半田市矢作川の彼岸花の2018の見頃は?混雑や駐車場も!

スポンサーリンク








半田市は有名な童話「ごんぎつね」の作者・新美南吉さん生誕の地として知られる所です。

その「ごんぎつね」の舞台となったのが矢作川周辺。今なお童話の世界の、のどかな里山風景が広がります。

この矢作川は、9月下旬になると、実に堤の全長約2kmにもわたって、300万本以上の彼岸花が一斉に花をつけ、一面がまるで真っ赤な絨毯のように覆われます。

この彼岸花は地元の人々によって育てられたものなのです。「ごんぎつね」に書かれた『ひがん花が赤い布のように咲いている』という描写にちなんで、1990年に、大勢の地域住民の方々が参加され、彼岸花の球根を植栽したのがはじまりなのです。

冬の訪れる前に、この地元の方々の手によってつくりあげられた真っ赤な美しい彼岸花を見に、ぜひ美しい矢作川を訪れてみたいですね。

秋にはぜひとも訪れたいスポットです。

そこで気になるのはお花の見頃や駐車場など。

「半田市矢作川の彼岸花の2018の見頃は?混雑や駐車場も!」として纏めましたので、ぜひご参考にしてください。

スポンサーリンク

半田市矢作川の彼岸花の2018の概要と見頃は

 

■半田市矢作川の彼岸花の2018の概要

住所      〒475-0001  愛知県半田市岩滑地区(矢勝川沿い)
時期       9月中旬~10月上旬

■半田市矢作川の彼岸花2018の見頃

半田市矢作川の彼岸花2018の見頃は9月中旬から10月上旬と言われています。

矢作川沿いに、有志の方々によって植えられた半田市矢作川の彼岸花は実に300万本、圧巻です。真っ赤な見頃の花は秋の夕日に映えて、さらに美しく彩られます。

又彼岸花は真っ赤ばかりではありません。数は少ないものの赤以外にも白、黄、ピンク、赤紫色などがありカラフルな色もあり、色合いの妙をも楽しめます。

 

半田市矢作川の彼岸花2018の見頃に合わせて「ごんの秋まつり」サブタイトルで「矢作川の絶景 三百万本の彼岸花」が開催されます。

■ごんの秋まつりの概要
期間   2018年09月20日 ~ 2018年10月04日
開催場所 新美南吉記念館及び周辺
所在地  〒475-0966 半田市岩滑西町1-10-1(新美南吉記念館)

9月29日(土)と30日(日)はライトアップされます!!半田市矢作川の彼岸花2018の見頃の花が美しく夕闇に浮かび上がります!

<お祭りのイベント内容>

彼岸花の結婚式と花嫁行列
開催日 9月23日(日)
時間  14:30~
場所  岩滑八幡社、矢勝川堤

ガイドと朗読付き彼岸花ウォーク
開催日 9月23日(日)・26日(水)
時間  10:00~12:00
定員  各回15名(先着順)
参加費 無料
申込  9月1日(土)9:30から新美南吉記念館へ電話または直接窓口へ
(新美南吉記念館:TEL 0569-26-4888)

ハナノヒカリプロジェクト
開催日 9月29日(土)14:00~21:00
9月30日(日)18:30~21:00
※ ライトアップは18:30~
※ 29日(土)はワークショップ予定
場所  矢勝川堤

街頭紙芝居やさん
開催日 期間中の土日祝
時間  10:30~、13:30~
場所  新美南吉記念館、矢勝川堤周辺

 

駐車場と混雑について

■駐車場

臨時無料駐車場(アイプラザ半田)に停め、半田観光周遊バス(無料)をご利用ください

新見南吉記念館にも駐車場がありますが、期間中の土日祝はこの駐車場は利用出来ないようです。

会場の周辺には駐車場が少ないので公共交通機関をご利用するよう呼びかけられています。

■混雑

混雑具合いはどうなのでしょう。

混雑の様子についてちょっと調べてみましたが、混雑して困った~と言う声は聞こえてきません。屋や混んでいた程度ですので、混雑はあまり気にすることなく楽しむことが出来そうです。

但し、最近はすっかり有名になりましたので、土日祝日や、ライトアップのタイミングで多少の混雑はあるかもしれません。

アクセス

■地図

■各交通機関のアクセス

知多半島道路「半田中央IC」から約5分

電車 

名鉄「名古屋」駅から、名鉄河和線「半田口」駅下車。
「新美南吉記念館」までは、駅から西へ徒歩約20分。

※マメ知識 彼岸花の花言葉

『情熱』『独立』『再会』『あきらめ』『転生』『悲しい思い出』『思うはあなた一人』『また会う日を楽しみに』

強くしかし寂しいイメージですね

ツイッターの声

 

なぜこんなに彼岸花は美しいのでしょうね。昔は不吉な花という印象がありましたが、このような群生した彼岸花の絶景を見ると秋にはなくてはならない花という印象に変わりました。彼岸花は温度が下がるとともに咲く花。まさに秋の訪れを知らせる花です。何かちょっと寂しげな花言葉も、冬の植物にとっては厳しい季節を前に、真っ赤な強い花を咲かせ、生命を強く主張しているように思えてなりません。

まとめ

大勢の手によって植えられた美しい彼岸花。この秋ぜひとも見に行きたいスポットですね。

「半田市矢作川の彼岸花の2018の見頃は?混雑や駐車場も!」として纏めてみましたがいかがでしたでしょうか。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください