箱根美術館の紅葉2019の見頃はいつ?混雑状況や駐車場も

スポンサーリンク




こんにちは、ツクです。

箱根美術館は、箱根で最も古い美術館です。

陶磁器の名品が数多く展示されていることで知られています。

縄文時代の土器から江戸時代の作品まで、様々な時代の名品が展示されています。

そして、陶磁器以外に有名かのが、箱根美術館の建っている一帯の「神仙郷」。

130種類の苔と200本のモミジが美しく、秋には一斉に色づき、紅葉の名所として知られています。

モミジの美しさに思わず息をのみ、ぜひ訪れたいスポットです。

気になるのは、紅葉の見頃や混雑、そして駐車場など。

「箱根美術館の紅葉2019の見頃はいつ?混雑状況や駐車場も」と題してまとめてみましたので宜しければご参考にしてください。

それでは、箱根美術館の美しい紅葉を覗いてみましょう。

スポンサーリンク


箱根美術館の概要と紅葉2019の見頃はいつ

箱根美術館の概要

まずは箱根美術館の概要を押さえておきましょう。

場所   神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300

営業時間 9:30~16:30(12月~3月は~16:00)最終入館は閉館30分前

入館料  大人900円/高大生400円/中学生以下無料

休業   木曜(11月は無休)

木の種類  カエデ、ヤマザクラ

箱根美術館の紅葉2019の見頃はいつ

箱根美術館の2019年の紅葉の見頃はいつ頃になるのでしょうか。

例年だと11月中旬が箱根美術館の紅葉の見頃です。

ウェザーニュースによると、11月15日頃に見頃になるとの予想。

箱根美術館箱根美術館の2019年の紅葉の見頃は例年通りに訪れそうですね。

 

箱根美術館は箱根で最も古い美術館です。

日本古陶磁器を中心に展示されているのとともに、国の登録記念物(景勝地関係)に登録された庭園があります。

この庭園に植えられている200本以上のモミジが、11月に入ると一斉に色づき始めるのです。

美しいですね。

苔庭の苔の緑と紅葉が鮮やかなコントラストを見せてくれます。

苔庭の奥には茶室があり、紅葉を眺めながら抹茶を味わえます。

11月中は無休で開館し、通常非公開の奥庭を特別公開されます。

紅葉祭り

日程  2019年11月9日(土)、10日(日)
内容  琉球舞踊や琵琶演奏(予定)/茶席【問合せ先:箱根美術館0460-82-2623】など

 

箱根美術館の混雑状況や駐車場

駐車場

駐車場利用時間  9:00~17:00
駐車場料金    無料
駐車台数    100台

紅葉シーズンの混雑状況は

紅葉の人気スポットですのでやはり混雑は避けられません。

特に土日や祝日が混雑しやすくなります。混雑する時間帯は、11時~15時頃がピークになりますので混雑を避けるにやはり早く行くか、可能なら平日に行くのが良いでしょう。

又チケット売り場が混雑しますので、事前にチケットはJTBなどで購入しておきましょう。

アクセス

■地図

■車

西湘バイパス箱根口ICから国道1号を経由し、国道138号を強羅方面へ車で11km(40分)。

■電車&ケーブルカー

箱根登山鉄道強羅駅から箱根登山ケーブルカーで5分、公園上駅下車すぐ

ツイッターから

ツイッターに投稿されている紅葉の画像は本当に美しいですね。

日本庭園にはやはり真っ赤なモミジが良く似合います。

鮮やかな赤が目に沁みます。

そして秋晴の青空には紅葉が美しく映えます。

地面に降り積もった真っ赤な絨毯が美しいですね。

まとめ

間もなくやってくる箱根美術館の紅葉の見頃。

ぜひ見に行きたいですね。

「箱根美術館の紅葉2019の見頃はいつ?混雑状況や駐車場も」としてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください