ビオラとバイオリンの違いは?トランプ大統領が陛下に贈った名器は?

スポンサーリンク




こんにちは、ツクです。

いよいよ宮中晩餐会、トランプ大統領が天皇陛下へ素敵な贈り物を贈られましたね。

陛下が長年愛されているビオラ。

陛下もさぞやお喜びになられたことでしょう。

ビオラは外見バイオリンとそっくりですが、バイオリンとはどのように異なるのでしょうか?

ビオラはバイオリンとは音色が異なり、とても渋くて素敵な音色の楽器です。

「ビオラとバイオリンの違いは?トランプ大統領が陛下に贈った名器は?」と題してビオラという楽器について迫ってみたいと思います。

それでは早速見て参りましょう。

スポンサーリンク

ビオラとバイオリンの違いは?

ビオラとバイオリンは見た目がそっくりですが、並べてみると明らかに違います。

大きさが、バイオリンより一回り大きいのです。

オーケストラの弦楽器は、ファーストバイオリン、セカンドバイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスで構成されます。

動画で見てみるとはっきり違いがわかります。

一般的には、舞台に向かって左側がファーストバイオリン、ファーストバオオリンの奥にセカンドバイオリン、扇形に並ぶ右半分の奥にビオラ、右手前がチェロです。

チェロとビオラはオーケストラによって逆の場合もあり、NHK交響楽団などは、ビオラが客席側にいます。

下の動画はウィーンフィルですが、こちらは右側客席側がビオラです。

ウィーンフィルといえば、中谷美紀さんの結婚相手がウィーンフィルのビオラ奏者ですね!

いかができょう!

 

決定的な違いは音の高さ。

バイオリンはG(ソ)の音が最低音ですが、ビオラはさらに5音低いC(ド)の音が最低音になります。

ドからバイオリンには絶対に出すことのできない、低音の魅力的な渋い響きなのです。

ビオラの素敵な響きが聞ける曲があります。

「ビオラは歌う」槇原敬之さんの作った曲です。

いかがでしょう、日本を代表するビオリスト須田祥子さんの素敵な響きがビオラの魅力を語ってくれます。

ビオラは楽譜も異なります。

ト音記号でもなくヘ音記号でもなく、ハ音記号という見慣れぬ記号で書かれています。

ト音記号で書かれた音を一音高く読まなければならず、慣れるまでつい音を間違えてしまいます。

オーケストラの役割は、和音を作る役割を担います。

ヴォーカルを支えるコーラスのような役割です。

だからよく、オーケストラの縁の下の力持ちと言われます。

時には勿論、旋律もありますが、大抵は旋律を支える役割を担っています。

 

トランプ大統領が陛下に贈った名器は?

トランプ大統領が陛下に贈られたビオラはどんな名器なのでしょう。

弦楽器は、いい音を出すのは、腕がいいのは勿論のことですが、もうひとついい楽器であると全く音が異なります。

まさかストラディバリウスなんていうことはないと思いますが、きっとアメリカの名だたる名工が作った楽器なのでしょう。

どんな音がするのかとても気になります!

わかったら追記したいと思います。

天皇陛下はずっとこよなくビオラを愛しオーケストラでビオラを弾かれていらひたことを知って、素敵なプレゼントをされましたね!

まとめ

ビオラはバイオリンより音域が5度低く、大きさも一回り大きな楽器で、和声を作る縁の下の力持ちの役割を担う楽器です。

トランプ大統領の素敵な贈り物、どんな名器なのでしょう。

わかりましたら追記したいと思います。

「ビオラとバイオリンの違いは?トランプ大統領が陛下に贈った名器は?」と題してまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

最後までお読みくださりありがとうございました!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください