北野天満宮の紅葉2018の見頃とライトアップは?混雑や駐車場も!

スポンサーリンク








紅葉の美しい季節となりました。

天気予報でも紅葉の色づき具合の情報が発信され、日本列島紅葉の季節にはいった事を実感しますね。

ここ北野天満宮もいよいよ見頃の紅葉の季節を迎えようとしています。

北野天満宮は、京都市上京区にある神社です。天満宮は学問の神様。

祀られているのは菅原道真。右大臣菅原道真が左大臣藤原時平の讒言にあって大宰府に左遷され失意のうちに世を去り、落雷などの災害が相次いで怨霊と恐れられ祀られました。

失意の中、東風吹かばにほいおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘るそ と歌い天満宮と言えば梅の花が有名ですが、梅の花とともに菅原道真の愛したもみじが有名です。

紅葉の季節、このもみじが見事に色づき、間もなく見頃を迎えようとしています。

「北野天満宮の紅葉2018の見頃とライトアップは?混雑や駐車場も!」として纏めてみましたのでご参考にしてください。

スポンサーリンク

北野天満宮の紅葉2018の概要と見頃

■北野天満宮の紅葉2018の概要

名称             北野天満宮「史跡 御土居のもみじ苑
場所             京都府京都市上京区馬喰町
木の種類           イロハカエデ、オオモミジ
スポット           鶯橋、本殿展望所、大舞台
開苑時間           9:00~16:00 ライトアップ期間は9:00~20:00
ライトアップ期間 11月11日(土)~ 12月3日(日)
ライトアップ時間 日没~20:00
料金            入苑料(茶菓子付き) 大人800円/小人400円
お問合せ               075-461-0005

※北野天満宮だけなら料金はかかりません。もみじ苑・御土居の拝観のみ有料です。

■北野天満宮の紅葉2018の見頃

北野天満宮、2018年の紅葉の見頃はいつごろでしょうか?

例年の北野天満宮の紅葉の色づき始めは11月中旬、見頃は11月下旬~12月上旬です。

ウェザーニュースの紅葉情報を調べてみた所、北野天満宮のすぐ近くの龍安寺の2018年の紅葉の見頃は12月2日頃から、落葉は12月19日頃となっていましたので、ほぼ同じ頃の予想になるでしょう。

ただし紅葉は気温の高さによりますので、天気予報などの紅葉情報に注意してくださいね。

 

北野天満宮は天神信仰発祥の地です。日本中に天満宮は12000社もあるといわれ、その全国の総本社ここ北野天満宮です。

北野天満宮に祀られている菅原道真は、藤原氏の対抗馬として宇多天皇に取り立てられ右大臣まで出征した秀才、モミジを愛していたそうです。

そういえば百人一首に菅原道真の歌がありますね。

このたびはぬさもとりあへず手向山 もみじの錦神のまにまに

北野天満宮には沢山のモミジが植えられ紅葉の名所「もみじ苑」があり、実に約350本、中には樹齢350年から400年のものが数本あるそうです。

桃山時代に豊臣秀吉公は洛中洛外の境界、水防のための土塁「御土居」に添って神屋川が流れており、モミジの季節には落葉したモミジが川の流れを覆いつくします。

北野天満宮のモミジは実に美しいです。覆いつくしています。

まもなく2018年、北野天満宮の紅葉の見頃。2018年は平成最後の秋ですので、北野天満宮の見頃の紅葉を見ながら美しい錦秋を心にとどめておきたいですね。

北野天満宮のライトアップは?

先に書いた通りですが、北野天満宮のライトアップは

ライトアップ期間  11月11日(土)~ 12月3日(日)

ライトアップ時間  日没~20:00

もみじ苑の昼間の美しさは、特に御土居からの景色が美しい事で有名ですが、夜間のライトアップされた光景は昼間と全く違った幻想的な姿を見せてくれます。

太陽の光ではなく、下からライトアップされて浮かび上がるモミジは全く昼間と異なります。

昼間陰になっていた部分がライトアップで照らしあげられるのです。モミジを愛した菅原道真がこのライトアップされたモミジをみたらどんな歌を歌ったことでしょう。

 

北野天満宮の混雑や駐車場は

■駐車場

北野天満宮第一駐車場
駐車場     京都府京都市上京区馬喰町
駐車可能台数  300台
料金      無料(ただし参拝に必要な時間のみ)

北野天満宮第二駐車場
駐車場     京都府京都市上京区南上善寺町135
駐車可能台数  40台程度
料金      無料(ただし参拝に必要な時間のみ)

※毎月25日は縁日のため駐車できませんが、第2駐車場なら駐車できるようです。

紅葉シーズンは満車で駐車場確保が難しくなりますので、朝早く確保するようにしましょう。

或は近隣の有料駐車場を使用するか、別の場所に駐車し、公共の交通機関を使用するのも手ですね。

■北野天満宮の紅葉シーズンの混雑

北野天満宮の紅葉シーズン、見頃の時期になるほど混雑はピークとなりますが、東福寺などの名所ほどの混雑はありません。

最も混雑するのはライトアップする日没時間です。混雑を避けるには、もみじ苑の開苑する時間に入るか、日没後混雑が若干緩和した頃、19時あたりをみはからって行くのが良いかと思います。

早めに入って、日中の紅葉と夜間のライトアップをぜひお楽しみください。

アクセス

■地図

■電車

JR京都駅から市バス50・101号で北野天満宮前下車、徒歩すぐ

■車

名神高速京都南・東ICから約30分

ツイッターから

ツイッターに寄せられた北野天満宮の燃えるような紅葉は実に美しいですね。間もなく訪れる紅葉の見頃が楽しみです。昼間の紅葉と夜の紅葉は全く逆方向から照らされ、全く異なる世界を見せてくれますね。これだけのモミジ、この秋ぜひ見に行きたいですね!

まとめ

北野天満宮のモミジ苑、紅葉の美しさは見事です。ぜひ天神様の愛する紅葉を楽しんでくださいね!

「北野天満宮の紅葉2018の見頃とライトアップは?混雑や駐車場も!」として纏めてみましたがいかがでしたでしょうか?

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください