2019年1月6日部分日食|東京の時間と見え方や観測方法も

スポンサーリンク






2019年1月6日(日)の午前に部分日食が見られます。

2016年3月9日以来となる3年ぶりの部分日食です。

今年は1年に2回、12月26日にも部分日食を見ることが出来ますが、今回は平成としては最後の部分日食、ぜひこの目でしっかり見ておきたいですね。

しかも、日曜日の午前中。

お子様も一緒に、ご家族そろって天体観測ができますね!

ここ関東ではお天気も良くて、観測条件は良好のようです。

雲はあるもののお天気マーク。

「2019年1月6日部分日食|東京の時間と見え方や観測方法も」として纏めてみましたのでご参考にしてください。

スポンサーリンク

2019年1月6日の部分日食が東京で見られる時間

2019年1月6日の部分日食は、日本列島がすっぽりとおおわれており、全国各地どこからも観測できます。

部分日食の始まりから終わりまでの時間は、観測場所によって異なりますが、東京での時間は以下の通りです。

始まり 午前8時43分8秒

最大  午前10時6分0秒

終わり 午前11時36分5秒 

尚、札幌での始まりの時間は、8時46分5秒、大阪は8時40分6秒、福岡は8時38分6秒、那覇では8時50分3秒が始まりの時間です。

東京で欠ける面積は30%です。尚、北に行くほどかける面積は大きくなり、札幌では42%、大阪では26%、那覇では6%となります。

日本全国での見え方(欠け方)はこのような感じです。

 

気になる2019年1月6日のお天気は以下の通り、幸い関東は晴れの見込みです。

冬型の気圧配置となりますので、日本海側はあいにくの天気となります。。

 

 

角度的に次の通り、朝からお昼近くにかけてですので、太陽は随分上ってゆく過程にありますので、太陽がよく見える場所を確保しておく必要があります。

 

2019年1月6日部分日食 観測方法

太陽の光は大変強いものですから、直接目にするとダメージを受けますから、直接見る事はやめましょう。

海外などで直接太陽を見たため、網膜症になったりひどい場合は失明したりといった例もあるみたいですのでくれぐれも注意しましょう。

双眼鏡などを使うのは論外。失明してしまう可能性がありますので絶対にやめましょう。

観測方法その1.日食グラスを使う

過去に日食を観測した際に使用した専用の日食グラスなどがあれば事前に探しておきましょう。

100均でも買うことが出来ます。

 

観測方法その2.鏡を使う

最も簡単なのは鏡を使う方法です。

手鏡などがあればよいのですが、壁に反射させるのです。

感想方法その3.ピンホールの原理を使う

厚紙などに小さな穴を開けたものや、麦わら帽子や木漏れ日のように、細かい隙間があるものの影の中に映った太陽の光が、欠けた太陽の形になります。これは、ピンホールカメラの原理です。

 

面白いですね。次の写真では穴から出てくる光が、全て太陽の形になっています!

観測方法にはくれぐれも気を付けて安全に観測し、日食を鑑賞しましょう!

まとめ

2019年1月6日の午前中は日本中で部分日食が観測できます。

東京での始まりから終わりまでの時間、角度や欠け方など見え方をご紹介しました。

観測方法については直接太陽を見る事の内容注意してください。1.日食グラスを使う /2.鏡を使う/3.ピンホールの原理を使う方法をご紹介しました。

2019年1月6日は平成最後の部分日食、ご家族でぜひ鑑賞を楽しんではいかがでしょうか。

「2019年1月6日部分日食|東京の時間と見え方や観測方法も」と題してまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください