ふたご座流星群2018東京から見える方角や時間・美しく見える場所は?

スポンサーリンク






今年もふたご座流星群の時期がやってきましたね!

2018年のふたご座流星群は、12月13日(木)の夜と14日(金)の夜に最も多く現れ、14日(金)の21時頃には、活動が最も活発になる「極大」を迎えます。

14日は朝まで星をたくさん浴びることが出来そうです!

それと今年は絶好の観測条件が整っています。

東京では、星を見えにくくする月明かりが、月の入りでなくなるのが13日は21時42分、14日は22時37分となり、そのあとは沢山の流星を見るチャンスです!

空の暗い所では1時間あたり、40個も流星を見ることができるとか。

今年のふたご座流星群、沢山の流星をみつけることができそうですね。
いくつみつけることができるでしょうか。

「ふたご座流星群2018東京から見える方角や時間・美しく見える場所は?」としてまとめてみました。

よろしければご参考にしてください。

スポンサーリンク

ふたご座流星群は最も沢山流星をみることが出来る!

ふたご座流星群は、1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と共に「三大流星群」のひとつ。

一年に三回訪れるロマンチックな天体ショーです。

しかも三大流星群の中でも、観測できる流星の数は最大です。

 

流星群を生み出した母天体がわかっています。小惑星ファエトン。

かつては氷や塵などが太陽に近づくにつれて尾の伸びる彗星でしたが、今ではガスやチリを出し尽くしてしまった天体です。

フェアトンが残したガスや塵がふたご座流星群として、天体ショーを魅せてくれます!

 

国立天文台がツィートを発信しています!

ウエザーニュースからはライブが見られるようですよ!

クライマックスは極大を迎える12月14日(金)。月の入りの22時30分過ぎから沢山の流星が流れます!

 

ふたご座流星群の方角は?

ふたご座流星群が見える方角はどちらでしょうか?

ふたご座流星群の放射点はふたご座のカストルの付近ですが、流星は空一面に出現してくれます。

ですからどちらの方角を見てもかいませんよ!

観測するスポット選びは、空が広く見渡せて、明かりなどが視界に入らない方角を見るようにしましょう!

本格的に天体観測する場合の鑑賞スポット

本格的に鑑賞したいと場合、おススメの鑑賞スポットをいくつかあげておきますね。

鑑賞スポットその1 東浪見海岸(東浪見の鳥居)

住所:千葉県一宮町

鑑賞スポットその2 印旛沼

千葉県印西市師戸 県立印旛沼公園

鑑賞スポットその3 九十九里浜

千葉県山武郡九十九里町不動堂 九十九里浜ビーチタワー付近

鑑賞スポットその4 赤城山

群馬県前橋市富士見町赤城山

鑑賞スポットその5 堂平山天文台

埼玉県ときがわ町大字大野1853

鑑賞スポットその6 ヤビツ峠

神奈川県神奈川県秦野市寺山

まとめ

「ふたご座流星群」は三大流星群の中でも最も沢山の流星をみることが出来ます。

さらに今年は月の入り後、真っ暗な夜空に沢山の流星を観測できるチャンスです。

東京の夜空で見える方角は、全方位にわたりますので、光が目に入らない暗い方角に目を向け観測しましょう。

観測時間は月の入り後、12月13日が21時42分以降、14日は22時37分です。14日(金)の21時頃には、活動が最も活発になる「極大」を迎えますので14日が最大のチャンスです。

天気は13日はあいにくの空模様も、次第に晴れ、極大を迎える14日は降水確率0%で大きな観測チャンスです!

「ふたご座流星群2018東京から見える方角や時間や鑑賞スポットは?」としてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください