江戸東京たてもの園の紅葉2019の見頃やライトアップは?混雑は?

スポンサーリンク




こんにちは、ツクです。

江戸東京たてもの園は、近代化に伴い失われてゆく江戸・東京の歴史的な建物を移築保存し展示する為、東京都の都立小金井公園内に設置された野外博物館です。

建築された年代や、その建物の利用用途に合わせ、室内の展示も行われており、当時の生活が再現されています。

宮崎駿監督の映画『千と千尋の神隠し』の作画にあたり、銭湯や下町の商家建築のデザインが参考にされたことでも知られています。

このレトロな空間に秋が来れば、懐かしくも美しい、優しさに包まれたような感覚を覚えます。

間もなくこの江戸たてもの園にも訪れる紅葉シーズンに、ぜひとも訪れたいスポットです。

気になるのは、見頃やライトアップ、混雑や駐車場など。

「江戸東京たてもの園の紅葉2019の見頃やライトアップは?混雑も!」と題してまとめましたので、ご参考にしてください。

それでは、懐かしく美しい東京たてもの園の紅葉を覗いてみましょう。

スポンサーリンク

江戸東京たてもの園の概要と紅葉2019の見頃

江戸東京建物園の概要

名称     東京都江戸東京博物館分館江戸東京たてもの園

所在地    〒184-0005 東京都小金井市桜町三丁目7番1号

開園時間 4月~9月午前9時30分~午後5時30分/10月~3月:午前9時30分~午後4時30分
※入園は閉園時刻の30分前まで

休園日    毎週月曜日(月曜日が祝日または振替休日の場合は、その翌日)年末年始

入園料    一般 400円(団体320円)/65歳以上の方 200円 (団体160円)/大学生(専修・各種含む) 320円(団体 250円)/高校生・中学生(都外) 200円 (団体160円)/中学生(都内在学または在住)・小学生・未就学児童  無料

江戸東京たてもの園の紅葉2019の見頃は

江戸東京たてもの園の2019年の紅葉の見頃はいつでしょう。

例年の江戸東京たてもの園(小金井公園)の紅葉の見頃は11月下旬〜12月上旬です。

ウエザーニュースによると今年2019年の紅葉の見頃は11月24日頃からとのこと。

ほぼ例年通りのようですね。

先述の通り、江戸東京たてもの園は、失われてゆく江戸・東京の歴史的な建築物を都立小金井公園内に移築して、保存・展示する目的で作られた野外博物館です。

江戸東京たてもの園といえば、スタジオジブリが「千と千尋の神隠し」の制作にあたり「大いに参考にした場所」と公式に発表していることでも知られています。

園内は3つのゾーンに分けられています。

  • 西ゾーンは武蔵野の農家と山の手の住宅、
  • センターゾーンは格式ある歴史的建造物
  • 東ゾーンは下町の町並み

2.26事件で暗殺された時の大蔵大臣高橋是清邸なども移築されています。

これら、レトロでノスタルジックな街並みが紅葉でおおわれる姿が美しく、紅葉の見どころです。

嬉しい事に、ライトアップされ、今は存在しなくなった街並みが幻想的に浮かび上がります。

間もなくやってくる2019年の江戸東京たてもの園の見頃の紅葉が楽しみですね。

江戸東京たてもの園の紅葉とともに小金井公園の2019年の見頃の紅葉もあわせて楽しみたいですね。

ライトアップ

照明デザイナー面出薫氏の監修によるライトアップによって、美しく夕方から夜にかけて闇に浮かび上がります。

期間 11月22(金)・23(土・祝)・24(日)
時間 16:30~20:00

昨年2018年は、ライトアップとともに、インスタレーション「時空影絵」、ワークショップ「リアル影絵」や、「切り絵のランタン」展示、火のあたたかさ体験、昔のあかり体験、たてもの文様切り紙づくり(事前申し込み要)など様々な興味深い催し物が行われていました。

ライトアップされ、幻想的な雰囲気を楽しめます。

 

江戸東京建物園の駐車場と混雑

駐車場

駐車場は小金井公園にある第1駐車場(有料)のできるだけ奥に停めれば江戸東京たてもの園に近づきます。

駐車場料金 普通車 1時間まで300円(以後30分毎に100円)/バス 2時間まで2,000円(以後30分毎に500円)

駐車場は1万円札、五千円札、二千円札は使用不可のようですのでご注意ください。

紅葉シーズンの混雑は?

紅葉シーズンの混雑はどうでしょうか。江戸東京たてもの園自体はとても広い所ですのでそれほど混雑という事はありませんが、3日間限定で行われるライトアップ期間は混雑が予想されます。

混雑で駐車場に入れないという事態も想定されますので、混雑をできるだけ回避するには、ライトアップにあわせて行くのではなく、できるだけ早めに入られた方が良いでしょう。

アクセス

■地図

■電車

JR中央線・武蔵小金井駅か西武新宿線・花小金井駅から路線バスが運行しています。

■車

遠方から車で行く場合、最寄の高速道路インターチェンジ(IC)は、関越自動車道、東京外環自動車道:大泉IC/中央自動車道:調布IC   となります。

ツイッターから

ツイッターで紹介されている写真はどれも美しく興味を惹かれますね。

レトロでどこか暖かい空気感に浸れそうです。

そして次第に日が暮れ、ライトアップされた姿は何とも美しく懐かしいですね。

タイムスリップしたような不思議な気持ちにさせられそうです。

建物の横から当時の人がひょっこりと顔を表しそうな気持さえしてきます。

まとめ

紅葉スポットの中でも、小金井公園の江戸東京たてもの園の紅葉はちょっと面白いスポットです。

レトロでノスタルジックな雰囲気に浸って紅葉を楽しむことが出来ます。

様々な興味深い催しも。

何といってもライトアップが幻想的で美しいですね!

ぜひとも訪れてみたいスポットです!

「江戸東京たてもの園の紅葉2019の見頃やライトアップは?混雑も!」としてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください