この世界の片隅にの音楽は、あの久石譲!。経歴と思想

スポンサーリンク








久石譲さんはジブリの映画を初めとして、心を包み込む素敵な旋律で数々の魅力的な作品を世に送り出してきました。

その久石譲さんはどんな経歴なのでしょうか。

どんな人物なのでしょうか。

どんな作品があるのでしょうか。

この世界の片隅にの音楽は、あの久石譲!。経歴と思想 としてまております、

経歴

久石さんは 1950年12月6日生まれ、長野県中野市のご出身です。

4歳の時からヴァイオリンを習い始めました。

 

幼ない頃から映画に親しまれていたようです。高校教師の父の補導の担当場所が映画館だったこともあって、父に連れられ、年間約300本もの映画を4年続けて見られたそうです。

対談で次のようなコメントを述べていらっしゃいます。

「今まで、映画音楽はどうしたら書けるのかと悩んだことがありませんでした。小さいときから多くの映画を見てきたという蓄積があったおかげで、シーンに合わせて自然に音楽が生みだせるようになった気がします。」

 

中学では吹奏楽部でトランペットを吹いていました。

この頃から、演奏よりも部活用の譜面を書き、聴いてもらえる方に喜びを感じるようになり、作曲家を志すようになられたそうです。

 

長野県須坂高校に入ると本格的に作曲の勉強に精を出し、月に2回東京に通いレッスンを受けています。

高校を卒業すると、国立音楽大学作曲科に入学されました。

在学中よりコンサートへ楽曲提供を提供したりプロデュースを行っています。

20歳の時にミニマル・ミュージックという現代音楽の手法に影響を受け、現代音楽の作曲家として活動を開始しています。

 

お茶の間に登場されたのは、1974年のテレビアニメ『はじめ人間ギャートルズ』。

音楽を本名の藤澤守で担当されています。

 

そう、久石譲という名前は本名ではありません。大学時代、当時活躍していたクインシー・ジョーンズの名前をもじったのだそうです。

クインシー。ジョーンズはアメリカのジャズ・ミュージシャンであり、音楽プロデューサー、作曲家、編曲家です。映画音楽では「ゲッタウエイ」や「カラーパープル」などを作曲されています。

 

久石さんは1975年には日本フィルハーモニー交響楽団のコンサート用に、映画音楽を数多くオーケストラ用に編曲しています。

 

1981年に、ミニマル・ミュージックのアルバム『MKWAJU』をリリースし、舞台用に作曲された『近代能楽集』とともに、日本のミニマル・ミュージックの先駆的作品となりました。

 

1982年に自身の事務所となる「ワンダーシティ」が設立され代表取締役に妻の藤澤文女さんが就任、本格的なソロアーティストとしての活動を開始します。

 

一躍久石さんの名前を有名にしたのは、1984年に、宮崎駿監督による『風の谷のナウシカ』の音楽を担当したことからです。

実は当初、細野晴臣が手掛ける予定だったのですが、宮崎駿と高畑勲は映画のイメージと合わないと採用せず、イメージアルバムを手掛けた久石譲が本編に起用されることとなったのでした。

宮崎駿作品では、『風の谷のナウシカ』から『風立ちぬ』まで実に29年間すべての長編アニメーション映画の音楽担当されています。

宮崎作品以外でも久石さんの映画音楽界で数多くの作品を色彩豊な旋律で映画を一段と美しく彩りました。

 

北野武監督作品でも、『あの夏、いちばん静かな海。』から『Dolls』までの7作品の音楽を担当されています。

 

1992年から3年連続で日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞されています。

宮崎作品では、海外で沢山の音楽賞を受賞され国際的にも名前が知れ渡りました。

久石譲はひっぱりだこで、実に多くの心に残る映画音楽やドラマ音楽を作られました。スペシャル大河「坂の上の雲」など本当に心にいつまでも響きが残る印象的な音楽を作られました。

スポンサーリンク

久石さんの考え方

久石さんは、ご自分の携わる映画では久石さん自身が「ここに入れる」と、責任をもって音楽決められています。

それは当然の事のようで、実は今そうではない作品が多くなっており、中途半端な感じの作品ばかりになっているとか。

特に最近のハリウッドでは、この十数年間、記憶に残る映画音楽がほとんどなくなってきており、それは音楽に対して作曲家がコントロールできなくなったからだとか。

映像と音楽は密接ですが、音楽作品としてのトータルの力がなくなっており、映画音楽はこれからどんどん衰退していくだろうとと憂えていらっしゃいます。

 

そして語っています。

「ハリウッド映画をしっかり見る人が減っている、CDを聴く人間も映画を観る人間も減っている。何をやっているのだ?と思えてくる。何のために楽しみを得てるのかが、わからない状況。しかし、そこをちゃんと見極めないといけない時代に入っているのですが、答えは見つかりづらいですね。」と。

 

音楽が簡単に手に入る現代の時代に対する危機感を語られています。

便利になるということと、そうじゃないことをちゃんと分けていかないと、非常に厳しいと思っています。音楽がなぜ売れなくなったかといえば、「情報」になってしまったからです。コンピュータで聞いても、メロディは覚えられるかもしれないけど、そこに感動なんてありません。すべて情報化してしまうからです。今、情報が大事なんて言うのは、とんでもない大ウソです。情報化するところにクリエイティブなんてないんですよ。

情報化するということは、怖いことなのです。みんなiPhoneでちょっと聴いて「こういう曲ね」とわかった気になっています。それはまずいしょう。メロディは覚えられても、そこで「ああ、いいな。涙がでるな」なんてものはありません。やはり自分の家でしっかり聴くなりして努力しないと、感動は得られないでしょう。

 

音楽は心と心が直接響きあうもの。言葉を超えたコミュニケーションであるのが根源ではないでしょうか。

 

根本的なモノづえんくりの姿勢として次のような言葉を語られています。

人との関係性でしかものを見られなくなっている人に対して、もうちょっと賢くなろうよ、と思っています。たとえば音楽を志すなら、音楽でどれだけいいものを作るか、映画の世界に入るのなら、映画でどれだけいいことができるか。隣の人間や、上司の顔色をうかがうあのではなく、自分が勉強すればいいんですよ。そこを失って、すべて人との関係性でしかものを測れないのは、人間としてあまりにも貧しいですよね。つまり、音楽をやっているならば、音楽業界でどう生きていくのか、ということを考えるのではなく、自分が考えるいい音楽とは何なのかを追求し、勉強していくべきだと思うのです。

 

久石さんはどんなふうに作品を生み出されているのでしょうか。

参考になる音楽を集める等は基本的にはほとんどしませんね。むしろ考えるだけです。こちらのイマジネーションがどこまで出てくるのかが問題で、そちらのほうが大事。それにはすごく時間をかけます。楽器を弾くなど、いろいろしている中で、ふっと浮かぶヒントをひたすら待ちます。釣りをしているようなものかもしれません。

仕事がいくつも立て込んでいて、作品作りが同時に進行していますから、合間合間にひらめくという感じです。とにかく考える時間を長く取りたいなと、いつも思っています。書き始めたら非常に早いというのがありますので。

 

角川ONEテーマ21から出版された本、「感動をつくれますか? 」で心に残る言葉を書かれています。

作曲家としてもっともプライオリティをおいていることは何ですか?と問われたら迷わず、「とにかく曲を書き続けること」と答えるそうです。

作曲家の基本命題は、「いい曲をつくる」ことだ。コンスタントにあるレベル以上の曲を沢山作り続けていくためには、そのとき時の自分の気持ちに依存しないことだと僕は考えている。

頑張ろうとすれば、夕食抜きでぶっ通しでもできる。朝までやることもできる。しかし、それをやってしまうと過度な負担をかけることで、翌日の効率が確実に落ちる。マラソンランナーと一緒で、長距離を走りぬくには、ペースを崩さないこと。

 

最近いろんな人と話していて思うのは、結局いかに多くのものを観て、聴いて、読んでいるかが大切だということだ。

 

想像力の源である感性は、その土台になっているのは自分の中の知識や経験の蓄積だ。そのストックを、絶対量を増やしていくことが、自分のキャパシティ(受容力)を広げることにつながる。

 

そのインプットの一環として、『冬のソナタ』をご覧になった時の感想も大変興味深いものでした。

ドラマもストーリーも音楽のメロディーも、通俗的すぎるぐらいのほうがインパクトが強いことがある。作り手がへんに気取っているようなものは、人間味が感じられず結構つまらないものになりやすい。

あざとくても、下世話でも、そういうものが求められているならば、堂々とやりきってしまうほうがいい。

ドラマ この世界の片隅で

この巨匠が、7月から始まる日曜劇場「この世界の片隅で」の音楽を担当されます。

名脚本家、岡田惠和さんの言葉の世界をどんな音楽で彩ってゆかれるのか、素敵な作品となりそうです。

非常に楽しみでなりません。

まとめ

久石譲の音楽は、心に沁みこんでくる音楽で、映像とともにいつまでも心から離れません。

久石さんがどのようにこの音楽を生み出してこられるのか垣間見えました。

常にストイックに音楽の本質に軸足を置いて、非常に職人的に作り上げて行く姿がありました。

新たに始まる作品「この世界の片隅に」は大きな期待を持たせられる作品となりそうです。

この世界の片隅にの音楽は、あの久石譲!。経歴と思想

 

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください