の凄みを感じさせ、比較するには放送時間が今回5夜と少なかったにも関わらず、健闘されていたのではないでしょうか。

視聴率がすごかったですね。

白い巨塔は何度も同じ原作本からドラマを作られていますが、クラシック音楽が、同じベートーベンの譜面を指揮者によって異なる味付けの演奏を聴くように、2019年令和版の白い巨塔を楽しんでみればよいのではないでしょうか。

ツイッターの評価はどう?

ツイッターにはどんな感想が寄せられているんでしょうか?

 

 

白巨塔という作品は本当に皆さん沢山の思い入れがあるようですね!

令和版白い巨塔は次回作とまた比較されてゆくことでしょう。

 

まとめ

白い巨塔は、世代によって2003年の唐沢寿明版、そしてさらに前には伝説的な田宮二郎版が有名ですね。

新しい白い巨塔はつい昔の作品と比べてしまい、私は唐沢版と比較していました。

皆さんどのように感じられたのでしょうか。

しかし回が進むごとに唐沢版は忘れて、岡田版の世界に魅せられていました。

ツイッターの評価もまとめてみました。

「白い巨塔を唐沢寿明主演作と比較!ツイッターの評価はどう?」としてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください