熊本地震を予知したLove Me Doとは誰?的中率や経歴・顔写真も

スポンサーリンク






熊本で震度6弱の地震が発生したとのニュースが入りました。

熊本で再び大きな地震の発生、被害が少ない事を祈るばかりです。

夜に発生している為、どの程度の被害が出ているのか、わかりずらい状況ではあります。

寒い中で非難を余儀なくされている方もいらっしゃるかと思いますが、どうか安全の確保及び体調を崩されぬよう祈ります。

今回の地震を予知していた人がいると話題になっています。Love Me Doなる方だとか。

北海道の地震や爆発なども予知していたというから驚きます。

「熊本地震を予知したLove Me Doとは誰?的中率や経歴・顔写真も」として纏めてみました。

 

スポンサーリンク

 熊本で発生した地震の概要

ますは熊本の地震についてです。2016年の地震とは異なるものである様子。

又、地震の規模も前回の熊本地震の2820分の1の規模であるとの事。

熊本から以下のツイートを発信して下さっており、まだ新幹線が止まっていたりと大変ですがひとまずは安心したというところです。

東南海への影響や明日、日が昇ってからの確認など、気になる点はありますが、とりあえずのところひと安堵というところでしょうか。

しかしかつての地震をフラッシュバックさせるような大きな地震で、ショックを感じられた方も多いかと思います。心よりお見舞い申し上げます。

 

熊本地震を予知したLove Me Doとは誰?

今回の地震を予言していた人がいるそうです。

必ず地震が発生すればこの類の話あり、またかという思いもありましたが、よくみればご本人が今回2019年1月3日の地震後にツイートしていました。

 

まあ日本は地震国ですから、とりあえず地震がくると言っておけば100打てばいくつかあたるものと思い、あまり普段は見ないようにしているのですが、ちょっと調べてみたら、過去にかなり言い当てており、Love Me Do さんはその道では有名人だとか。

どんな経歴の方かと思ってさらに調べてみたら吉本興業のお笑い芸人、という事で驚きました。ラブちゃんとして親しまれている方のようですね。

本名     斉藤隆仁

ニックネーム ラブちゃん

生年月日   10月11日

出身地    千葉県大網白里市

血液型    O型

身長     168 cm

芸風     漫談

事務所    よしもとクリエイティブ・エージェンシー

代表番組   ごごたま/OH! MY RADIO

他の活動   占い

経歴

小学3年生のときにサッカーを始める 。

高校時代もサッカー部に所属し全国大会出場を目指すも県予選を突破できず。

大学受験のため予備校通いをしたが、三浪の末に進学を諦め吉本興業入りをした。

おねぇキャラ兼「新宿二丁目の母」を名乗る占い師。タロット、占星術、四柱推命、手相、風水、九星術、易、人相占い、数秘術、姓名判断を駆使して占う。

占いは20代半ばの頃に新宿二丁目のバーで働いてた時に、手相を独学で始める。

その後、各占術ごとに師匠の下で学ぶ。

手相だけでも、西洋の手相術、東洋の手相術、インドの手相術など各流派の師匠の下で学んでいる。

占いは相当勉強されているようですね。

本も出されているようです。

 

ラブちゃんです

 

これまでの予知

Love me do さんは数々の芸能人・スポーツ選手から評判の占い師なのだそうです。

あまりに当たるという事で有名なのだとか。

12月だけでも、12月6~8日の地震に注意するよう促していたところ、12月8日に福島県で最大震度4の地震が発生。

また12月10~13日にも、実際に12月11日、イギリス領サウスサンドウィッチ諸島でマグニチュード7.1の地震が観測されたそうです。

ただ、世界規模になれば格段に当たる可能性は高くなると思われますが。。。

12月14~18日は引退や辞任のニュースが出やすいという予言をしていたところ、12月15日にHKT48・指原莉乃がグループ卒業を発表しました。

又、この期間、「破壊」の星・冥王星の影響も注意していたところ、12月16日に例の北海道・札幌でガス爆発。

12月20~25日にかけても地震や噴火の可能性を示唆していたところ、12月21日、ロシア・カムチャッカ半島付近でマグニチュード7.3の地震が起こり翌、12月22日には、スンダ海峡にある火山島アナククラカタウの噴火に伴って、インドネシア中部で津波が起きたことは記憶に新しい所です。

東日本大震災や、熊本地震、トランプ大統領の就任も的中させたのだとか。

これからの未来予知

以下の予知をされているようです。

1月4日は「情報」や「ニュース」の星・水星と、「変化」の星・天王星が120度の角度を取ります。この影響で、1月3、4、5日頃は衝撃のニュースが出やすくなるでしょう。また、1月7日に天王星が順行になることから、1月3~10日は地震や噴火や大雪に気をつけてください。もう少し絞るとしたら、1月4~7日は要注意です。

1月11日には太陽と、「破壊」と「再生」の意味を持つ冥王星が重なり、これが特に前日の10日から11日にかけて影響しそう。破壊のエネルギーが強く出れば、爆発などの事故から、誰かの辞任や引退、卒業のニュースが報じられるでしょう。逆に再生のエネルギーが強いと、復帰や再結成といったニュースが聞けそうです。

1月13日に、土星と水星が重なります。さらに、1月14日は「拡大」と「発展」を示す木星が、海王星と90度の位置に。こうした星々の影響で、1月12~15日にかけては何か“行動を制限されるようなこと”が起こりそうです。場所にもよりますが、たとえば交通機関の乱れや麻痺から、地震に噴火、竜巻、そして季節的に大雪の恐れも。同時期は、有名人の薬物、飲酒問題などによる逮捕報道も出やすくなります。

1月19日に太陽と天王星が90度を取り、1月21日には土星と、「攻撃性」をあらわす火星が90度の位置となります。これを踏まえ、1月18~24日は地震や噴火や大雪といった災害に気をつけてください。また、何らかの重大発表、驚きや衝撃のニュースとして出る可能性もあります。

1月26日に火星と木星が120度となる影響は、1月25~29日頃にあらわれそう。地震や噴火や大雪などの災害、凶悪事件にも警戒しておきましょう。

基本的に占星術でしょうか。表現としては「破壊」とか「再生」とかホロスコープにあらわれた吉凶から判断しているようですね。

占星術はもともと古代バビロニアで発祥し、西洋にそして東洋に伝承されたものです。東洋占星術の宿曜道なども元をたどればおなじバビロニアに行き着きます。

バビロニアでは天と地上の出来事には関連があると信じられて、天体と地上の事象を統計的に集めて、天と人間の関連性を体系立てていったもの。

もともと天の運行と現実世界には関連性があるという前提でもって現実の事象を解釈するものです。

星の位置という漠然とした抽象度の高い材料から、どう現実を解釈するかという、解釈の問題、つまりは星の数ほどある現実の事象の中から、合致しているものを結果論的に紐つけているということではないかなという思いも強いのですが、1月の予知がどんな結果となるのかちょっと注目してみたいと思います。

まとめ

今日発生した熊本の地震を予知したというLove me do という方がいると知り、そもそも誰なのか、そして過去の的中率はどうだったのかなど調べてみました。

するとかなり有名な方で芸能人やスポーツ選手から支持されていたりするようです。

又経歴や顔写真についても調べてみましたら、何と芸人さんで吉本に所属している方で、主として占いをやっているようです。又ラジオ番組やテレビにも出ているラブちゃんと親しまれる有名な方でした。

1月の予知に関しては、ちょっと注目してみてゆきたいと思います。

「熊本地震を予知したLove Me Doとは誰?的中率や経歴・顔写真も」としてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください