嵐が活動休止を宣言!自由な活動へ!さらなる成長へ高みへ向かう!

スポンサーリンク




大変なニュースが舞い込んできました。

嵐が2020年をもって活動を休止する。

 

どういうこと??????

 

驚きを隠せません。

一体何があったというのでしょうか。

 

昨年末に櫻井翔が嵐の解散を宣言したとか、それっぽい噂がながれていましたが本当に解散するとは驚きです。

 

「嵐が活動休止を宣言!自由な活動へ!さらなる成長へ高みへ向かう!」と題して休止する嵐のショックをおさえ解散理由と今後の応援として纏めてみました。

スポンサーリンク

活動休止に関するコメント

先ずは何はともあれ、メンバーのコメントを見ていきましょう。

大野智さん

「僕たち嵐はたくさんの話し合いを重ね、2020年12月31日をもって嵐としての活動を休止させていただくことになりました。突然の発表で驚かせてしまっていると思いますが、まず誰よりもいつも応援してくださっているファンの皆様に僕たちの決断をちゃんとお話しさせて頂きたいと思います。

2017年6月中旬ごろに僕はメンバー4人に集まってもらい、自分の気持ち、思いを話しました。その内容は2020年をもって自分の嵐としての活動を終えたいと嵐20周年、そして2020年という区切りで一度嵐をたたみ5人それぞれの道を歩んでもいいのではないかと、また、勝手ではありますが一度、何事にも縛られず自由な生活をしたいと自分の思いを伝えました。

メンバー1人1人とも何度もあって話をしました。その後は5人で何度も何度も話し合った結果、2020年をもって嵐を休止するという決断に至りました。メンバー個々の思いもあります、その思いを背負いながら2020年いっぱいまで走り抜きたいと思っております。

急な発表ではありますが、今までずっと僕らのことを支え続けてくださったすべての関係者の皆様、そして何より僕たちをずっと応援し続けて下さったすべてのファンの皆様、本当に申し訳ありません。言葉では表せられないくらい感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました

2020年までの残りの期間、今、自分にできる使命をきっちりと果たしていきたいと思っております。」

りーだーのコメントから自由な活動いより、さらなる成長へ高みへ向かいたいという意思を感じます。

二宮和也さん

「最初に聞いた時は本当に驚きました。僕はそういうことを考えていなかったので、ただただ驚いたというのが本音でございます

でも、さっきリーダーも言ったように、5人で何度も話し合ってきた結果がこういうことでございます。僕はずっと言っていたとおり、嵐はやっぱり5人で嵐なので、今回の決断、リーダーの思いを尊重する形となりました。ですが、2020年まで5人で嵐らしく活動してまいりたいと思っております。

何より楽しく、皆様方と思い出と作ってまいりたい。また、関係各位の皆様方にはまだまだこれからもお世話になりたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

そして、ファンの皆様、忘れないでいただきたいのは僕らはいつまでも嵐なのでこれからもどうぞよろしくお願いいたします」

松本潤さん

「まずは突然の発表でビックリさせてしまったと思います。申し訳ありません。5人で話し合いを重ねた上で、このような決断に至りました。5人で2020年まで走り抜くこと、そしてファンの皆さまと一日一日を楽しんで、そして最後の日まで楽しい思い出を描き続けていく、そんな日々を過ごしていけるよう、これから毎日を一生懸命、精一杯過ごしていけたらなというふうに思っています。

このタイミングで発表することになったのはですね、僕らの思いを皆さんに理解していただくのは、とても時間がかかることだと思っています。また、その話を、お話させていただいた上で、自分たちも前を向いて毎日を過ごしていけたらなという思いから、このタイミングで発表させていただきました。

今年は20周年もありますし、2020年、最後の日まで5人で走り抜いていきたいと思っています。ファンの皆さん、ついてきて下さい。」

桜井翔さん

「2017年6月、話し合いは始まりました。メンバーそれぞれと何度も会い、5人でも沢山の話し合いを重ねました。

2018年6月頃。20年以上共に歩んできた大切な大切なメンバーそれぞれの想いを。それぞれ少しずつ異なる沢山の想いを、なんとか一つの結論へと着地させることとなりました。

嵐が嵐のまま走り抜きたい。嵐を宝箱に閉じこめたい。いまはそんな想いでおります。

嵐としてデビューした1999年には、想像もつかないような。信じられないほどの多くのファンの方が、関係者の皆さんが、スタッフが、私たちの傍にいます。いてくれています。

数え切れないほど沢山の夢を見させてもらいました。数え切れないほど沢山の景色を見られるところまで連れてきてもらいました。

ありがとう。言葉では伝えきれない溢れんばかりの感謝の想いを、これから時間をかけて伝えて行きたいと思っております。」

相葉雅紀さん

「僕も本当に驚きましたし、何よりも本当に5人で嵐という思いが強いため、1人でも2人でも欠けてしまっては嵐と名乗ってグループ活動するのは難しいと思いました。

本当に僕は嵐のことが大好きですし、嵐のためだったら何だってできると思っております。本当に仲が悪くなってこういう結果になった訳ではありませんし、何度も何度も話し合いました。そして5人、スタッフの皆さんも入れてですけども出た答えです。

本当に残された時間にはなりますけど、今まで通り、今まで以上に皆さんに楽しんでいただけるように精一杯頑張らせていただきます。そして、いつの日かまた5人が同じ方向を向いて嵐として活動を再開できる時には皆さまに喜んでいただけるようなパフォーマンスができるように本気で頑張らせていただきます。本当に皆さま今まで支えてくださってどうもありがとうございました。」

メンバーの不仲ではなく個々での活動の為

コメントから、驚いたのは、既に2017年から嵐の内部で嵐としての活動を終えることについて話逢われていたという事です。

17年の夏。随分長い間議論を進めたうえでの結論ですね。

桜井翔が昨年、嵐は解散するという話を口にしたという話が週刊誌に報道されました。

何となく20周年のアニバーサリーで有りえないと否定されていましたが今となってみれば、ウソとも本当ともつかぬあの記事が実は事実だったということですね。

真っ先に思い出すのは、昨年末の嵐解散の噂。

ではあの時の解散説はどんな内容だったのでしょうか。もう一度おさらいしてみましょう。

桜井翔の私的な場での発言に基づいていました。昨年2018年の11月に、東京銀座のオープンしたばかりのバーのラウンジで、慶應時代の学生時代の仲間と飲んでいました。

お酒が入るにつれて饒舌になり、嵐はもう解散するから、1月以降はスケジュールが入っていないからと彼が言ったということなのです。

また、そんな発言のあった数日後に、二宮がラジオ番組で、「喧嘩して絆が生まれるっていう話があるけどそんなものはない、俺の中ではそれは絶対にない、喧嘩したらそこまで」と話したという事。

どうやらこの二つの噂は、噂にとどまらなかったようですね。

2017年に大野智から活動を停止する事が提起され、それについて既に1年以上も議論が続いていた頃。

当然ながら、ぎくしゃくとした空気も生まれる事でしょう。

当初櫻井翔と二宮との間で何らかの問題が起きていたという見方をされていたようですが、そうではなく、嵐全体として休止をめぐる問題の話し合いの中で、ぎくしゃくとした状態が生じてきたことが想像されます。

又一部では、二宮さんと伊藤綾子さんの結婚の噂も一員にあるのではないかと言う話ではありましたが、嵐の活動休止はそれ以前の問題でしたね。

20年という長い期間共に活動してきた絆を切るといことは、人生をかけてきた絆をほどくという事は彼らにとっても、我々ファンにとっても、これだけつよく結びついていたものをほどくのはエネルギーが必要なことは容易に想像できますね。

来るべき時が来た

ということなのでしょう。

自由な活動へ!さらなる成長へ高みへ向かっていきたいとポジティブな目標へ向かっての事であると信じます。

嵐としての活動の傍ら、各メンバーがそれぞれ独立した道を歩んできました。二宮に至ってはハリウッド映画に出演し、高評価を得ています。

既に各メンバーが成長し、嵐と言う枠組みの中ではもは狭くなってきた、芸能活動の中で一人一人の力を磨いてさらに大きくなるべき節目だということでしょう。

嵐の休止は残念な事ですが、彼らの志を心から尊重し、応援し、ますます活躍する事を心から願うばかりです。

自由な活動により、さらなる成長へ高みへ向か割れる事を心から願います。

まとめ

嵐解散という驚くべきニュースが飛び込んできました。

最初は不仲説が事実だったのかと思いましたが、どうやら嵐と言う枠を超え、何事にも縛られず自由な生活をしたいという事が休止の理由です。

「嵐が活動休止を宣言!自由な活動へ!さらなる成長へ高みへ向かう!」として纏めてみました。

悲しい発表ではありますが、今後さらに自由に、さらなる高みに向かって成長して行かれることを心から願います!

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください