年末年始2018-2019のTV放映の映画|気になる作品の一覧

スポンサーリンク






もうすぐ年末年始、普段落ち着いて見れないテレビも、ゆっくりと見られますね。

年末年始のTVは、音楽やバラエティー、特別ドラマや映画の気になる作品等、普段にはない企画が目白押し!

見たい番組がありすぎて、去年は放送が終わった後に気がついた事が何度も。

去年はそのたびにがっかりでしたが、今年こそは、きちんと一覧化しておこうと、まずはTV放映される映画の気になる作品を一覧化してみました。

映画の好きな方にも、懐かしい映画をみんなでお酒でも飲みながら見てみようかなという方にも、昔感動した映画を子供たちも一緒に家族そろって感動を共有したいという方にも役立てば幸いです。

「年末年始2018-2019のTV放映の映画|気になる作品の一覧」と題してまとめてみましたのでご参考にしてください。

スポンサーリンク

2018年12月28日~2019年1月5日までTV放送される気になる映画

映画名後のカッコ内は公開年(西暦)と国

タイトル 日程 開始 終了 放送局
サウンド・オブ・ミュージック(65米) 12月24日(月) 13:00 15:56 NHK BSプレミアム
バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3 (90米) 12月24日(月) 21:00 22:59 NHK BSプレミアム
はなちゃんのみそ汁 (15日) 12月25日(火) 13:00 14:59 NHK BSプレミアム
ゴッドファーザーPARTⅢ (90米) 12月26日(水) 12:40 15:40 フジテレビ
アゲイン 28年目の甲子園 (15日) 12月26日(水) 13:00 15:01 NHK BSプレミアム
タイタニック (97米) 12月26日(水) 1:55 4:58 フジテレビ
ブレードランナー ファイナル・カット版
(オリジナル 87米)
12月27日(木) 13:00 14:59 NHK BSプレミアム
デンジャラス・デイズ:メイキング・オブ・ブレードランナー (07米) 12月27日(木) 15:00 16:46 NHK BSプレミアム
横道世之介 (12日) 12月28日(金) 13:00 15:41 NHK BSプレミアム
探偵はBARにいる (17日) 12月28日(金) 18:30 20:54 BS朝日
E.T. (82米) 12月31日(月) 9:33 11:29 NHK BSプレミアム
ハドソン川の奇跡 (16米) 12月31日(月) 11:29 13:06 NHK BSプレミアム
そして父になる (13日) 12月31日(月) 13:09 15:11 NHK BSプレミアム
海よりもまだ深く (16日) 12月31日(月) 15:12 17:11 NHK BSプレミアム
誰も知らない (04日) 12月31日(月) 17:11 19:33 NHK BSプレミアム
OK牧場の決斗 (57米) 12月31日(月) 19:35 21:39 NHK BSプレミアム
シェーン【デジタルリマスター版】(57米) 12月31日(月) 21:40 23:39 NHK BSプレミアム
蟬しぐれ (05日) 1月1日(火) 4:52 7:04 NHK BSプレミアム
必死剣 鳥刺し (10日) 1月1日(火) 7:04 8:59 NHK BSプレミアム
オカンの嫁入り (10日) 1月1日(火) 8:00 9:54 TOKYO MX1
イヴの総て (50米) 1月1日(火) 9:00 11:25 TOKYO MX2
ミッション:インポッシブル(96米) 1月1日(火) 9:00 10:51 NHK BSプレミアム
M:I-2 (96米) 1月1日(火) 10:51 12:56 NHK BSプレミアム
風と共に去りぬ [前編] (39米) 1月1日(火) 12:00 13:40 TOKYO MX2
M:i:Ⅲ (00米) 1月1日(火) 12:56 15:02 NHK BSプレミアム
セトウツミ (16日) 1月1日(火) 14:30 16:00 TOKYO MX1
風と共に去りぬ [後編] (39米) 1月1日(火) 15:00 17:00 TOKYO MX2
ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル(11米) 1月1日(火) 15:02 17:16 NHK BSプレミアム
ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(15米) 1月1日(火) 17:16 19:28 NHK BSプレミアム
ダイアナ (13英) 1月1日(火) 18:15 20:20 TOKYO MX1
映画版 マメシバ一郎 (11日) 1月1日(火) 23:30 24:15 チバテレ
ハート・オブ・ウーマン (00米) 1月2日(水) 1:45 4:15 テレビ東京
チャーリーズ・エンジェル フルスロットル (03米) 1月2日(水) 2:00 3;43 TOKYO MX1
映画ふうせんいぬティニー なんだかふしぎなきょうりゅうのくに! (17日) 1月2日(水) 8:05 8:54 TOKYO MX1
西部戦線異状なし (30米) 1月2日(水) 09:00 11:15 TOKYO MX2
カサブランカ (42米) 1月2日(水) 12:00 13:45 TOKYO MX2
或る夜の出来事 (34米) 1月2日(水) 15:00 16:50 TOKYO MX2
レベッカ (40米) 1月2日(水) 18:00 20:15 TOKYO MX2
映画版 マメシバ一郎 フーテンの芝二郎 (12日) 1月2日(水) 23:30 25:00 チバテレ
ジャッジ・ドレッド (95米) 1月3日(木) 1:00 3:00 テレビ東京
ブーメラン (92米) 1月3日(木) 4:00 6:00 テレビ東京
映画くまのがっこう パティシエ・ジャッキーとおひさまのスイーツ (17日) アニメ 1月3日(木) 7:50 8:18 NHKEテレ
グランドホテル (32米) 1月3日(木) 9:00 10:55 TOKYO MX2
巴里のアメリカ人 (51米) 1月3日(木) 12:00 14:00 TOKYO MX2
戦艦バウンティ号の叛乱 (35米) 1月3日(木) 15:00 17:15 TOKYO MX2
ハルのふえ (11日) アニメ 1月3日(木) 17:00 17:49 NHKEテレ
ハムレット (48英) 1月3日(木) 18:00 20:40 TOKYO MX2
アナと雪の女王 (13米) 1月3日(木) 18:30 テレビ朝日
アナと雪の女王 家族の思い出 (17米) 1月3日(木) テレビ朝日
ファウンダーハンバーガー帝国の秘密 (16米) 1月3日(木) 23:00 00:10 BSテレ東
映画版 犬飼さんちの犬 (11日) 1月3日(木) 23:30 1:25 チバテレ
ソナチネ (93日) 1月4日(金) 1:55 3:40 TOKYO MX1
真昼の用心棒  (66伊) 1月4日(金) 13:00 14:33 BSプレミアム
風の谷のナウシカ (84日) 1月4日(金) 21:00 23:24 日本テレビ
HERO  劇場第1弾    (07日) 1月5日(土) 21:00 23:40 フジテレビ
眠れぬ夜のために (85米) 1月5日(土) 0:15 2:11 BSプレミアム

年末年始2018-2019にTVで放映される気になる映画作品を一覧にしてみました。ご参考にしてください。

サウンドオブミュージック

言うまでもなくミュージカル映画の代名詞的な映画ですよね。厳格なトラップ家の家庭教師として訪れるマリアが子供たちに音楽の素晴らしさを教え、父親のトラップ大佐も次第にマリアに心を開いていく。ザルツブルグを中心にオーストリアの景色が印象的です。ドレミの歌の原曲に、あそうか外国語の歌詞は当然違うんだと思った思い出があります。やはりよく出来た名作、おススメです。

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3

PART1,2,3でお話が完結しますが、残念ながら1,2は既に放送を終了。3から見ないでくださいね。1と2が伏線になっていますから。

さすが製作総指揮のスピルバーグ、畳みかける面白さ。未来に過去に飛ぶ高校生マーティ(マイケル・J・フォックス)科学者ドク(クリストファー・ロイド)と文句なしに面白い映画ですね。

 はなちゃんのみそ汁

33歳の若さで癌で亡くなった安武千恵さんのがん闘病記の映画化作品です。、広末涼子と滝藤賢一の主演で映画化。阿久根知昭初監督作品。滝藤賢一がいい演技をされていて泣かせる佳品、おススメです。

ゴッドファーザーPARTⅢ

ゴッドファーザーはコッポラ監督名を世界に知らしめた素晴らしい作品です。3作で完結ですので順番に見てほしい映画ですね。1,2作では若かったアルパチーノが年をとって撮影したものですので1,2作からは時間差があります。マフィアの世界を描いていますが家族のドラマでもあり、間違いなく映画史に残る名作のひとつです。

アゲイン 28年目の甲子園

原作は重松清。素晴らしい作品を数々生み出しているストーリーテラー。お話は元高校球児たちが再び甲子園を目指す「マスターズ甲子園」。主演は中井貴一で娘役に波留。大森寿美男が監督・脚本の作品です。

個人的に重松ファンとしてはおさえておきたい映画です。

タイタニック

もはや定番ですよね、ジェームズ・キャメロン監督が、当時史上最大の製作費2億ドルを投入、大ヒットした映画ですね。文句なしに面白く、又色々考えさせられる映画です。この映画で主演のディカプリオ人気は大変なものに。

いったいどのように撮っているのだろうと凄まじいほどリアルな映像です。もし見たことがないならぜひおすすめします。

ブレードランナー

この映画、SF映画にとってはエポックメイキングな作品で、ブレードランナー論みたいな本も出るほど後に影響を与えた作品です。脚本は名匠リドリースコット監督。思わず考え込んでしまいます。何はともあれ一度は見ておきたい映画だと思います。

デンジャラス・デイズ:メイキング・オブ・ブレードランナー

名作、ブレードランナーのメイキング映像、ものすご~く興味があり、私的には初めて見るので大注目しています。どんなふうにして名作が作られたのでしょうね。大好きなブレードランナーがより理解出来る事を期待しています。

横道世之介

吉田修一の青春小説を、「南極料理人」の沖田修一監督が映画化した作品で、高良健吾さんが主演でホンワカといい演技です。ヒロインに吉高由里子さんが出演、可愛らしい!ほっこりとした気持ちにさせてくれる佳品です。

探偵はBARにいる

作家・東直己のデビュー作を橋本一監督のメガホンで映画作品化。主演は大泉洋さんで松田龍平さんらが出演しています。

主演の大泉洋さんの演技がとてもよくて、又映像から札幌の空気感が伝わってきます。いい映画です!

E.T.

もう随分と古い映画となりましたが、公開当時大ヒットしたSF感動作品です。ちょっと可愛らしい異星人と子供たちの触れ合いと感動の物語です。異星人を守ろうとする子供たちが可愛らしく、小さなお子様のいるご家庭で、昔感動した映画で親子それぞれの楽しみ方で見ることが出来るのではないでしょうか。お正月に見るにはぴったりの映画です!

ハドソン川の奇跡

名優で今は名匠と言った方がいいクリントイーストウッド監督作品でトムハンクス主演。ニューヨークで旅客機がトラブルを起こし、ハドソン川に不時着できるかどうかという実話に基づく感動作です。イーストウッド監督は既に高齢ですが健在ですね、創作意欲は凄いですね!おススメ映画です。

そして父になる

この映画、とてもいいです。絶対におススメです。是枝裕和監督の作品で主演福山雅治、カンヌ映画祭で絶賛された作品は、評判にたがわぬ感動作です。出生時の病院の取り違えを描く、親子とは何かと考えさせられる映画です。泣きます。

海よりもまだ深く

こちらも是枝裕和監督。主演阿部寛さん、。15年前に文学賞を一度受賞したものの、その後は売れず、作家として成功する夢を追い続けている中年男性を演じています。“なりたかった大人”になれなかった大人を描いています。先日亡くなられた樹々希林さんが母親役を好演。いい作品です。

誰も知らない

是枝裕和監督で、この作品は12歳の長男役を演じた柳楽優弥が第57回カンヌ国際映画祭最優秀男優賞を受賞したことで話題になりました。父親が異なる4人の兄妹と母、母子家庭で母は失踪、4人の幼い子供たちの日常を描くヒューマンドラマです。おススメ映画です。

OK牧場の決斗

古い映画ですがジョンフォード監督の名作ですね。

保安官ワイアット・アープが、クラントン一家と死闘を交えたという西部の歴史に語り伝えられる事件の映画化作品です。古い映画も名作映画は夢中にさせてくれます。誰でも名前だけは知っている名作映画、ぜひ実作をご覧になってください。

シェーン

この映画も昔の西部劇ですが名前だけは知っているという方も多いのでは。ラストシーンがその昔育毛剤のコマーシャルでパロディーが作られたりして有名になりました。

流れ者シェーンと開拓者一家の交流や悪徳牧場主との戦いを描いた名作西部劇、当時としては革新的な名作映画です。

蟬しぐれ

藤沢周平の代表作ですね。黒土三男監督が映画化、市川染五郎(現松本幸四郎)主演の映画です。藤沢周平作品はいいですよね。時代劇でありながら現代にも通ずる根本的な人間そのものが描かれていて、沢山の映画化されていますね。

この映画染五郎さんがカッコいいです。純粋な心に揺り動かされます。

必死剣 鳥刺し

この映画も藤沢周平作品です。平山秀幸さんがメガホンをとり、豊川悦司さんが主役を演じました。

愛する妻を失った剣の使い手で、必勝の剣を持つ故に過酷な役目を受けます。豊川さんが本当にカッコいい!いい役者さん、いい映画です。

オカンの嫁入り

咲乃月音原作の小説「さくら色 オカンの嫁入り」が、宮崎あおい&大竹しのぶのダブル主演で映画化されました。監督は「酒井家のしあわせ」の呉美保さんです。

あったかくてちょっと笑える作品です。

イヴの総て

1950年代の古い映画ですが、1950年度アカデミー賞において、作品賞以下6つのオスカーを獲得した名作です。芸能界のお話で、実はこの作品にチョイ役でマリリンモンローが出ています。名作として残るだけあっていい作品です。

ミッション:インポッシブル

ご存知T・クルーズ製作・主演のシリーズ第一作ですね。”東欧に潜入しているCIA情報員のリストを盗んだプラハの米国大使館員とその買い手を逮捕せよ” トム・クルーズがかっこよすぎるし、アクションが手に汗握ります。シリーズ一作、面白いです。

M:I-2

トム・クルーズのミッションインポシブルシリーズ第2作。トム・クルーズがかっこよすぎます。命綱無しのロッククライミングシーンは凄すぎです。

風と共に去りぬ

この映画は言葉にする必要がないほどの名作中の名作。製作者デイヴィッド・O・セルズニックが1939年に完成した長編テクニカラー作品、今見ても凄いなあと思いますよね。

この映画が作られた1939年ってナチスドイツがポーランドに侵攻した年、日本ではノモンハン攻撃が始まった年で、真珠湾攻撃の2年前です。日本が攻撃を仕掛けた国が、その2年前にこんなすごい作品を作っていたのですから驚きです。

M:i:Ⅲ

トム・クルーズのミッションインポシブルシリーズ3作目。ちょっとドラマは少ないですが、アクションシーンはこれでもかというぐらいに密度の濃い作品です。楽しめる娯楽アクション映画です。

セトウツミ

大森立嗣監督、池松壮亮と菅田将暉のダブル主演です。原作は此元和津也の人気漫画「セトウツミ」。

この映画、以前Aスタジオなどでも紹介されていましたが、池松壮亮と菅田将暉の魅力があふれています。主演の二人が若いのに凄い!

ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション

トム・クルーズのミッションインポシブルシリーズ第5作。相変わらずトム・クルーズのスタントシーンが凄くて、約1500メートルの上空を飛ぶ軍用機のドア外部から機内に侵入するというアクションを、スタントなしで演じているのが撮影時から話題になっていました。次作へ向けて挑戦し続けるトム・クルーズが凄いですね。

ダイアナ

1997年に、交通事故で36歳の若さでこの世を去ってしまったダイアナ元英皇太子妃の半生を描いています。主演はナオミ・ワッツ。オリバー・ヒルシュビーゲル監督がメガホンをとっています。もう少し深堀りしてほしかったかなという感はあるものの、ダイアナ妃の悲劇が思い起こされます。

映画版 マメシバ一郎

佐藤二郎さん演じるアラフォーのニートと豆柴犬のコンビが繰り広げる奮闘を描いています。監督は亀井亨さん。とにかく個性派俳優の佐藤二郎さんがいですね!

ハート・オブ・ウーマン

広告代理店で働くニックは仕事にも女性にも自信満々のバツイチの独身男です。しかし彼は、他社から引き抜かれた女性ダーシーに狙っていた部長の座を奪われてしまいます。

ある日、ニックは自宅の風呂場で転倒したのをきっかけに、周りにいるあらゆる女性の考えていることが聞こえるようになります。

メルギブソンのラブコメディーで、なかなか面白いストーリーです。

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル

おなじみ3人のエンジェル。今回の敵は、デミ・ムーア扮する彼女たちの先輩。相変わらず弾けていて面白いです。アクションがたっぷり楽しめます。

映画ふうせんいぬティニー なんだかふしぎなきょうりゅうのくに!

映画プロデューサーの川村元気とグラフィックデザイナーの佐野研二郎の共著による絵本「ふうせんいぬティニー」。Eテレで放送されたテレビアニメに続いて映画化されました。

ティニーとニティが庭で遊んでいたら、空からふうせん卵が落ちてきました。すると中からふうせん恐竜の赤ちゃんトリィが生まれます。トリィはティニーとニティのことを両親だと勘違いしますが、トリィを本当の両親に会わせるために、彼らは再び雲の上へ向かうお話です。

ぜひ小さなお子様のいる家庭で、ご一緒に楽しんでください!

西部戦線異状なし

昔の名作映画ですね。この作品は、エリッヒ・マリア・レマルクの小説を映画化したもの。ルイス・マイルストーンがメガホンをとりました。この時代に、リアリティ溢れる戦場シーンは必見ものです。戦争のむなしさを問いかけられます。。

カサブランカ

もう語るまでもないですね。名作映画。ハンフリー・ボガートのセリフ”君の瞳に乾杯”。

第2次世界大戦下の1941年、アメリカへ行くためには必ず通らなければならない寄港地だったのがフランス領モロッコのカサブランカでした。そこで酒場を営むアメリカ人リック(ハンフリーボガート)の所に、パリで突然消えてしまった恋人のイルザが、夫で反ナチス活動家のラズロを伴って現れ話は展開します。

ハンフリーボガードはカッコいいし、イングリッドバーグマンは何と美しい事でしょう。今見てもいい映画ですね。

或る夜の出来事

こちらも古いロマンチックコメディの傑作映画です。

父親に結婚を反対されて大富豪の娘エリーは家を飛び出します。ニューヨーク行きのバスで失業中の新聞記者ピーターと出会い反発しながらも、いつしか惹かれ合うようになります。

レベッカ

ヒッチコックが「風と共に去りぬ」の名プロデューサー、デビッド・O・セルズニックに招かれて製作した、アメリカ進出初作品がこのレベッカです。アカデミー作品賞を受賞しています。

さすがヒッチコックの作品、結婚相手の元妻のレベッカが主人公を追い詰めまくり苦しめます。心理的に追い込まれる様は心理サスペンスの傑作です。

映画版 マメシバ一郎 フーテンの芝二郎

豆柴犬と無職の中年男の交流を描いた「マメシバ」シリーズの第3作です。主演は佐藤二朗でヒロイン役に南沢奈央が共演しています。

いい人たちばかり登場してくるホッコリと心温まる作品です。

ジャッジトレッド

イギリスの同名コミックの映画化作品で、シルベスタースタローン主演映画です。

舞台は西暦2139年の世界。核戦争後の人類に「メガシティ・ワン」が残されましたが、秩序は乱れて犯罪都市と化していました。

そこで政府は秩序立直しのために究極の法システムを導入したのです。それは「ジャッジ」といわれるエリート集団であり、彼らは逮捕した犯罪者をその場で裁判、判決、刑執行を行える権限を持っていたのです。

その集団の頂点に立つ男が、人々から恐れられている「ジャッジ・ドレッド」でした。

スタローン演じるドレッドは、ある日、身に覚えのない殺人罪で逮捕されます。。。

ブーメラン

エディ・マーフィの主演作で、化粧品業界を舞台にした恋愛コメディです。監督は「ハウス・パーティ」のレジナルド・ハドリン。

企業家のエロイーズ夫人が買収したある化粧品会社に勤める敏腕の宣伝担当員のマーカス(エディ・マーフィー)は、自分の新しい上司となったジャクリーンに一目惚れします。。。

映画くまのがっこう パティシエ・ジャッキーとおひさまのスイーツ

あいはらひろゆき・文&あだちなみ・絵による人気絵本シリーズで、2010年にもアニメ映画「くまのがっこう ジャッキーとケイティ」が公開された「くまのがっこう」を、7年ぶりにアニメ映画化した作品です。

お子様といっしょに楽しめそうですね!

グランドホテル

当時、主演級のスターを5名集めた贅沢さでセンセーションを惹き起こした映画です。ヴィッキ・バウム作の小説を劇化したものをさらに映画化した作品です。

場所はベルリンでも超一流の「グランド・ホテル」で様々な人間模様が繰り広げられます。

映画や小説、演劇における表現技法でグランド・ホテル形式というものがありますが、それはこの映画がもとになっています。

グランド・ホテル形式とは「ホテルのような一つの大きな場所に様々な人間模様を持った人々が集まって、そこから物語が展開する」という方式のことです。

巴里のアメリカ人

1951年度のアカデミー作品賞をはじめ、8つの部門に受賞したテクニカラーのダンス・ミュージカル映画です。パリに住むアメリカ人ジェリー・ミュリガン(ジーン・ケリー)のお話です。

この映画音楽、ジョージ・ガーシュウィン作曲の「巴里のアメリカ人」はクラシックの演奏曲目としてもしばしば取り上げられます。ガーシュウィンの音楽ファンも注目の映画ですね。

戦艦バウンティ号の叛乱

第8回アカデミー賞作品賞を受賞した作品です。

実話に基づく映画で18世紀末頃、タヒチ島からジャマイカ島に向かって航行中のイギリス軍艦バウンティ号のプライ艦長に船員たちが反乱を起こしました。

チャールズ・ノードホフとジェームズ・ノーマン・ホールが小説としベストセラー、映画化されました。

フランク・ロイド監督、ブライ艦長にチャールズ・ロートン、航海士クリスチャン役をクラーク・ゲーブルが演じています。

ハルのふえ

「それいけ!アンパンマン」の原作者やなせたかしの絵本をアニメ映画化したハートフルファンタジーです。

森の人気者のタヌキのハルは、ある日、森で人間の赤ちゃんを拾います。その赤ちゃんにパルと名づけ、人間のお母さんに化けて育てはじめるのです。。。

ハムレット

何度も映画や舞台で演じられているシェークスピアの名作です。この映画でハムレットを演じているのは名優ローレンス・オリヴィエ。製作・監督・主演したシェイクスピア劇映画で演劇ファン必見の作品です。

アナと雪の女王 

この映画はもう語るまでもないですよね。

歌賞を受賞した「Let It Go」は毎日のようにどこかで聞こえてきましたね。興行でも歴代記録を塗り替える大ヒットを記録したディズニー映画。第86回アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞しました。映画を見ながら歌いたいですね。

アナと雪の女王 家族の思い出

「アナと雪の女王」の主人公アナとエルサの姉妹が一緒に迎えるクリスマスを描く22分の短編アニメです。これはクリスマスの日に見たい映画ですね。

ファウンダーハンバーガー帝国の秘密

監督はジョン・リー・ハンコック、主演はマイケル・キートン。マクドナルドを世界最大のファーストフードチェーンに成長させたビジネスマン、レイ・クロックを描いた伝記映画です。

映画版 犬飼さんちの犬

2011年1月~3月にTV放送された同名ドラマの劇場版です。

イヌが嫌いな犬飼保が単身赴任先から自宅に戻ってみると、家族が内緒でサモエド犬のサモンを買っていました。イヌ嫌いのサラリーマンと一匹のイヌが巻き起こす騒動を描くハートウォーミングコメディです。

何といってもモフモフしたサモンが可愛い!

ソナチネ

北野武の監督第四作のヤクザ映画です。カンヌ映画祭“ある視点”部門出品作。キネマ旬報ベストテン第四位。心に強烈な印象を残す映画です。この映画の空気感、さすがは世界のキタノです。

真昼の用心棒

マカロニウエスタンの定番ですね。

“用心棒”が稼業の主人公に、ある日、生れ故郷の友人から、村に帰ってきて欲しいという手紙を受け取ります。帰郷してみたら、町は権力者に牛耳られ、手がつけられない無法地帯。。

風の谷のナウシカ

宮崎駿作品が登場ですね。宮崎監督自身が、監督、脚本を務めた名作ですね。この作品、アニメ雑誌「アニメージュ」誌上に連載されていた宮崎駿の同名漫画を映画化したものですが、この映画ファンならぜひ見てほしいのがコミック版です。宮崎監督の語りたいことが一杯語られています。

HERO

TVで大ヒットした久利生公平検事(木村拓哉)の活躍を描く作品の映画第1作です。

久利生に立ちはだかる敏腕弁護士・蒲生に松本幸四郎が、その他森田一義、イ・ビョンホンがゲスト出演しています。

尚、第2作は1月19日(土)に放映されます!

眠れぬ夜のために

秘宝のエメラルドをめぐる国際密輸組織の暗躍に捲き込まれた若い男女を描く作品です。

監督ジョン・ランディス 主演はエド役に(ジェフ・ゴールドブラム)、美女ダイアナ役に(ミシェル・ファイファー)が出演、行きずりの女を助けたばかりに国際的陰謀に巻き込まれる不眠症の男の冒険を描いたサスペンス・コメディです。

2018年から2019年にかけての年末年始、沢山の映画がTV放映されますね。

ジャンルも様々、気になる作品は沢山ありますが、この中からおススメしたい映画を5本ピックアップするなら次の5本でしょうか。

E.T.

ハドソン川の奇跡

風と共に去りぬ

アナと雪の女王

風の谷のナウシカ

年末年始、新しい年を控えての映画鑑賞なので、できるだけ楽しめて、家族で見れて、元気になれる映画を2018-2019にTV放映される気になる作品の一覧からチョイスしてみました。

一人で見るなら、ブレードランナーや、ブレードランナーのメイキング映画など垂涎ものだし、ローレンスオリビエの古い映像なども気になります。古い名作映画をじっくり見たいですね。

まとめ

お正月休みは、スリル・サスペンス、SFにアニメ、往年の名作と様々な映画が放映されますね。

年末年始2018-2019にTVで放映される気になる映画を一覧化してみました。

お正月にどれか心に残る一本を見たいですね。

「年末年始2018-2019のTV放映の映画|気になる作品の一覧」と題してまとめてみました。御参考になれば幸いです。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください