台風3号発生へ!日本への上陸でG20サミットへの影響はどうなる?

スポンサーリンク




こんにちは、ツクです!

電撃的な台風ですね。

今夏始めての台風情報、熱帯低気圧が近づいてきたと思いきや、台風に。

日本に上陸しG20首脳会談の開かれている日本を、一気に駆け抜けて行きそうですね。

電光直下の動き、6月から何という動きでしょうか。

今まさに台風と化し、向かっている先はG20サミットの大阪、影響を受けなければよいのですか。。

台風の進路予想が気になります。

「台風3号発生へ!日本への上陸でG20サミットへの影響はどうなる?」と題して迫ってみたいと思います。

それでは進めて参りましょう!

スポンサーリンク

熱帯低気圧から台風3号発生へ!

いつの間にか近づいていた熱帯低気圧が台風に。

令和初の台風がよりにもよってG20で注目されている中を駆け抜けていくのですから皮肉ですね。

6月27日(木)0時にはまだ南大東島にいる熱帯低気圧も、朝までには台風になっているようです。

赤ちゃん台風ですから、規模は大きくないので風よりも雨が気になりますね。

台風、早くも夏の訪れを告げているようです。

 

日本への上陸でG20サミットへの影響はどうなる?

ツイートされている天気予報は次の通りです。

どうやら関西のピークは27日(木)の夜にかけての様子。

27日(木)の夜からサミットの開かれる28日(金)までは、関東に雨をもたらすようです。

幸いにもサミットは台風も通り抜けます。

台風一過の澄んだ青空が広がっているかもしれないと思いきや、曇り空に雨混じりという天気が続くようですね。

生憎の梅雨空です。

又、首脳会談に先立つ27日の外交には確実に影響を与えそうで、非常に気になるところですね。

 

私達も注意が必要です。

台風3号は、小さいとはいえ台風ですから大雨や強風、高波などによる被害に注意しましょう。

27日(木)には九州や四国では250~300ミリの雨が、そして27日(木)の夜から28日の朝にかけては関西で100から200ミリ、中部から東海地方にかけて300ミリの雨が予想されているようですのでくれぐれも注意してくださいね。

しかし、足の速い台風ですね。昨年は水害が多く、しかも気圧配置の影響により、いつまでも居座った台風とは対照的ですね。

 

まとめ

令和初の台風3号が発生しますが、どうやら一気に日本列島を駆け抜けていくようです。

日本への上陸で大阪で開催されるG20サミットへの影響が心配ですが、どうやらサミットの開催される28日(金)には関西を抜けて一気に関東へさしかかっている様子です。

サミット当日は、台風が空気中の塵を払い浄めて、空には台風一過の美しい青空が広がる事を期待しましたが、曇り空で雨混じりのお天気となりそうです。

「台風3号発生へ!日本への上陸でG20サミットへの影響はどうなる?」と題してまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください