高野山金剛峯寺の紅葉2019の見頃とライトアップは?混雑はどう?

スポンサーリンク




秋風が吹けば早くも紅葉の季節ですね。

高野山は知らぬ人のない、弘法大師空海が開いたお寺。

奥の院には今も空海が生きているとされ、食事時になると空海の為に作られた食事が今でも運ばれています。

生きていれば1200歳を越えますが、本当に生きているような気持ちにさせる神秘的なお寺ですね。

修行の場として、深い山の中につくられた金剛峯寺は、紅葉の季節ともなれば、深山幽谷は美しく彩られます。

高い山の中にある古刹の紅葉は、ぜひとも目にしたいところです。

「高野山金剛峯寺の紅葉2019の見頃とライトアップは?混雑はどう?」と題してまとめました。

それでは高野山の紅葉を見て参りましょう。

スポンサーリンク

高野山金剛峯寺の概要と紅葉2019の見頃

高野山金剛峯寺の概要

名称  高野山金剛峯寺

住所  和歌山県伊都郡高野町高野山600

紅葉する木の種類 モミジ、カエデ、イチョウ
おすすめスポット 壇上伽藍 蛇腹路(じゃばらみち)

お問合せ  0736-56-2011

入場料  一般500円/小学生200円/未就学児無料。

 

高野山金剛峯寺の紅葉2019の見頃とライトアップ

高野山金剛峯寺の紅葉2019の見頃はいつでしょうか。

例年ではここ高野山金剛峯寺の紅葉の見頃は10月下旬から11月上旬に訪れます。

2019年はほぼ例年通りでしょうか。

ウエザーニュースで確認したところ、高野山金剛峯寺の紅葉は11月はじめに訪れるようです。

高野山は古くから人々の信仰を集めたところ。

厳粛な空気の立ち込める空間が、色鮮やかな紅葉で埋め尽くされます。

 

高野山は言わずと知れた弘法大師空海が開いた真言宗総本山。

周辺には100か所以上のお寺がある聖地です。

古刹と紅葉のコラボレーション、最もよく似合いますね。

 

金剛峯寺の見所は、国内最大級の石庭「蟠龍庭(ばんりゅうてい)」です。

石庭と紅葉のコントラストは見事です。

ここは、豊臣秀吉の養子秀次が、秀吉に子供が生まれたあと幽閉され、切腹したところとしても有名です。

豪華な襖絵も見所です。

そして見逃せないのが、金剛峯寺のみならず高野山の紅葉ライトアップです。

紅葉ライトアップは、10月上旬から11月中頃、17時30分からライトアップスタートです。

普段天からふりそそぐ光を浴びた紅葉を目にしますが、普段目にしない下からライトアップされた紅葉、そしてお寺の伽藍の美しさは最高のコラボです。

幻想的で圧倒的なライトアップは目にしておきたいものです。

まもなく見頃を迎える2019年の高野山金剛峯寺の紅葉 見頃が楽しみですね。

特に今年2019年は令和最初に見る姿です。

高野山金剛峯寺の最も見頃の紅葉を、心にとどめおきたいものですね。

高野山金剛峯寺の紅葉2019の混雑や駐車場は

混雑はどう?

混雑は、高野山金剛峯寺に限らす、高野山全体からみる必要がありますが、高野山は、世界遺産にも登録され観光客も増えているところ。

平日は空いていますが土日ともなると混雑します。

ただ、高野山は非常に広い為、人の多さが苦になることはありません。

しかし、特に見頃の時期を迎える頃には道路が大変混雑します。

一方で、高野山が空いている時期は紅葉のピークを少しずらした11月下旬から12月上旬になります。

高野山の紅葉が混雑している時間帯は、午前11時から13時です。

見頃の時期に高野山金剛峯寺の紅葉を、混雑を避けて見に行くなら、平日に行くかピークの時間帯にかからないように朝早く行くと良いでしょう。

駐車場

駐車場 600台収用でき 無料です。

メインの駐車場である金剛峯寺前駐車場は、紅葉のシーズンは午前9時前に満車になってしまいます。

満車になったら、奥にある中の橋駐車場(和歌山県伊都郡高野山高野町 648-0211)に行ってください。

また高野町役場駐車場臨時マップから、高野山周辺の駐車場を確認できますので、ご参照ください。

アクセス

■地図

■公共の交通機関
南海高野線 極楽橋駅下車、南海高野山ケーブルで高野山駅へ

■車
京奈和道紀北かつらぎIC下車。

ツイッターから

お寺の紅葉は美しいですね。

自然を取り込んで人が創り上げた世界。

殊にもみじが美しいです。

ライトアップで浮かび上がる紅葉は異次元の世界のよう。

幻想的な世界に浸れます。

混雑しますが、ぜひともライトアップされた紅葉は目にしておきたいですね。

まとめ

まもなく目にする高野山金剛峰寺の紅葉が楽しみです。

ぜひとも目にしておきたいスポットです。

「高野山金剛峯寺の紅葉2019の見頃とライトアップは?混雑はどう?」と題してまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください