長いお別れ|蒼井優の最新映画のインタビュー動画や評判口コミも!

スポンサーリンク




こんにちは、ツクです!

蒼井優さんと山里良太さんの結婚が話題でもちきりですね!

幸せな家庭を作りお幸せになってほしいですね。

さて、話題の蒼井優さん主演の最新映画は公開されたばかりの素敵な映画が「長いお別れ」です。

長いお別れ。。認知症で老いてゆく父と家族のお話です。

監督は中野量太さん、45歳の若さながら国内外の映画祭で数々の受賞歴を持ち、華族を描いた「チチを撮りに」は世界的に評価されました。

その中の監督がメガホンをとった感動の作品です。上海&台北映画祭に出品されるそうです。

淡々と日常を、老いてゆく父と家族の関係を切り取ってゆきます。

ハンカチが2枚くらい必要な映画です。

「長いお別れ|蒼井優の最新映画のインタビュー動画や評判口コミも!」と題して纏めてみたいと思います。

それでは進めてまいりましょう!

スポンサーリンク

「長いお別れ」蒼井優の最新映画の予告とインタビュー動画

まずは予告編をご覧ください!

 

山崎努さんが認知症の父を熱演していらっしゃいますね。

蒼井優さんと竹内結子さんが姉妹役、松原智恵子さんがお母さん役で、竹内結子さん演じる長女の夫を北村有起哉さんが演じ、監督の中野量太さんとともにインタビューに答えていらっしゃいます。

5月31日の映像ですから結婚発表の直前ですね!

蒼井優さんがちょっと可愛らしいです.。

撮影が涙涙だった様子が伝わってきますね。

原作は中島京子さんの小説『長いお別れ』。

自らの経験に基づいて作品は書かれています。

淡々と日常を切り取り、老いていく父の姿と家族のさりげない一コマやセリフが涙を誘います。

中野量太監督らしい素敵な映画です。

評判・口コミは

原作について

原作は、中島 京子さんの小説「長いお別れ」です。

中島京子さんのお父様はフランス文学者で中央大学名誉教授の中島昭和さん。

お母様はフランス文学者で明治大学元教授の中島公子さん。

姉はエッセイストの中島さおりさん、何と文学に包まれた家庭環境でしょう。

 

この原作小説「長いお別れ」は、アルツハイマーを患い、父が徐々に父でも夫でもなくなっていく様子を、10年に渡る様子を描いた連作短編集です。

作品はフィクションではありますが、作者中島京子さんのお父様の中島昭和さんは、2004年にアルツハイマーにかかり、2013年に亡くなられています。

そのご自身の体験にもとづき、描かれているのがこの「長いお別れ」なのです。

 

映画とともに、原作小説もぜひおすすめします!

 

まとめ

南海キャンディーズの山里亮太さんとの結婚報道で渦中にある蒼井優さんの出演する最新映画「長いお別れ」はとてもいい映画です!

予告映像とともに、結婚発表直前のインタビュー動画の蒼井優さんが可愛らしいです。

ツイッターの評判・口コミも涙を誘う素晴らしい映画と言う声にあふれています!

「長いお別れ|蒼井優の最新映画のインタビュー動画や評判口コミも!」と題して纏めてみましたがいかがでしたでしょうか?

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください