三瓶山の紅葉2018の見頃はいつ?混雑状況や駐車場も!

スポンサーリンク








暑かった夏の記憶もすっかりと遠のき、すっかり秋の季節がやってきました。

早くも、来年のカレンダーなども並ぶようになり、残り少なくなった2018年の年を感じるようになりましたね。

高い山々は次第に色づき、紅葉のシーズン到来。大自然の美しい姿を、全身で感じて、冬の訪れの前にパワーを蓄えたいですね!!

ここ三瓶山は、島根県は出雲地方と石見地方の境界にそびえる火山。県内一の紅葉の人気スポットです。

美しく彩られた見頃の紅葉を早く目にしたいですね。

気になるのは、見頃はいつなのか。混雑は、駐車場はなど。

「三瓶山の紅葉2018の見頃はいつ?混雑状況や駐車場も!」としてまとめてみましたのでご参考にしてください。

スポンサーリンク

三瓶山の概要と2018年の紅葉の見頃はいつ?

■三瓶山の概要

所在地  島根県大田市三瓶町
問合先  0854-88-9950/大田市観光協会
料金   無料
時間   散策自由
リフト  8時30分~16時50分(山頂最終16時30分) 火曜運休(12~3月冬期休業)
休み     なし

 

三瓶山の2018年の紅葉の見頃はいつ?

三瓶山の2018年の紅葉の見頃はいつなのでしょうか? 三瓶山の例年の紅葉の見頃は10月下旬~11月上旬です。

ウェザーニュースを確認してみた所、三瓶山の2018年の紅葉の見頃は10月31日頃〜となっていましたので、例年通りかちょっと遅めでしょうか。

三瓶山は中国地方を代表する有名な火山。出雲地方と石見地方の境界にそびえ、主峰・男三瓶(1126メートル)をいただき、女三瓶(957 m)、子三瓶(961 m)、孫三瓶 (907 m)と火山の家族が火口を囲むように環になって連らなっています。

観光リフト(往復670円)で片道10分の空中散歩を楽しみながら一気に太平山の尾根まで登ることが出来ます。そこには色とりどりの紅葉の絶景が待っていますよ!

 

 

 

 

 

 

紅葉をみながら登山するのも楽しみですね!紅葉の大自然を味わいながら自然のエネルギーから元気をもらえそうです。

登山道の一部が崩落し、通行止めとなっている箇所があるようですのでご注意ください。

通行止め情三瓶山登山時の男三瓶山頂方面への経路について(一部通行止め・迂回路のお知らせ)

 

『出雲国風土記』では、三瓶山は「佐比売山(さひめやま)」の名で記されています。

佐比売山国引き神話とかかわりがあります。

国引き神話
昔、ヤツカミズオミツノノミコトが、出雲の国を見て、
「八雲立つ出雲の国は、細長い布のように小さく、
まだこれからの国だ。
どこからか国を引いてきてぬいつけなくては」 と思い立ちました。

海の向こうを見渡して、新羅という国を見てみると、国のあまりがあります。

そこで、大きなすきを手にとって、
大きな魚の身をさくように新羅の土地をぐさりと切りはなしました。

そこに、三つよりになった強い綱をかけ、
霜枯れたかづらを「くるや、くるや」とたぐり寄せるように、
また、河船を「もそろ、もそろ」と引くように、
「国来、国来」 と、言いながら、引き寄せました。

そうして、ぬいつけた国が、
杵築のみさき(日御碕から平田市小津付近)です。
このとき、引き寄せた国を固めるために立てたくいが
佐比売山(三瓶山)になり、引いた綱は、園の長浜となりました。

そのあとも、北方の国から狭田の国や闇見の国を引き寄せて、
最後に北陸の都都のみさきから、
美保のみさきの国を引き寄せました。

このとき、国を固めるために立てたくいが火神岳(鳥取県の大山)になり、
引いた綱は夜見島(弓ヶ浜)になりました。

こうして国引きを終えたヤツカミズオミツノは、
「今、国引きを終えたぞ」
と意宇の杜に杖をつきたて、「おう(おえ)」と言いました。

出典:「ふるさと読本いずも神話」より

神話の国出雲ですね。

三瓶山の山麓には、浮布池や姫逃池など、伝説を秘めた池があります。

室の内(むろのうち)

三瓶山の噴火口に、雨水や地下水がたまってできた火口湖です。ナワシロイチゴやダイセンヤナギ、レンゲツツジなどの花が見られます。

姫逃池(ひめのがいけ)

腐植物が1mも堆積している浅い池です。カキツバタやヨシ、ジュンサイなどの植物、モリアオガエルやハッチョウトンボなどの貴重な動物の繁殖地にもなっています。この池には次のような伝説があります。

むかし、むかし、その昔
三瓶山の北に長者屋敷があり長者原といっていました。長者屋敷には美しい娘「お雪」が幸せに暮らしていました。お雪には将来を約束をした若者がいました。

ところが、近くにいた山賊が、美しいお雪を「嫁にほしい」と、強引に力ずくで長者に迫ってきました。困った長者は、泣く泣く娘を手放すことにしました。

山賊は大勢の手下を連れて、お雪をもらいに長者屋敷に来ました。これを聞いた若者は勇敢にも一人で山賊に切り込みましたが、多勢に無勢では勝負にならず、ついに若者は、山賊に討たれてしまいました。

娘を捕らえようと探し回る山賊の追っ手から、お雪はこの池に逃れ、身を守るために入水し、若者の後を追ったのです。

姫逃池の、畔にある大岩は、若者が山賊に切りつけた刃先によりきれいに、二つに割れた石と伝えられ「姫逃石」と言われています。姫逃石の切れ目に小枝を落とし途中で引っかかって落ちなかったときは、恋が成就するといわれ「縁結びの石・恋占の石」になっています。

伝説の池は、姫逃池、姫野ケ池や媛沼の池とも呼ばれ毎年5~6月にカキツバタが咲きその美しさから「若者とお雪」を想い巡らすなど親しまれています。

 

浮布池(うきぬののいけ)

三瓶山の西側にある面積13万5100平方メートルの湖です。三瓶山の噴火によってできた、せき止め湖です。この湖にも伝説があり、長者の娘邇幣姫(にべひめ)が、大蛇に変身した若者に誘われ、大蛇の後を追って入水。姫の衣が白線を描いて輝き、白い布が浮かぶようになったという伝説から由来しています。

 

間もなく始まる、三瓶山の2018年の紅葉の見頃、楽しみですね。ぜひ見に行きたいですね。2018年は平成最後の年、今年の秋の三瓶山の見頃の紅葉は心にとどめておきたいですね。

三瓶山の紅葉2018の混雑状況や駐車場

■三瓶山の紅葉2018の混雑状況

三瓶山の紅葉シーズンの混雑状況はどんな具合なのでしょうか。口コミ情報などを調べてみましたが紅葉を見る為に観光客が訪れるという声はありますが、混雑状況としてほとんど耳にすることはありません。混雑状況としてはさほど気にする必要はなさそうです。混雑状況はまた判れば追記していきたいと思います。

■駐車場

登山口やリフトのある駐車場をまとめてみました。

◎三瓶温泉スキー場駐車場 (100台以上) トイレあり
観光用リフトの駐車場です。トイレあり。

◎三瓶温泉駐車場 (40台以上)トイレなし

◎三瓶温泉さんべ荘駐車場 (20台以上) トイレあり

◎西の原駐車場 (100台以上) トイレあり

◎三瓶自然館サヒメル駐車場(100台以上)トイレあり

◎国立三瓶青少年交流の家駐車場(20台以上)トイレあり

◎升ヶ峠駐車場(10台以上)トイレなし

アクセス

■地図

■電車&バス

三瓶山西の原まで/JR山陰本線「大田市駅」から徒歩1分「大田バスセンター」~石見交通バス約40分

■車

中国道三次ICから国道54号経由80km1時間30分

 

ツイッターから

神話の国、出雲の三瓶山。紅葉は美しく又古くからの火山は、神話を思わせどこかしら神秘的ですね。出雲の地はタタラの地、ぜひこの秋訪れたいスポットです!散策しているとどこかからもののけ姫や不思議な神の国の生き物ががひょっこりと現れてきそうな気がします。

まとめ

もう目の前にやってきた三瓶山の見頃の紅葉、ぜひ訪れて美しい姿を記憶にとどめておきたいですね。

「三瓶山の紅葉2018の見頃はいつ?混雑状況や駐車場も!」としてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください