ジェジュンとTOSHIの尾崎豊がヤバイ!FNS歌謡祭で圧倒!

スポンサーリンク






今日12月12日にFNS歌謡祭第2夜が放送されました。

楽しみにしていた第2夜は第1夜に続いて素晴らしいステージでした。

今日のステージは、クリスマスメドレー/ミュージカルメドレー/ちびまる子ちゃんSPメドレー/ミュージカルメドレー/平成最後のスーパーアイドルソング と続きました。

今日の聞かせどころは尾崎豊のカバー、TOSHIによる「I  LOVE YOU」とジェジュンの歌う「Forget-me-not」、圧倒的でしたね。魅了されてしまいました。

尾崎豊は平成4年に若くして突然世を去り、とてつもないカリスマ性を持ち、あまりに大きな足跡を平成の世に残しましたね。未だに尾崎豊の歌声は色褪せず残り続けています。

尾崎豊の名曲を歌った二人、TOSHIの文句なしの歌と、心に訴えかけてくるジェジュンは凄かった。

TOSHIは相変わらずの圧倒的な歌唱力でピアノ弾き語りで完全にTOSHIの世界観を作っていました。完全にTOSHIの世界観が作られていました。そして驚いたのはジェジュンの歌声、魂を震わせました。

「ジェジュンとTOSHIの尾崎豊がヤバイ!FNS歌謡祭で圧倒!」として感動を纏めてみたいと思います。

スポンサーリンク

FNS音楽祭第2夜のタイムテーブル

■クリスマスメドレー
E-girls、Kis-My-Ft2、King & Prince、ジェジュン、城田優、Sexy Zone、DEAN FUJIOKA、Dream Ami、乃木坂46

■ミュージカルメドレー
『ジャージー・ボーイズ』(中川晃教、中河内雅貴、矢崎広、福井晶一)
『プリシラ』(山崎育三郎、ユナク、陣内孝則、DIVA)
池森秀一(DEEN)、大塚愛、CHEMISTRY、DAIGO、
ナオト・インティライミ、乃木坂46、三浦大知、WANIMA

■ちびまる子ちゃんSPメドレー
TARAKO、爆チュー問題、B.B.クィーンズ、
鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)
aiko、E-girls、NGT48、KAT-TUN、
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、Dream Ami、
V6、Mrs. GREEN APPLE、モーニング娘。’18

■ミュージカルメドレー
生田絵梨花、神田沙也加、城田優
中川晃教、新妻聖子、濱田めぐみ、平野綾
King & Prince、劇団4ドル50セント、Superfly、
Sexy Zone、DEAN FUJIOKA、Mrs. GREEN APPLE、
ももいろクローバーZ、山崎育三郎

■平成最後のスーパーアイドルソング
AKB48、乃木坂46、欅坂46、IZ*ONE
Kis-My-Ft2、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、
ジェジュン、ジェニーハイ、GENERATIONS from EXILE TRIBE、
Toshl、西野カナ、フェアリーズ、星野 源、三浦大知、
吉本坂46、和田アキ子

圧倒的なTOSHIのI love you

ジェジュンとTOSHIの尾崎豊歌がヤバイです。FNS音楽祭で圧倒的な歌で感動しました。

さすがはTOSHIさんですね。圧倒的な歌唱力ですね。もはや尾崎豊の I LOVE YOU ではなくてTOSHIの I LOVE YOUになっています。さすが!

驚いたのはその次にに歌ったジェジュンの「Forget-me-not」は物凄かったですね。TOSHIの歌声に全く負けない魂の歌声でした。

ジェジュンはこんなに歌がうまかったのかと驚かされました。

いかがでしょう、魂の入り方は何ともすさまじいですね。ヤバイほどの上手さ。

ツイッターにも驚きの声がたくさん寄せられています。

あまりにも圧倒的な歌、今夜私的にはFNS歌謡祭で最も心が震えた瞬間でした。

ジェジュンのプロフィール

生誕      1986年1月26日(32歳)
韓国      忠清南道公州市
出身地  韓国 ・ソウル
学歴   慶煕サイバー大学校 情報通信学科
ジャンル K-POP、J-POP、R&B
職業   歌手、作詞家、作曲家、編曲家、俳優、デザイナー、舞台監督

2004年1月、東方神起としてシングル「HUG」でデビュー。

2005年4月、日本でシングル「Stay With Me Tonight」でデビュー。

2008年芸能活動のため休学していた高校から河南高等学校に編入し卒業。

2009年、ユチョンやジュンスと韓国の化粧品ブランドCreBeauを運営する会社の中国法人に投資し、韓国ソウル市で同ブランドの販売代理店の運営も始める。

2009年7月、同じ東方神起のメンバーであったパク・ユチョン、キム・ジュンスとともに、SMエンターテイメントに対し専属契約効力停止の仮処分申請を裁判所に提出。

2010年4月新たに会社を設立し、パク・ユチョン、キム・ジュンスとJYJを結成。

2011年、JYJワールドツアーコンサートのアジア地域で開催された公演の総監督を務め、音楽、振付、舞台効果、音響、照明、衣装などすべてを演出した。この実績を評価され、6月11日 – 12日に韓国の高麗大学ファジョン体育館特設ステージで開催された新体操選手ソン・ヨンジェの初ガラショー「LG Whisen Rhythmic All Stars 2011」の舞台監督として音楽の選定および編曲、舞台効果、振り付け、衣装スタイリングの演出を行った。

2012年11月28日、JYJとSMエンターテイメントは、双方が締結したすべての契約を2009年7月31日に終了し、これに関するすべての訴訟を取り下げ、今後の活動に干渉しないという合意をして和解が成立した。

2013年1月17日、初ソロミニアルバム、収録曲「ONE KISS」は音源発売当日に5カ国のiTunes総合TOP、9カ国のロックチャートでTOP。

2015年3月兵役のため芸能活動を休止、2016年12月30日に除隊。

2017年1月から4月にかけて除隊後初となるコンサート・ツアー『2017 KIM JAEJOONG ASIA TOUR “The REBIRTH of J”』を行った。同ツアーは1月のソウルを皮切りに、横浜、大阪、名古屋、埼玉などの日本を経て、香港、タイ、マカオ、台湾まで9つの都市で13万人を動員し、ジェジュンの高い人気を証明した。

2017年中頃に日本で個人事務所「JB’s」を立ち上げて、芸能事務所「ケイダッシュ」からサポートを受けるようになる。以降日本での活動がおよそ8年ぶりに本格化、12月1日にはジェジュン単独の日本公式ファンクラブ「JAEFANS」がオープンする。

2018年2月より日本でのソロ活動を開始。3月フジテレビ「痛快TVスカッとジャパン」で再現ドラマに出演し、コンビニ店員とパティシエ役を演じた。また出演中のウェブバラエティ「フォトピープル写真展-Le Premier Pas」が池袋で開催された。

元東方神起のメンバー。歌手のみならず作詞家、作曲家、編曲家、俳優、デザイナー、舞台監督に活躍する才能あふれる方ですね。

尾崎豊の歌はヤバイほど感動させられました。

まとめ

平成の時代に大きな足跡を残した尾崎豊の名曲。

FNS歌謡祭でジェジュンとTOSHIが歌う尾崎豊歌の名曲がヤバイほどの上手さで、FNS歌謡祭で圧倒させられました。

TOSHIの上手さはさすがの上手さで、ジェジュンの魂の入った歌は圧倒的でした。

「ジェジュンとTOSHIの尾崎豊がヤバイ!FNS歌謡祭で圧倒!」としてまとめてみましたが如何でしたでしょうか。

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください