足立区花火大会2018の打ち上げ場所と穴場スポットは?

スポンサーリンク








いよいよ花火大会の季節ですね。

今年で第40回を迎える足立区花火大会は、足立の花火とも呼ばれ、東京で一番最初に開催される花火大会。

大変人気のある花火大会です。

スターマイン(速射連発花火)、小型煙火、仕掛花火など、約1万3600発をガンガン1時間で打上げますので

密度の濃い大変迫力満点の花火は思わず”たまや~!”と大声をあげたくなります。名物のナイアガラは必見です。

特にラストは見ものです!

「足立区花火大会2018の打ち上げ場所と穴場スポットは?」としてご紹介いたします。

足立区花火大会2018の開催概要

まずは花火大会の基本情報を整理しておきましょう。

花火打ち上げ日 2018年7月21日(土) 少雨お場合開催する。荒天時は中止
打上時刻 19:30~20:30
打上数 約1万3600発
場所 荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間)
アクセス ■南側
東武線・JR・東京メトロ・つくばエクスプレス「北千住駅」より徒歩15分日暮里・舎人ライナー「足立小台駅」より徒歩25分■北側
東武線「小菅駅」「五反野駅」「梅島駅」より徒歩15分
交通規制 18:00~22:00ごろに会場周辺道路で車両通行禁止
駐車場 なし
トイレ 30か所に仮設トイレ設置

例年電車はどの電車も混雑しますが、比較的舎人ライナーは混雑度は低いようです。

スポンサーリンク

足立区花火大会2018の打ち上げ場所は

矢印で示したところが打ち上げ場所です。

 

花火鑑賞の穴場スポットは?

河川敷の花火大会の良いところは、土手の斜面に座って観覧できるのどこからでも鑑賞しやすいのが嬉しいですね。

打ち上げ場所に近いのは千住側ですが、西新井側おほうが河川敷が広く、じっくり堪能するには西新井川見るのがおすすめです。

穴場スポット1 千住桜木2丁目の土手

花火会場から橋を一本隔てた場所となりますが、花火との距離は近く迫力ある花火を鑑賞できます。

穴場スポット2 高砂野球場

会場内ですが、打ち上げ場付近よりはすいています。眺めもいい穴場ですが混雑はしますので早めに到着した方が良いでしょう。

穴場スポット3 扇一丁目付近

扇大橋から徒歩約5分と少々離れているので、混雑が少なく地元民がおすすめする場所です。。

 

予約席や屋形船は

■予約席

販売期間 平成30年6月23日午前10時~平成30年7月20日午後11時59分
※ ただし、売切れ次第終了(2018年7月16日時点で売り切れ)

インターネットまたはお電話での申込先
WEB申込:http://w.pia.jp/t/adachi-hanabi/
電 話 申 込:0570-02-9999
P コ ー ド:639-413

 
エリア 席種 販売数 金額(注1) 観覧場所★
千住側 シングルシート(1人席) 1,492席 5,000円 有料観覧席A
西新井側 ベンチシート(3人席) 120セット 12,000円 有料観覧席B
ガーデンチェア(4人席) 60セット 18,000円 有料観覧席B
ペアシート(2人席) 160セット 7,000円 有料観覧席C
トリプルシート(3人席) 110セット 10,500円 有料観覧席C

 

■屋形船(既に予約でいっぱいのようですが)

瀬川丸

濱田屋

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「足立区花火大会2018の打ち上げ場所と穴場スポットは?」として紹介いたしました。

ぜひ登場、東京で初めに開催される人気の花火大会、お天気も大丈夫そうですので足を伸ばしてみては如何でしょうか?

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください