台風5号の進路予想と天気予報は?参院選挙の結果にどんな影響?

スポンサーリンク




こんにちは、ツクです!

台風5号が日本海側を進んでいますが、幸い日本列島から少し離れ、直撃する事はありませんでした。

しかし日本海を北上しています。

台風は進行方向に向かって右側の方が、雨風は強くなりますので既に五島列島や対馬では警戒レベル最大まで引き上げられました。

水害の被害がとても心配です。

どうか危険地域にいらっしゃる方は、早めに避難されますように。。

そしてちょうど今年2019年の参議院選挙は、この台風の影響をもろに受けている日にぶつかりそうです。

選挙の結果へ台風がどんな影響を与えるのでしょうか。気になります。

「台風5号の進路予想と天気予報は?参院選挙の結果にどんな影響?」と題して迫ってみたいと思います。

それでは進めて参りましょう!

スポンサーリンク

台風5号の進路予想と天気予報は?

台風5号は日本海側を進んでいます。

現在朝鮮半島に向かって進んでおり。日曜日は、丁度朝鮮半島上あたり。

梅雨の雲と台風が相まって、土日は大変な雨量をもたらす様子で、選挙へ気象災害がとても心配です。特に日本海側は大荒れの天気となっていそうですね。

どうか、警報が出ましたら一刻も早く逃げるようにしてくださいね。

五島と対馬に最大級の警戒レベルの警報が出されました。

テレビの映像では物凄い量の雨が降り、雨水が地面の上に溢れており五島列島の学校のグラウンドが海にようになっていました。

どうかご無事でありますことを祈っております。

現在は五島列島近辺に停滞していますが、今後西に移動していくと思われますので他の地域の方もどうかくれぐれも注意なさってくださいね。

参院選挙の結果にどんな影響?

大変な気象条件になってきましたが、本当に大変な日が選挙の当たってしまったようです。

ただでさえも低い投票率、確実に選挙に出掛ける方の出足に影響が出てしまいますね。

西の方程雨の確立が高い様子、どんな結果がでるのでしょうか。

一般的に転機と投票率の関係は曇りは上がり晴れると下がるそうです。

しかし雨風ともなると下がる事は必至。

投票率が低いほど組織票の力が強くなって保守有利となるのでしょうね。

 

ニュースでも保守の過半数獲得が濃厚のようですが、どこの政党に入れるか決めかねている無党派層の方々の動きによっては思わぬ作用もあり得ますが、この気象条件の下では、組織票の多い与党有利でしょうか。

選挙日のお天気は東に向かうほど天気はまだ崩れていませんので、どんな結果となるのか注目されるところです。

まとめ

選挙の日は天気が崩れる事はほとんどないそうですが、今年の参院選は珍しく台風が上陸しないまでも雨を多く降らせそうな様子で、投票率は落ち込みそうです。

投票率が下がれば組織票が強いのではないかと想像されますので、今年の天気は保守政党に有利に働きそうです。

いずれにせよ投票率によりますのでどんな結果となるのか興味深く結果を見守りたいと思います。

選挙は投票者が主役、ぜひ選挙には行きましょう!

「台風5号の進路予想と天気予報は?参院選挙の結果にどんな影響?」と題して纏めてみましたがいかがでしたでしょうか?

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください