富山称名滝の紅葉2019の見頃は?混雑状況や駐車場も

スポンサーリンク




こんにちは、ツクです。

称名滝は立山連峰を源流として、弥陀ケ原台地から一気に350mもの落差を4段かけて流れ落ちる、迫力ある滝です。

1段目が70m、2段目が58m、3段目が96m、4段目が126m。

段差が美しい景観となっています。

名前の由来は、法然上人がその昔、滝の流れ落ちる轟音を「南無阿弥陀仏」と称名念仏に聞こえたところから、称名滝と名付けられたとか。

圧倒的な自然の力を感じさせる、神聖な滝と静かな紅葉は、非常に相性が良いですね。

訪れてみたいスポットですが、気になるのは見頃の時期や、混雑、駐車場など。

「富山称名滝の紅葉2019の見頃は?混雑状況や駐車場も!」と題してまとめてみましたのでご参考としてください。

それでは早速称名滝の紅葉を覗いてみましょう。

スポンサーリンク

富山称名滝の概要と紅葉2019の見頃

富山称名滝の概要

所在地  富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外11国有林

料金   無料

時間   ゲートの開門7:00~18:00

休み   なし(散策自由)

紅葉の種類  ナナカマド、ミネカエデ

ライトアップ なし

絶景ポイント 滝見台園地

問合先     076-462-1001/立山町観光協会

富山称名滝の紅葉2019の見頃は

富山称名滝、2019年の紅葉の見頃はいつ頃なのでしょうか?

ここ富称名滝の例年の紅葉の見頃時期は10月下旬から11月上旬です。

今年2019年もほぼ例年通りに紅葉の見頃がやってきそうです。

ここ称名滝は、日本一の落差を誇る滝として有名です。

国の名勝・天然記念物として指定されており、落差は日本一の350m!

その落差を、70m、58m、96m、126mの4段に分かれて落ちていく様は、表情豊かで美しく迫力満点です。

滝の迫力と静かな紅葉の美しさは相性がいいですね。

2019年の紅葉が最も見頃の時期に、この圧倒的な美しさと迫力の富山称名滝の姿を心にとどめておきたいですね。

彩る木々は、ブナやナナカマド、ヤマブドウ。

がこの美しい滝を彩り、美しい風景を見せてくれます。

 

称名滝の音に耳をすませば、法然上人が聞いた「南無阿弥陀仏」の声は聞こえてくるでしょうか。

 

自然豊かなこの地は、平成24年(2012)には、「立山弥陀ケ原・大日平」がラムサール条約湿地に登録されています。

この雄大な富山称名滝の紅葉、2019年の見頃の時期にぜひ訪れてみたいですね。

富山称名滝の紅葉2018の混雑状況や駐車場

■駐車場

称名滝の駐車場は4つあり、合計247台の車を駐車場に停めることが出来ます。

押さえておきたいことは、駐車場から滝までかなり距離がある事です。駐車場から称名滝展望台まで30分位は歩かなければなりません。坂道もあってちょっとしたハイキングコースですのでそれなりの心づもりでお出かけください。

駐車場からすぐのところに「レストハウス 称名」がありますが、有りがたい事にそこでを貸してくれます。

■混雑状況

混雑状況はどうなのでしょうか。紅葉シーズンの混雑状況、やはり大勢の方が訪れますので混雑を避ける事はできません。

紅葉シーズンはどうしても混雑してしまいますので、駐車場も満車となり、称名滝へ向かう道が渋滞することも。駐車場までたどり着けず諦めてUターンしたというような混雑状況の口コミも耳にします。

この混雑状況をくぐりぬけるには、やはり土日を避ける、朝早く到着するしかないでしょう。

尚お手洗いは称名滝展望台の付近にもありますが、駐車場でも済ませておいた方が良いでしょう。

紅葉シーズンの混雑状況、多かれ少なかれどこも同じですね。

アクセス

■地図

■バス 

富山地鉄立山駅→立山黒部貫光バス称名滝行きで15分、終点下車、徒歩30分

■車

北陸道立山ICから県道6号経由32km1時間30

 

ツイッターから

富山称名滝の紅葉の画像は本当に美しいですね。

滝に紅葉は実によく似合います。

特にこの称名滝は高い落差から何段かをかけて水が流れ落ちていく様は圧巻。

そこに紅葉の静かな美しさとのハーモニーをぜひ楽しんでくださいね。

駐車場からちょっと距離がありますが、この絶景を見た瞬間、疲れも吹き飛んでしまいます。

まとめ

富山称名滝の紅葉は、この秋ぜひ見に行きたい絶景スポットです!

「富山称名滝の紅葉2018の見頃は?混雑状況や駐車場も!」としてまとめましたがいかがでしたでしょうか?

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください