花貫渓谷の紅葉2019のライトアップと見頃は?混雑や駐車場も

スポンサーリンク




こんにちは、ツクです。

花貫渓谷は、茨城県高萩市にあり、花貫ダムから名馬里ヶ淵、小滝沢キャンプ場にかけて美しい景観が続いています。

紅葉時期、 最も有名なのは渓谷にかかる長さ約60mの汐見滝吊り橋からの眺めです。

川沿いに茂るあざやかに色づいた左右からトンネルをつくり、華やかな景観が多くの人々を集めます。

四季を通じて美しい花貫渓谷、特に秋にはぜひとも訪れたいスポットです。

気になるのは見頃や混雑、それに駐車場など。

「花貫渓谷の紅葉2019のライトアップと見頃は?混雑や駐車場も」と題してまとめてみましたのでよろしければ参考にして下さい。

それでは花貫渓谷の美しい紅葉を覗いてみましょう。

スポンサーリンク

花貫渓谷の紅葉の概要と2019年の見頃

花貫渓谷の概要

まずは概要を押さえておきましょう。

名称   花貫渓谷

場所   茨城県高萩市中戸川・大能地区

木の種類    モミジ、ヤマザクラ、クヌギ、ナラ、イチョウ

おすすめ    汐見滝吊り橋周辺

お問合せ    0293-23-2121 高萩市観光協会

花貫渓谷の紅葉2019の見頃は

気になる花貫渓谷の今年2019年の紅葉の見頃はいつ頃でしょうか。

例年では花貫渓谷の紅葉の見頃は11月中旬から11月下旬。

2019年の見頃は、ウェザーニュースで10月7日時点の予報をみたところ、花貫渓谷の紅葉の見頃は11月20日頃からとの予想されていました。

少し遅めですね。

花貫渓谷は、花貫ダムから名馬里ヶ淵(なめりがふち)、小滝沢キャンプ場にかけて、美しい景観が続きます。

見所は何といっても花貫川に架かる長さ約60mの汐見滝吊り橋です。

覆いかぶさる様に、モミジの葉が連なる姿は圧巻です。

見事な紅葉のトンネルが迎えてくれます。

また、橋からは橋の名前にもなっている汐見滝を眼下に望むことができます。

ハイキングコースも整備され美しい見頃の紅葉を味わうことができます。

間もなく訪れる花貫渓谷の2019年見頃の紅葉が楽しみです。

ライトアップ

毎年花貫紅葉祭りが開催され、夜はライトアップで幻想的な世界を見せてくれます。

お祭りの開催期間  11月1日(金)~12月1日(日)まで

ライトアップの時間 日没から19:00

ライトアップの場所 汐見滝吊り橋周辺

ライトアップされた汐見吊り橋は美しいでしょうね。試験的に導入されるライトアップはぜひ見たいところです。

花貫渓谷の紅葉シーズンの混雑や駐車場

駐車場

駐車場は二か所あります。紅葉期間中のみ有料です。

駐車場代 普通車1台500円/バス1台2000円

〇花貫駐車場 駐車台数 普通車80台

〇大能駐車場 駐車台数 普通車40台

紅葉まつり期間中は市道3085号線の一部および3086号線全線が車両通行止め

紅葉シーズンの混雑

紅葉シーズンは非常に混雑します。

渓谷を訪れる車の列で、道路は混雑、駐車場に入れず、駐車待ちのも発生することも。

やはりできるだけ早く到着するか、公共の交通機関を利用することをおススメします。

しかしバスは高萩駅~大能間のバスは、平日だけ運行し、休日は運行していない様子。

但し、期間限定ですが高萩駅⇔花貫渓谷をシャトルバスが運行されます。

所要時間35分。

運行日 2019年11月9日(土)・10日(日)・16日(土)・17日(日)

運賃  おとな600円 / こども300円

尚、高萩駅の始発は9:00、花貫渓谷からの終バスは18:00です。

30~60分おきくらいの頻度で往復しています。

アクセス

地図

■車

常磐自動車道「高萩IC」より約20分

■電車

JR常磐線「高萩駅」からタクシーで25分

※・JR高萩駅から大能行き(大能行き1本・高萩駅行き1本)は、平日のみの運行

ツイッターから

やはり花貫渓谷のベストスポットは、汐見滝吊り橋ですね。

ツイッターに寄せられている橋を囲むような紅葉は実に美しいですね。

この美し橋が今年はお祭りの期間ライトアップされ、昼間とは異なる幻想的な世界を見せてくれます。

まとめ

間もなく始まる花貫渓谷の紅葉、是非おとずれてみたいですね。

「花貫渓谷の紅葉2019のライトアップと見頃は?混雑や駐車場も」と題して纏めてみましたが、いかがでしたでしょうか。

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください