ウィリアムカムクワンバとは?映画風をつかまえた少年の感動の風車!

スポンサーリンク




こんにちは、ツクです!

「風をつかまえた少年」という映画をご存知でしょうか?

もうすぐ、2019年8月に公開される映画です。

夢を追い求める人々の心を灯してくれる作品です。

実話に基づいたこの物語が与えてくれる感動は、心の奥底からすくいとられてしまいます。

アフリカの貧しい少年、ウィリアム・カムクワンバの実話に基づいた作品で、心に夢を抱く人の、夢を実現したい人の、目をきっと見開かせてくれる作品です。

実話に基づくお話です。

「ウィリアムカムクワンバとは?映画風をつかまえた少年の感の風車!」と題して、追いかけてみたいと思います。

それでは進めて参りましょう!

スポンサーリンク

ウィリアムカムクワンバとは?

エジソンの物語、カーネルサンダースの物語など様々な奇跡のドラマに新しい一ページが加わりました。

アフリカのとても貧しい国、マラウイを旱魃が襲いました。

ウィリアムは貧しくて学費も払えず、中学も退学せざるをえませんでした。

勉強をしたいという欲求をを胸に、NPOが作ってくれた図書室で、「エネルギーの利用」という本と出会いました。

彼は何と、ユーカリの木と自転車の部品、そして身近で入手できた廃材を使って風力発電を風車を作ってしまい、風力発電を作り上げてしまい、村で電気製品を使えるようにしてしまったのです。

廃材を集めて人から変人と思われ、自らの力のみで得た知識を使って村に奇跡を起こした彼は、世界的に有名な存在となったのです。

学ぶというのはどういうことかを、そして信じて一心に求め行動にして続ければ、必ず奇跡が訪れる事を教えてくれる事実のお話です。

カムクワンバは支援者からの助力も受けて、南アフリカのエリート養成大学、アフリカリーダーシップアカデミーに通いました。

さらには2010年9月からアメリカのダートマス大学で学んでいます。

 

映画「風をつかまえた少年」の感動の風車

そしてこの感動的な物語、無学の少年が本を頼りに風力発電を作り上げてしまったお話は映画作品になったのです。

2019年8月2日に公開されます。

監督・脚本:キウェテル・イジョフォー
原作:ウィリアム・カムクワンバ、ブライアン・ミーラー『風をつかまえた少年』(文藝春秋)
出演:
キウェテル・イジョフォー
マックスウェル・シンバ
アイサ・マイガ

この夏話題の映画です。

 

貧困で学校を退学せざるを得なかった少年が、電気で家族を助けたいという、一心の思いが未来を切り開いていく奇跡の物語で感動してみませんか?

原作のベストセラー小説は、池上彰氏も絶賛していたそうです。

世界に感動を呼び起こし、絶賛された物語の映画化、注目ですね!

 

まとめ

ウィリアムカムクワンバはアフリカの学校にも通えないほど貧困の無学の少年でした。

村を助けたいとの一心で、一人で廃材を使って風力発電を作り上げてしまった感動的な世界的に有名になった奇跡のお話です。

ついに映画化されました。

「ウィリアムカムクワンバとは?映画風をつかまえた少年の感の風車!」と題してまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください