恐竜博2019の混雑の口コミ情報を集めてみた|上野国立科学博物館

スポンサーリンク




こんにちは、ツクです。

上野国立科学博物館の恐竜博が7月13日から始まっています。

今年の夏、日本全国で気になる恐竜イベントがありますが、恐竜博2019はテレビでも取り上げられ、その中でもとても気になる展覧会ですね。

世界初公開のデイノケイルスの全身復元骨格や、北海道のむかわ竜の復元骨格、その他にも世界初公開の展示など気になる展覧会です。

岩石から化石を取り出すクリーニングラボも見学できます。

どんな方法で取り出すのか興味深いですね。

前売り券は相当売れているという話も。

混雑必至ですね。

恐竜博2019、気なる混雑の状況や口コミの生の声、恐竜博を訪れた方々の感想、そして気になるグッズはどんなものが出ているのかこのブログでお伝えして参ります。

恐竜博2019の混雑の口コミ情報を集めてみた|上野国立科学博物館」と題してまとめてみましたのでご参考にしてください。

それでは進めて参りましょう!

 

恐竜博2019の混雑と口コミ情報

恐竜博2019の混雑と口コミ情報等を集めてみました。

恐竜博2019開始直後の混雑と口コミ

まずはopen当初の混雑の口コミからみてゆきましょう。

ツイッターの混雑に関する口コミでは、会期オープン当初、随分人が殺到した様子がうかがえます。最初の日曜日は60分並んだとの事、相当お疲れのご様子ですね。

公式ツイッターでは混雑状況は次のように発表されています。

オープン直後、ちょうど海の日の3連休でした。

中日の14日には、最大100分の待ち時間が発生していたようです。

 

展覧会の混雑の仕方は、オープン直後は割合と空いていて、会期が進むごとに人が増え、会期最終日前は大混雑になるというパターンが多いのですが、恐竜博は最初から多くの見学者が訪れたようです。

それだけ注目を集めているようですね。

 

しかし、一週間過ぎると、会場内は混雑しているものの、待ち時間は30分と短くなってきました。

私も小学生の頃、もっぱら恐竜本の愛読者?でしたから今でも恐竜展はワクワクとした気持ちになります。生命の進化の過程を目の当たりにして感激しますよね。

中生代がどのように終わったのかも興味深い展示です。

スポンサーリンク

恐竜博2019の曜日別の混雑状況と口コミ

平日の混雑の口コミを見てみましょう。

7月から8月初旬にかけて平日は空いているようです。

開催期間は2019年7月13日(土)~10月14日(月・祝)です。

当然ではありますが、土日祝は非常に混雑し、平日は空いています。

出来るだけ、土日や祝日は避けて平日に来られることをおススメします。

関東の学校はいよいよ夏休みに入りましたので、これからは平日もそれなりの混雑はあるかとは思いますが土日祝日の混雑よりは空いているでしょう。

ただ10月14日までと比較的会期が長いので、もし可能なら、夏休み直後の平日というところが狙い目かもしれないですね。

又お盆になれば大変な混雑になる事が予想されますし、会期が進むにつれて混雑が予想されますので、出来れば早めに早く行かれることをおススメします。

※お盆の頃は閉館時間が延長されます。8月11日(日・祝)~15日(木)、18日(日)は午後6時までとなっているようですので遅い時間が狙い目ではないかと思われます。

お盆休みに入って非常に混雑しているようです。

OPEN前から長い行列が出来ていたようで、入場するのに一時間以上かかった時間もあったようです。

 

尚、休館日は 7月16日(火)、9月2日(月)、9日(月)、17日(火)、24日(火)、30日(月)ですのでお気を付けください。

 

恐竜博2019の時間別の混雑と口コミ

博物館のオープン時間は午前9時~午後5時(金曜・土曜は午後8時まで)となっています。

平日は空いていますので休日をみてみることにしましょう。

当然と言えば当然ですが、オープン直後は館内に人はいませんので、直後の9時台が最も空いており、階段状に人が増えてゆき14時台をピークに達し、以後減っていくようです。

7月21日の公式ツイッターの発表では、開場直後の9時5分に待ち時間20分と出ています。

オープン前から待ち行列が出来ている様子ですね。

10時20分の混雑情報では会場内は大変混雑していると発表されていることから、休日の朝は、オープンと同時に入れるよう開館の9時に合わせて行くのではなく、開館30分くらい前から並んだ方がよさそうですね。

尚、平日は夏休み前の状況では、人の増え方は休日同様オープンから増え始め11時頃にピークの時間が続きますが、来館者数が少ないので会場内多少混雑はしたものの待ち時間は発生していなかったようです。

ただこれからは夏休みに入りますので、平日もオープン時間に合わせて行った方が良いでしょう。

 

その他の注意事項

チケットは事前に購入しておきましょう。

特に休日になると既に20分待ちという状況も発生しているようですので、チケットを買う為にならぶのは、大変時間がもったいないので、事前にチケットは購入しておくようにしましょう。

 

7月中はそうでもなかったようですが、8月に入ると平日でも、朝からお昼ごろにかけてチケット購入の待ちが発生している日もあるようです。

チケットの購入待ち時間が発生していますが購入しておけば、待つ必要もありませんので前もって購入しておいてくださいね。

 

恐竜博2019の混雑や感想、グッズ等の口コミ

混雑や感想に関するツイッターの生の声を聞いてみましょう。

待ちは発生していなくても、会場内は結構混雑しているようですね。

夏休みに入りお子様と一緒にお出かけしたいスポットですね。大人も子供も楽しめこの夏の思い出になりますね。

混雑していると車椅子の方にとっては視線が低いので、又身動きしずらく混雑はつらいですね。。

館内は空調がきいていますので炎天下の夏に過ごすには丁度良いですね。

デイノケイルスやむかわ竜などの、調査発掘された恐竜は今回のみどころですね。

国立科学博物館は、常設展も含めれば凄い規模。見応え十分すぎですよね。

因みに地下三階には大阪万博に展示されていたものとは異なりますが、アポロ11号と17号が採集した月の石がありますよ。国宝級ですよね。

見どころのデイノケイルスは凄い迫力です。北海道のむかわ竜も感動モノですね。

 

恐竜博2019は、おすすめの展覧会ですね。日本で発見された恐竜の骨格の復元展示には巨大さとともに圧倒されます。

人類生誕以前の太古の昔、実際に生きていた恐竜の化石が、果てしなく長い時代を経て、我々人間の目の前に並んでいる不思議を感じますね。


ツイートされた口コミには、熱~い感動が沢山寄せられていますね!

古代に生きていたデイノケイルスやむかわ竜の全身骨格の復元を実際に目にすると感動モノですよね。

グッズも気になるものが沢山準備されているようです!どんなグッズが販売されているのでしょう。

又グッズ売り場は結構混んでいるようなので、並ぶ覚悟が必要みたいです。

投稿されたツイッターを覗いてみましょう。

オープン直後のグッズ売り場の会計は2時間待ちでした。。。

デイノニクスのような恐竜から鳥類が進化したという学説が注目、「鳥類の恐竜起源説」に基づく恐竜観を「恐竜ルネサンス」というそうです。

グッズは魅力的なものが沢山ありますね。

展覧会といえばグッズも楽しみの一つ、何か買って帰りたいものですね。

人気のある恐竜博だけに混雑も大変でお気に入りのグッズを手にいるのはなかなか大変そうです。

グッズの中でも鳥獣戯画の恐竜版、ちょっと魅力があります。

 

基本情報をおさえておきましょう

展覧会名  恐竜博2019 The Dinosaur Expo 2019

会期日程  2019年7月13日(土)~10月14日(月・祝)

会場    国立科学博物館

住所    〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20

アクセス

JR「上野駅」下車(公園口)から徒歩5分
東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」下車(7番出口)から徒歩10分
京成線「京成上野駅」下車(正面口)から徒歩10分

専用の駐車場はありませんので公園駐車場や近隣の駐車場に停める必要があります。

公共の交通機関で訪れるか、車の場合には予約の出来る駐車場AKIPPAが便利です。

開館時間     午前9時~午後5時(金曜・土曜は午後8時まで)

※8月11日(日・祝)~15日(木)、18日(日)は午後6時まで
※入場は各閉館時刻の30分前まで

休館日        7月16日(火)、9月2日(月)、9日(月)、17日(火)、24日(火)、30日(月)

お問い合わせ  電話03-5777-8600(ハローダイヤル)  全日午前8時~午後10時

入場料  前売りは終了していますので当日券をご購入下さい。

一般・大学生         1,600円
小・中・高校生         600円
金曜・土曜限定ペア得ナイト券   2名1組 2,000円

※他の展覧会との相互割引があるようです。以下の展覧会の半券があれば割引になります。

・特別展「三国志」(7月9日~9月16日 於:東京国立博物館)
・松方コレクション展(6月11日~9月23日 於:国立西洋美術館)
・円山応挙から近代京都画壇へ(8月3日~9月29日 於:東京藝術大学大学美術館)

割引内容
一般・大学生  当日1,600円 →  1,500円
小・中・高校生 当日600円    →     550円

音声ガイド 放送作家・鈴木おさむさん

恐竜博2019公式図録     2,200円(税込)

※是非先に常設展ミュージアムショップでお買い求めください。

※巡回はありません。

協賛(スポンサー)JR東日本、大日本印刷、トヨタ自動車

国立科学博物館内レストラン ムーセイオンがあり、混雑覚悟ですがランチが食べられます。恐竜博記念のお料理も準備されているようですよ。

 

まとめ

恐竜博2019の混雑 口コミをツイッターより覗いてみました。

ツイッターの口コミからは、感激の声が沢山聞こえてきますね。

「恐竜博2019の混雑 口コミ情報を集めてみた|上野国立科学博物館」と題してまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください