年賀状が2019年元旦に届くにはいつまでに投函すればいいの?

スポンサーリンク






2018年も残すところあとわずか。年賀状はもうおすみでしゅか?

をまだ出していらっしゃらない方は、今週末の3連休が年賀状を書けるラストチャンスですね。

ギリギリになってくるといつも気になります。年賀状はいつまでに出せば元旦に到着する事ができるのでしょうか。

私は喪中ハガキがもうこないかと待ってしまうので、いつも年末ギリギリにあわてて年賀状を書いています。

しかしやはり年賀状は元旦に手にするのがうれしいもの。最近は年賀状は減りつつあるとはいえ、やはり手書きで近況など書かれた年賀状は暖かさが伝わってきます。

そこでいつまでに年賀状を出せばよいのか、「年賀状が2019年元旦に届くにはいつまでに投函すればいいの?」と題してまとめてみました。

宜しければご参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

年賀状はいつからいつまでに出せばいいの

郵政省のHPの記述です。

2019(平成31)年用年賀はがきの引受開始は12月15日(土)からになります。
一通でも多くの年賀状を元日にお届けするためには、できるだけ2018年12月25日(火)までに差出しをお願いします。
なお、引受開始前(12月14日以前)に差し出された年賀状は、通常の配達日数により年内にお届けします。
また、懸賞応募のためのご利用など、年賀状としての取扱い(元日にお届け)を希望されない場合は、料額印面下部の「年賀」の文字を二重線等で抹消して差出しをお願いします。

年賀状の受付は現時点12月19日には既に]始まっています。

できるだけ2018年12月25日(火)までに差出をお願いしますとの記述です。

確実に元旦に届くのは12月25日(火)までですので、期日までに出すようにしましょう。

尚、ポストに書いてある集荷時間をチェックしておいてくださいね。出したはいいけど集荷が翌日だと、翌日の差出となってしまいます。

もし遅くなった場合、市の中央郵便局がお近くにあれば直接持って行くのが確実です。

以前、郵便局でアルバイトしたことがありますが、夜中も仕分け作業を行っています。直接持ってゆけばそのまま仕分けに回されます。

12月25日を超えてしまった場合は。。。

郵便局では頑張って作業してくれます。12月28日(金)頃までは近隣の都道府県であればまだ到着する可能性があります。

年賀状を書くのが遅くなってしまった場合には、遠い都道府県から書いて投函するようにしましょう。

郵便局では頑張って元旦に届くよう作業してくれますので、実は30日に出して元旦に届いていたっていう経験もあります。これは特殊な事例だと思いますが。(その節は郵便局の皆様ありがとうございました!)

 

年賀状はお正月以降いつまで出せるの

こちらから年賀状を出していない方からもらうケースもありますよね。

お正月以降はいつまで出せるのでしょうか。

松の内(一般に1月7日まで)に届けば失礼に当たりません。

松の内を過ぎてしまったら年賀状ではなく寒中見舞いを出しましょう。

1月8日以降出した場合には消印が押されるので、7日までに出すようにしましょう。

喪中の方には寒中見舞いの形で出しましょう。

その場合も1月7日までには出すようにしましょう。(集荷時間にはくれぐれもご注意を)

又、迷うのは被災地などへの年賀状ですよね。被災の程度にもよりますが、年賀状ではなく寒中見舞いとして出すのが無難でしょう。

 

年賀状で避けた方がよい表現など

お祝いですので、忌むべき言葉は避けましょう。

病む、暗い、去る、など失ったり災いを意味する言葉は避けるように注意しましょう。

やりがちなのが「去年」という表現。年賀状では「昨年」という言葉を使いましょう。又「新年あけましておめでとうございます」という表現をたまに目にすることがありますが、”新年”と”あけまして”が重複していますので、気をつけましょう。

まとめ

年賀状が2019元旦に届くにはいつまでに投函すればいいのかを中心に書いてきましたが、12月25日(火)までには投函するようにしましょう!

私はまだ現時点で一枚も書けていないので、今週末は頑張って投函したいと思います。

「年賀状が2019年元旦に届くにはいつまでに投函すればいいの?」としてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください