養老渓谷の紅葉2018の見頃とライトアップは?混雑や駐車場は?

スポンサーリンク








すっかり朝晩寒くなり、季節は冬へとはいったようですね。

紅葉シーズン真っ只中です。

養老渓谷は、千葉県夷隅郡大多喜町から市原市を流れる養老川が作り上げた渓谷です。

自然が美しく、春はツツジ、フジ、秋には雑木の紅葉が美しく色付き、一年を通じ自然を楽しむことができます。

ハイキンクコースも整備されており、自然を堪能することができます。

紅葉は大分色づいてきましたが、いつ最も見頃になるのか、混雑は、ライトアップはと気になりますよね。

「養老渓谷の紅葉2018の見頃とライトアップは?混雑や駐車場は?」としてまとめてみましたのでよろしければ参考にしてください。

スポンサーリンク

養老渓谷の紅葉2018の基本情報と見頃

まずは基本情報を押さえておきましょう。

■養老渓谷の紅葉2018の基本情報

名称          養老渓谷

住所          千葉県夷隅郡大多喜町、市原市

木の種類        モミジ、カエデ、ウルシ、ハゼ、ナラ、クヌギなど

スポット        粟又の滝周辺、中瀬遊歩道、懸崖境

ライトアップ あり

お問合せ           0470-82-2196 大多喜町産業振興課/0470-80-1146 大多喜町観光協会

 

■養老渓谷の紅葉2018の見頃

既に色づいている養老渓谷の紅葉、2018年の見頃はいつ頃でしょうか。

養老渓谷の紅葉は、例年の 11月中旬に色付きはじめて、11月下旬~12月上旬に見頃を迎えます。

ウェザーニュースによれば、2018年の紅葉の見頃は11月25日頃から、落葉は12月6日頃からという予想ですので、ほぼ例年通りですね。

 

養老川上流にある養老渓谷はいくつもハイキングコースが整備されており、小湊鉄道月崎、上総大久保、養老渓谷の各駅から、60分から4時間程度のコースで紅葉を楽しめます。

養老渓谷の見どころスポットは梅ヶ瀬、粟又の滝、筒森もみじ谷、中瀬遊歩道、観音橋、懸崖境といったあたりがおススメです。それぞれのハイキングコースでいずれかのスポットをみることが出来ます。

 

〇滝めぐりコース 約4Km 1時間コース

粟又の滝(養老の滝) ⇒ 小沢又の滝 ⇒ 水月寺 ⇒ 粟又の滝展望台 ⇒ 粟又の滝

歩きやすく最も手頃でコンパクトなコース、1時間で回れます。
ビュースポット落差15mの粟又の滝や、粟又の滝は養老渓谷の見所スポットです。

〇バンガロー村弘文洞跡コース 約7.4Km 2時間コース

コース:養老渓谷駅 ⇒ 宝衛橋 ⇒ 夕木台 ⇒ 奥養老バンガロー村 ⇒ 弘文洞跡 ⇒ 中瀬キャンプ場 ⇒ 観音橋 ⇒ 白鳥橋(吊橋) ⇒ 宝衛橋 ⇒ 養老渓谷駅

観音橋までは見所のひとつ中瀬遊歩道を歩きます。
又観音橋は、美しい朱塗りの太鼓橋。ここからの紅葉の眺めも最高です!

〇大福山梅ヶ瀬コース 約9.6Km 3.5時間コース

コース:養老渓谷駅 ⇒ 宝衛橋 ⇒ 女ヶ倉 ⇒ 大福山展望台 ⇒ 筒森もみじ谷 ⇒ 梅ヶ瀬渓谷 ⇒ 女ヶ倉 ⇒ 宝衛橋 ⇒ 養老渓谷駅

紅葉の美しい筒森もみじ谷や、梅ヶ瀬渓谷といったビュースポットを見ることが出来ます!

2018年の養老渓谷の紅葉の見頃もいよいよ間もなくですね。2018年の秋は平成最後の秋となります。晩秋に訪れる養老渓谷の見頃の紅葉をぜひ心にとどめておきたいですね。

 

■養老渓谷もみじまつり

11月23日(祝)には養老渓谷もみじまつりが開催されます。

名称     養老渓谷もみじまつり

日程     2018年11月23日(金・祝)

時間     10:00~15:00

場所     いすみ鉄道上総中野駅前、養老渓谷観光センター前、

問い合わせ先 大多喜町観光協会0470-80-1146

豚汁の販売、餅つきの実演と販売、地元産のそば粉を使った手打ちそば・焼き芋の販売・和太鼓の演奏・チェーンソーカービングアートなどが行われるようです。

紅葉と共にお楽しみください。

 

養老渓谷ライトアップ

何といってもライトアップは見所ですね。昼間の世界とは全く違う世界がライトアップにより夕闇の中に幻想的な姿が浮かび上がり、その美しさはいつまでも心に残る事でしょう。

ライトアップ期間 11月23日~12月7日

ライトアップ時間 17:00頃~21:30

ライトアップ場所 粟又の滝(養老の滝)、中瀬遊歩道、懸崖境(けいがんきょう)、観音橋

紅葉の色づき具合、および散り具合等によりライトアップ期間は変更されますのでご注意ください。

 

養老渓谷紅葉シーズンの混雑と駐車場

■駐車場

養老渓谷にある駐車場をご紹介します。

〇粟又町営駐車場
栗又の滝まで徒歩10分
住所        千葉県夷隅郡大多喜町粟又157
料金        普通車・軽自動車500円/マイクロバス1,000円/中型バス1,500円/大型バス2,000円
収容台数 大型車3台 普通車37台
営業時間 24時間

〇夕木駐車場
養老渓谷まで徒歩約15分
住所        〒290-0536 千葉県市原市戸面608
料金        無料
収容台数 約20台
営業時間 24時間

〇中瀬遊歩道駐車場
養老渓谷の遊歩道まですぐ
住所         〒298-0267 千葉県夷隅郡大多喜町葛藤2
料金         1回普通車500円
収容台数  48台

〇渡辺駐車場
養老渓谷の遊歩道まで徒歩3分
住所          〒298-0267 千葉県夷隅郡大多喜町16
料金          普通車400円/大型車2000円(要予約)
収容台数   50台
営業時間   8:00~17:00

〇老川十字路駐車場
住所    〒298-0265 千葉県夷隅郡大多喜町小田代544
料金    無料
収容台数  約20台
営業時間  24時間

 

■紅葉シーズンの混雑は

養老渓谷の紅葉シーズンの混雑はどんな具合なのでしょうか。

養老渓谷自体は、広いので混雑感はありませんが、道路は大変混雑します。養老渓谷は道が狭くなるため、多くの車が訪れるとどうしても混雑してしまうのです。

紅葉シーズン、混雑するより前、できるだけ早く現地に到着できるよう、計画的に余裕をもって訪れてくださいね!

 

アクセス

■電車

中瀬遊歩道 小湊鉄道養老渓谷駅から徒歩30分
粟又の滝     小湊鉄道養老渓谷駅からバスで約20分または徒歩2時間30分、小湊鉄道・いすみ鉄道上総中野駅からバスで約20分

■車

首都圏中央連絡自動車道市原鶴舞ICから国道297号、465号、県道168号、県道81号線経由で約40分

ツイッターから

まとめ

関東地方でシーズン最後の紅葉スポット、最後にふさわしく様々な景観で非常に美しい紅葉をたっぷりと楽しむことが出来るスポットです。2018年の秋の最後に訪れてみてはいかがでしょうか?

「養老渓谷の紅葉2018の見頃とライトアップは?混雑や駐車場は?」として纏めてみましたがいかがでしたでしょうか?

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください