広島カープ優勝2018の影にエルドレッド|広島愛で支える外国人選手

スポンサーリンク








いよいよ、広島カープの優勝マジックも残りひとつとなりました。

ジリジリと最後に足踏みをして、待たされましたが、いよいよ、長いシーズンも明日にも明日には結果が出そうです。

たまたま、今広島を訪れていますが、商店街の人達は広島の真っ赤なユニホームを羽織って、今か今かと優勝の瞬間を待ち望んでいます。

ふと、商店街のお店の前に立った時、忘れていたエルドレッド選手がにこやかに笑った等身大のポスター。

優勝の影に隠れた広島を心から愛する1外国人選手を思いました。

「広島カープ優勝2018の影にエルドレッド|広島愛で支える外国人選手」としてまとめてみました。

スポンサーリンク

広島カープ優勝2018を影で支える選手たち

広島カープ2018年の優勝もいよいよ。影で支える外国人エルドレッドの広島愛を思わずにはいられません。

エルドレッド、パワーあふれるホームランバッターとして怪我などに苦しみながらも、広島の中軸として2014年には37本塁打でホームラン王も獲得。

フルシーズン活躍すればどんな記録を出すのだろうと、豪快なスイングでファンを魅了しました。

当然のごとく、他球団からも引き抜きの噂あり、いつも中軸打者を持っていかれる広島はまた涙をのむことになるのかと思っていました。

しかし、このエルドレッド選手の広島に対する愛情はことのほか強く、広島にとどまり続けました。

エルドレッドと前監督の野村謙二郎監督との信頼関係はよく知られるところで、退団濃厚のエルドレッドを残留させ、バッティングを開花させ、プライベートに至るまで強固な信頼関係を築きました。

エルドレッドは既に引退も視野に入ってくる年齢、そのなかで彼自信カープで現役を終えたい、引退後もカープの役に立ちたいと、カープを広島を愛し続けています。

日本語の練習もさるているそうで、相当上達しているようですね。

こるまでこれほど広島を愛し、広島市民から愛される外国人選手がいたでしょうか。

広島市内では、ママチャリにのる姿や、釣りを楽しむ広島に溶け込んだエルドレッド選手の姿が見かけられるそうです。

家族を愛し、広島を愛す、人間的に愛さずにはいられないエルドレッド選手が、優勝の影にいることを思わずにはいられません。

エルドレッド選手、心引かれるのはどこまでも前向きな姿勢であることです。

最初からなぜ?と疑問を持たず、まずは前向きにやってみる。取り組む以上は前向きにとらえて取り組む、素晴らしい姿勢ではないでしょうか。

広島カープ2018年の優勝を前にして、二軍選手に混じってひたすら練習に取り組むエルドレッド選手。

広島カープ2018年優勝の影に、広島を心から愛する選手のことを思わざるを得ませんでした。

まとめ

広島カープ2018年の優勝直前に広島の商店街で目にした、優しい笑顔のエルドレッド選手の等身大の広告。

広島優勝の影にいる、遥かアメリカからやって来て、広島を愛し、広島ファンから心から愛されるエルドレッド選手を思いました。

「広島カープ優勝2018の影にエルドレッド|広島愛で支える外国人選手」としてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください