静岡寸又峡の紅葉2019の見頃はいつ?混雑状況や駐車場も!

スポンサーリンク




こんにちは、ツクです。

寸又峡(すまたきょう)は静岡県中部、川根本町にあり、大井川支流の寸又川の峡谷です。

全長16kmにわたる峡谷です。。

数ある紅葉の名所の中でも、ここ静岡の寸又橋の景観は美しく、オススメしたい所です。

エメラルドグリーンの川面の上にかかる、長さ90mにわたる長い吊り橋と紅葉のコラボレーション。

実に絵になる光景です。

美しい吊り橋はその名前も「夢の吊り橋」。

吊り橋を渡れば一面の紅葉に囲まれ、眼科には不思議なエメラルドグリーンが広がります。

気になるのは、見頃や混雑や、駐車場など、

「静岡寸又峡の紅葉2019の見頃はいつ?混雑状況や駐車場も!」と題してまとめてみましたので、ご参考にしてください。

それでは早速寸又峡の紅葉を覗いてみましょう。

スポンサーリンク

静岡寸又峡の概要と紅葉2019の見頃

静岡寸又峡の概要

名称        寸又峡

住所                        静岡県榛原郡川根本町千頭

紅葉する木の種類  カエデ、ブナ、ナラ

おすすめスポット  夢の吊橋

お問合せ                 0547-59-2746 川根本町まちづくり観光協会/0547-58-7077 川根本町 観光商工課

寸又峡もみじ祭リと寸又峡和紙のあかり展         10月15日(火)~10月29日(火)

問合せ先                        川根本町まちづくり観光協会0547-59-2746

 

静岡寸又峡の紅葉2019の見頃は?

静岡寸又峡の2019年の紅葉の見頃はいつ頃でしょうか?

例年の静岡寸又峡の紅葉の見頃は11月上旬~11月下旬です。

2019年の紅葉の見頃は例年通りか、やや遅めくらいのようです。

 

寸又峡といえばなんといっても、「夢の吊り橋」です。

高所恐怖症の方にはちょっと怖いかもしれないですね。

しかしこの吊り橋、大変美しいです。

大井川支流の渓谷、エメラルドグリーンの湖面、色づいた木々、そして川の上にかかった吊り橋。

見事な眺めです。

 

「夢の吊り橋」は、長さが90mあり、湖の上から紅葉に染まった絶景を楽しむことが出来ます。

思い切って吊り橋を渡ってみましょう。

この橋は、2012年に「死ぬまでに一度は渡ってみたい世界の徒歩吊り橋10選」に選ばれ、人気に拍車がかかったのだそうです。

一度に通れる人数は10人に制限され、混雑期には一方通行となります。

 

夢の吊り橋の名前の由来は、”夢に出そうな幻想的な橋”という意味の他に、”渡るのが怖くて夢に見そうな橋”という意味合いもあるのだそうです。

 

紅葉シーズンには色々なイベントが行われています。

10月15日~29日まで 寸又峡温泉和紙のあかり展が行われています。

和紙を使ったあかりが、旅館のロビーや歩道に置かれて、温泉街の夜を幻想的に浮かび上がらせています。


10月26日(土)19時30分には 奥大井もみじ祭 が開催されます(雨天順延)。

寸又峡イベント広場での赤石太鼓の競演などが行われます。

静岡寸又峡の混雑状況や駐車場

駐車場

寸又峡温泉街に無料駐車場と有料駐車場があります。

寸又峡温泉街入口駐車場(第1~5)
料金   普段は無料ですが 紅葉シーズンなどの繁忙期は500円
収容台数 計800台

お茶の長島園駐車場
料金   無料(時期により有料)
収容台数 10台

 

混雑

混雑状況はどうなのでしょうか?

人気にある紅葉スポットですので、紅葉期間の混雑は避けられません。できるだけ混雑を避けるためには早朝に到着するようにしてください。

遅くなると、混雑で駐車場も満車になってしまい、臨時の遠い駐車場へ停める事になります。

紅葉シーズンの混雑はある程度覚悟ですね。

 

アクセス

■地図

■電車

(寸又峡温泉)大井川鉄道大井川本線千頭駅から寸又峡行きバスで約40分、寸又峡温泉すぐ

■車

東名高速道路静岡ICから国道362号経由で約120分、新東名高速道路島田金谷ICから国道473号経由で約100分

 

ツイッターから

 

寸又峡の美しさは格別ですね。

エメラルドグリーンの湖と紅葉と吊り橋がまるで物語の世界のようです。

紅葉時期にはぜひとも訪れたい絶景のスポット、吊り橋の上からエメラルドグリーンの湖の周りが美しい紅葉に覆われる絶景を眺めてみたいですね。

まとめ

静岡県では紅葉シーズン一番の人気スポットです。

間もなく訪れる静岡寸又峡の2019年の紅葉の見頃が楽しみです。

「静岡寸又峡の紅葉2019の見頃はいつ?混雑状況や駐車場も!」と題してまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください