山田スミ子のお別れの会や追悼番組は?経歴や出演作品も

スポンサーリンク




こんにちは、ツクです。

元吉本新喜劇の山田スミ子さんが亡くなられたとのニュースが流れて驚いています。

吉本の「あっちこっちでっち」など笑い転げながら見ていた事を思い出します。

山田スミ子さんは直腸ガンを患っていらしたそうで、2月12日午前に亡くなられていたそうです。

73歳でした。

つい先だって笑福亭松之助さんも亡くなられて、関西お笑い界の方がいなくなり寂しい思いがします。

吉本を退団されてからはドラマでよくお見かけしていましたね。

市原悦子さんの家政婦はみた、とか、朝の連続テレビ小説カーネーションなどにも出演していらっしゃったことを思い出します。

心からご冥福をお祈りいたします。

2月12日に亡くなられたとの事、葬儀は近親者で行われたようです。

お別れ会などは行われるのでしょうか。追悼番組は放送されるのでしょうか。

また、あらためて山田スミ子さんの経歴や出演番組などを振り返ってみたいですね。。

「 山田スミ子のお別れの会や追悼番組は?経歴や出演作品も」と題して纏めてみました。

スポンサーリンク

  山田スミ子のお別れの会や追悼番組は?

お別れの会や、追悼番組は放送されるのでしょうか。

調べてみましたがお別れの会も追悼番組も現時点ではわかりませんでした。

何かわかりましたら追記いたします。

山田スミ子さんはドラマよりも吉本に出ていらした頃が懐かしく思い出されます。

山田スミ子さんは2017年まで10年間介護と女優業を続けるという生活をされ、無理がでたのでしょうか。

その後はご自身病気にかかって、病気判明後は誰にも伝えず、女優として泣き言一つ言わず舞台に立っていたそうです。

最後まで女優の道を貫き通されましたね。

 

山田スミ子さんの経歴

山田スミ子さんの経歴

本名:山田寿美子

生年月日:1945年5月25日

没年月日: 2019年2月12日(73歳没)

出身地 :兵庫県西宮市

出身高校 :神戸海星女子学院高等学校

趣味:ゴルフと英語。

特技:日舞(深水流)

和服の似合う方でしたが、日舞をやっていらしたんですね。

幼いころから子役として活躍されており、根っからの女優さんですね。

吉本新喜劇への入団は、1968年4月。

花紀京や岡八郎のマドンナ役として出ていらっしゃいました。懐かしいですね。

「あっちこっちでっち」で、ぶちぎれて「あかんて言うてんのが、分からへんのんか〜!」とヒステリックに怒鳴りあげるのがパターンでした。

その後も女優としてテレビや映画等、数々の作品に出演されています。

経歴を見てみると芸能の世界で人生をかけ抜いてゆかれた事がわかりますね。

 

出演ドラマは

wikiより

NHK

  • よーいドン(1982年)
  • 心はいつもラムネ色(1984年)
  • 和っこの金メダル(1989年)
  • 人生はフルコース(2006年)
  • 芋たこなんきん(2007年)
  • 介護エトワール(2007年)
  • カーネーション(2012年)

日本テレビ

  • 愛情物語(1992年)
  • 二十四の瞳(2005年)
  • 喰いタン2(2007年)
  • 正義の味方(2008年)
  • トッカン 特別国税徴収官(2012年)
  • 火曜ドラマゴールド
    「美貌のメス 脳神経外科医・津山慶子」(2007年)

TBS

  • ヨイショの男(2002年) – 大熊佐代子
  • エ・アロール それがどうしたの(2003年)
  • あなたの人生お運びします!(2003年)
  • よい子の味方(2004年) – 三崎銀子
  • 新・天までとどけ(2004年)
  • ほーむめーかー(2004年)
  • 聞かせてよ愛の言葉を(2005年)
  • 赤い運命(2005年)
  • 嫌われ松子の一生(2006年)
  • みこん六姉妹(2006年)
  • こどもの事情(2007年)
  • 家に五女あり(2007年)
  • 京都へおこしやす!(2008年)
  • ナツコイ(2008年)
  • 三つの月(2015年)
  • 月曜ミステリー劇場
    「早乙女千春の添乗報告書」(1998年)
    「上条麗子の事件推理」(2004年)
  • 月曜ゴールデン
    「女取調官」(2011年 – )

フジテレビ

  • 大奥(1983年)
  • 月曜ドラマランド「のんき君」(1984年)
  • 阪急ドラマシリーズ / ママ聞いてよ(1984年)
  • 京都サスペンス「京都の祭りに人が死ぬ・鞍馬の火祭」(1988年)
  • 阪急ドラマシリーズ / 料理少年Kタロー(1991年)
  • はるちゃん(2002年)
  • 大奥(2003年)
  • あゝ離婚式(2004年)
  • 悪魔が来りて笛を吹く(2007年)
  • 金曜エンタテイメント
    「赤い霊柩車シリーズ14」(2001年)
    「十津川警部夫人の旅情殺人推理」(2003年)
  • 金曜プレステージ
    「ひみつな奥さん」(2007年)
    「奥様は警視総監」(2009年)
    「ヤバい検事 矢場健〜ヤバケンの暴走捜査〜」(2013年)

テレビ朝日

  • 家政婦は見た!(1990 - 2008年)
  • 子連れ狼 (北大路欣也版)(2002年)
  • 7人の女弁護士(2006年)
  • おみやさん第6シリーズ(2008年)
  • 科捜研の女 第14シリーズ(2014年)
  • 土曜ワイド劇場
    「森村誠一の終着駅シリーズ」(2003年)
    「タクシードライバーの推理日誌20」(2005年)
    「温泉若おかみの殺人推理」(2008年)
    「温泉 (秘) 大作戦」(2008年)
    「タクシードライバーの推理日誌26」(2010年)
    「終着駅シリーズ」(2014年)

テレビ東京

  • 水曜ミステリー9
    「指紋捜査官・塚原宇平」(2005年)
    「北アルプス山岳救助隊・紫門一鬼」(2006年)
    「捜査検事・近松茂道」(2007年)
    「さすらい署長 風間昭平」(2007年)
  • かりゆし先生ちばる!(2009年)
  • ここが噂のエル・パラシオ(2011年)
  • 刑事吉永誠一 涙の事件簿(2013年)

映画

  • 唐獅子株式会社(1983年)
  • 必殺! III 裏か表か(1986年)
  • 夢見通りの人々(1989年)
  • 虹をつかむ男(1996年)
  • 岸和田少年愚連隊(1997年)
  • 千の風になって (映画)(2004年)
  • 難波金融伝・ミナミの帝王Vol.59 仕組まれた結婚(2006年)
  • 酒井家のしあわせ(2006年)
  • 手紙(2006年)
  • I am 日本人(2006年)
  • イヌゴエ 幸せの肉球(2006年)
  • ポストマン(2008年)
  • ジェネラル・ルージュの凱旋(2009年)
  • いけちゃんとぼく(2009年)
  • スパルタの海 (1983年お蔵入り→2011年公開)

数多くの作品に出演していらっしゃいますね。

ツイッターより

まだまだ役者としては年輪を増してさらに芸を磨いてゆく年齢、残念です。

まとめ

山田スミ子さんのお別れの会や追悼番組などわかりましたら追記します。

経歴や出演作品を見るとあらためて女優として生ききった方だという事がわかります。

まだまだ見たかったですね、本当に残念で悲しいです。

「山田スミ子のお別れの会や追悼番組は?経歴や出演作品も」として纏めました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください