奈良五条市陀々堂の鬼走り2019|見所とアクセスの方法など

スポンサーリンク






2019年の1月を迎えました。

新年1月14日に、奈良県五条市大津町の念仏寺で、無形文化財に指定されている陀々堂の鬼走りと言う火祭りが開かれます。

燃えさかるたいまつを振りかざした父鬼・母鬼・子鬼が堂内を豪快に巡るのです。

鬼走りというのは、宮中の年中行事である追儺を模倣した悪鬼と疫病を払う儀式だそうです。

一般的に、鬼は追い払われる対象ですが、陀々堂の鬼はしりの鬼は、追い払われる悪い鬼ではなく、阿弥陀如来に仕えて災厄を除き福をもたらす善い鬼とされているところが特徴です。

五条市陀々堂の鬼走りでは、3匹の鬼が松明を持って立ちはだかる迫力は圧倒的です。

しかし鬼の顔は神様に使える身であるからなのか、どこか優しそうで可愛らしいくさえ感じます。

五条市の陀々堂の鬼はしりは、室町時代から続く伝統あるお祭りで、平成7年に、国の重要無形民俗文化財の指定を受けました。

1月14日はちょうどお休みに当たりますので、聖なる火によって福を持って帰っては如何でしょうか。

「奈良五条市陀々堂の鬼走り2019|見所とアクセスの方法など」として纏めてみましたのでご参考にしてください。

スポンサーリンク


五条市陀々堂の鬼はしりの概要

開催名     陀々堂の鬼走り

開催期間    2019年1月14日(月)  21:00~22:00

開催場所    念仏寺

所在地     〒637-0060 五條市大津町177

お問合わせ先  0747-22-4001 (五條市企業観光戦略課)

 

スケジュール

陀々堂の鬼はしりは1月14日に以下のスケジュールでとり行われます。

13時~ 五人の僧による大般若心経転読がはじまる。

16時~ 昼の鬼走り(無灯火)

16時半~ 福餅まき

19時~ 息災護摩供(堂内)

19時半~ 柴灯護摩供(境内)

21時~ 鬼走り(たいまつ点火) ここが見所です。

見所の鬼走りの様子

夜も更けて21時がやってきます。

鬼走りの行者たちが、参拝人で一杯に埋め尽くされた境内の中央を、迎えの小たいまつを先頭にして入堂するのです。

鐘の音を合図にして、僧達が読経をはじめます。

棒打(ボウダ)がカタン,カタンと響き渡り「火伏の行」の始まりです。

火天(カッテ)と呼ばれる人が、燃えさかるたいまつを肩に、ゆっくり参詣者の前へ姿を現します。

火祭りの安全を願い、水の字を書くようたいまつの火を振ります。

かわせてよばれる水天役は、火天(カッテ)がやけどをしないよう、笹竹で桶から水を振りかけ、床に落ちた火を消してまわります。

火天(カッテ)の行が終わると一瞬の静寂が訪れます。

いよいよ鬼の登場です。

ヒバ(桧の生葉)をくすべた煙がもうもうと堂内に立ちこめます。

須弥壇裏の囲炉裏で大たいまつは発火寸前に暖められています。

差配(サハイ)と呼ばれる人が、「一番たいまつ点火」と合図します。

これを機に、行者達は一斉に動き始めます。

二番、三番たいまつにも火種が移されます。

一番たいまつが佐役(スケ)と呼ばれる人の肩に乗せられます。

いよいよ右手に斧を持った赤鬼と共に正面北の戸口に登場します。

法螺貝(ほらがい)と、太鼓棒打の音が激しく響き渡る中、暗かった堂内が赤々と照らし出され、3体の鬼が次々に登場するのです。

片腕、片膝で赤鬼はたいまつを受け取り、一瞬、天空に向かって斧を構えて静止して、火の粉を振りまきながら正面中央戸口に進みます。

続いて青鬼と二番たいまつが登場します。

赤鬼は中央からさらに歩を進めて正面南戸口で空を睨みます。

北の戸口には茶鬼も現れ三つのたいまつが並びます。

いよいよ火祭りは最高潮に達し、堂内は火の海と化して、炎は生き物のように天井をなめ、ひさしを這います。

その後、一番たいまつは佐役の肩に乗って須弥壇裏をまわって、再び右戸口に姿を現します。

鬼はこうして、三度堂内をまわり、横戸口から境内に降り立ち,水天井戸に礼参りをして火祭りは終わります。

アクセスの方法

■地図

■電車&タクシー

JR 大和二見駅から タクシーで10分(徒歩で30分程度)

■車

念仏寺周辺には駐車場が少ないため、車でアクセスの場合は上野公園の駐車場をご利用の上、徒歩でおこしください。

ツイッターの声

まとめ

大変珍しい鬼が福をもたらす火祭りは、非常に興味深いですね。

21時から始まる見所の鬼走りです。

今年1月14日はお休みに当たります。ぜひ訪れてみては如何でしょうか。

「奈良五条市陀々堂の鬼走り2019|見所とアクセスの方法など」として纏めてみましたがいかがでしたでしょうか。

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください