ダンスウィズミーの三吉彩花がかわいい 映画の曲と一緒に踊りたくなる

スポンサーリンク




こんにちは、ツクです。

もうすぐハッピーフライトやウオーターボーイズなどの”面白い”映画を沢山世に送り出している矢口史靖監督の新作ミュージカル映画「ダンスウィズミー」が公開されます。

主役はモデルの三吉彩花さん。

大手商社で働く所謂勝ち組OL。

ミュージカル映画は突然踊り出して訳がわからず嫌いと言っていた彼女が、催眠術によって音楽を聴いたら踊らなくてはいられなくなる体に。

矢口監督曰く、主人公の女性のように、ミュージカルだったら観ないという人が楽しめる映画を作り、既に海外の映画祭で上映され世界中で評判を呼んでいます。

リメークしたいという声も届いているとか。

気になる映画ですね。

ダンスウィズミーの三吉彩花がかわいい 映画の曲と一緒に踊りたくなる」と題して映画に迫ってみたいと思います。

それでは進めて参りましょう。

スポンサーリンク

ダンスウィズミーの予告、三吉彩花さんがかわいい

ダンスウィズミーの予告

まずは映画「ダンスウィズミー」の予告編を見てみましょう。

ミュージカル映画は大好きで、最近ではラ・ラ・ランドに夢中になりましたが、思えば主人公の言葉のように、初めてミュージカル映画を見た時には、どうしてここで突然踊りだすんだろう、何で急に歌いだすんだろう、と感じた事を思い出しました。

インド映画「踊るマハラジャ」など、その可笑しさを逆手に取ったような映画で笑い楽しめる映画でした。意図してのものではないかもしれませんが。。

この「ダンスウィズミー」、突然踊り出すミュージカルに対して少なからず持っている抵抗感のようなものを逆手に取ったミュージカル映画で、ハッピーフライトやウオーターボーイズなど、面白さを徹底して追求する矢口監督が、今度はミュージカルでどんな面白い事を仕掛けたのだろうと気になります。

次々に出てくる新しい予告編映像、とても気になりますね。

 

ダンスウィズミー三吉彩花がかわいい

徹底的にオーディションの中からイメージしたキャラクターを選び出すことで有名な矢口監督。

主演の三吉彩花さんもオーディションの中で選ばれました。

 

ダンスウィズミーの三吉彩花さん、ブルーのスカートをなびかせて躍る姿がとても魅力的でかわいいす。

もとアイドルグループ「さくら学院」のメンバーで、モデルとして美しい姿を大勢の人々の前に魅せる事を生業としてきた三吉さんが圧倒的に映えています。

最近はモデルさんより、女優さんとして数多くのドラマや映画作品に出演、主演も大分目にするようになり、今注目の女優さんですね。

 

オーディションでは、三吉彩花さん本人、自分自身が抜てきされるかどうか自信はなかったようですが見事主演を射止め、そして非常に目を惹くミュージカルスターぶりです。

予告編の映像の中で、三吉彩花さんがOrange pekoeの「ハッピーバレー」が流れる中、会社のオフィスの机の上で踊る熱演の映像は、圧巻ですね。選曲も素敵です。

 

矢口監督が三吉彩花さんを抜てきしたワケを披露、オーディションで普段はむっつり気味で、歌とダンスの華やかさでの落差が大きかったことが彼女を起用する決め手だったのだそうです。

矢口監督のこの作品の構想は実に16年、三吉彩花さんに対して多くの期待がかかり、三吉彩花さんは大変プレッシャーに感じたようで、クランクイン前の練習では何度も泣いて、逃げ出したいと思ったそうです。

実際に練習は相当過酷だったようですね。

歌と踊りの練習時間は実に250時間にも及んだとか。

その成果として素晴らしいミュージカルコメディー映画作品が完成、きっと大ヒットすることでしょう。

その苦労の様子がうかがえる映像です。

机の上で踊るシーン、撮影現場では随分取り直しとなった様子がうかがえますね。

氷で足を冷やしながらの撮影、三吉彩花さん、よく頑張りましたね。

作品は2018年7月24日にクランクイン、10月4日にクランクアップし、いよいよ公開にこぎつけました。

『ダンスウィズミー』は8月16日(金)より全国劇場にて公開、おすすめ映画です。

きっとこの夏をムビチケ価格1,200yenでこの映画からパワーをもらい、HAPPYに過ごせるのではないでしょうか。

 

やしろ優さんやテラスハウス出身のシンガーソングライターのchayさんはじめ、共演者も素敵です。

ブルーレイ、DVDの発売も楽しみです。年明け頃でしょうか。待ち遠しいですね。

 

三吉彩花と一緒に踊り出したくなる映画の曲は?

気になる主題歌ですが、まだわからないので、判り次第追記しますね。

しかし、このダンスウィズミーの三吉彩花さん等が歌って踊る映画の曲が気になります。

昭和の懐かしの名曲たちが懐かしくしかし新鮮に使われています。

  •  「HAPPY VALLEY」 Orange pekoe  2002年
  • 「狙いうち」山本リンダ 1973年
  • 「夢の中へ」井上陽水 1973年
  • 「Tonight 星の降る夜に」山下久美子 1991年
  • 「タイムマシンにお願い」サディスティック・ミカ・バンド 1974年
  • 「年下の男の子」キャンディーズ 1975年
  • 「ウエディング・ベル」Sugar 1981年

 

ダンスウィズミーのキャストは?

鈴木静香役 三吉彩花 催眠術で音楽が流れると体が動き出します。何故か矢口監督の作品、鈴木という苗字が多いですね。

プロモーションとして世界中で踊る動画が出ています。

ダンスウィズミーの三吉彩花さん、とにかく最高にかわいいし、魅力的です。

斎藤千絵役 やしろ優 イケメンに弱いフリーター。三吉彩花さんとの“デコボココンビ”は、何と「スター・ウォーズ」のC-3POとR2-D2のイメージからの着想だそうで、やしろさんも苦笑いです。

お二人ともかわいいですね。

こちらもプロモーション用に楽しい動画が出ていますね。

山本洋子役 chay 訳ありミュージシャン。chayさんはこの映画で俳優初挑戦のようです。映画初出演のchayさんにも注目が集まりそうです。

プロモーション用の流しの歌手の映像がいいですね。

村上涼介役 三浦貴大 イケメン上司、ライトアップされた夜の公園で、2人が踊るシーンが美しいですね。

渡辺義雄役 ムロツヨシ こずるい謎の調査員役。実はムロさんミュージカル経験があるそうですが残念ながらダンスや歌のシーンはほとんどないそう。

三吉彩花さん、参加されたトークイベントでムロツヨシさんの表情の演技力に驚いたとコメントされていました。

マーチン上田役 宝田明  静香を音楽が聞こえると歌い踊り出すカラダにしたインチキ催眠術師。

アニメ映画のジャファーの吹き替え声優を演じられたのを矢口監督が聞いてどうしても宝田明さんにお願いしたいと矢口監督は思っていたそうです。

ダンスウィズミーの三吉彩花さん他関係者のコメント

都内で行われた試写会に出席された監督や出演者たちが色々コメントされています。

三吉彩花さんは映画の中で最も気に入っている曲はとの質問に「Tonight」と答えています。

同じく質問されたやしろ優さんは「夢の中へ」だったとか。

いずれも素敵ですね。

映画に選ばれた曲はどれも素敵です。

 

映画の中で三吉彩花さん、やしろ優さん、Chayさん三人は仲良くなってグループラインも使ってコミュニケーションされているようです。家族ぐるみでのつながりが出来て映画のチームワークの良さを感じさせます。

 

ミュージカルについて、矢口監督自身も、映画で急に踊ったりするのは引っかかる、現実にいれば不審者だと笑っておっしゃっていました。

アメリカで上映し、矢口監督も会場に同席された際、ミュージカルの本場アメリカで、劇中ミュージカルを否定するようなセリフがあったり、又受けなかったらどうしようと不安だったらしいですが、劇場は爆笑の渦で、最後には拍手まで起こったそうです。

アメリカでも熱狂的に受け入れられたようですね。

 

都内の試写会では客席通路で出演者達が華麗なダンスを披露、大いにファンを盛り上げていました。

 

ダンスウィズミーの海外や試写会での評判は?

世界中で大絶賛、既に賞を受賞しています。

第23回モントリオールファンタジア国際映画祭 <観客賞>受賞。

第8回トロント日本映画祭で矢口監督が特別監督賞を受賞。

各国の名だたる映画監督や俳優、映画関係者からこの「ダンスウィズミー」は絶賛されています。

日本で開催された試写会からも面白いとの声が沢山上がっています。

催眠術で踊らずにはられなくなった体を戻すため、鍵を握るマーチン上田の行方を追います。

ベテラン俳優、往年の二枚目スター宝田明さん、最高にいいですね。

矢口監督の作品、とにかく面白いです。

最新刊の本、「映画監督はサービス業です。 矢口史靖のヘンテコ映画術」の中で矢口監督の映画に対する思いが語られています。

見た後、ハッピーな気分になれる、素敵な映画です。

面白くてあっという間に時間が過ぎてしまいます!

ダンスウィズミーの三吉彩花さんがかわいくて魅力的。最高です。

さすがは、矢口史靖監督、面白いですね。

面白かったという評判が多くて、既に海外で賞も得ており、公開が非常に楽しみな映画です。待ち遠しいですね。

 

まとめ

ダンスウィズミーの三吉彩花さんがかわいいし素敵です。

映画は何といっても面白く、映画の曲のセレクティングがいいですね。

予告編を見るだけでも一緒に踊りたくなります。

催眠術で踊る体にされてしまったという主人公が繰り広げる異色のミュージカルコメディは既に海外でも賞を得て大絶賛、文句なしに面白い映画です。

ダンスウィズミーの三吉彩花がかわいい 映画の曲と一緒に踊りたくなる」と題してまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください