セブンイレブンで生ビールサーバ試験導入!千葉の導入店舗は

スポンサーリンク








セブンイレブンの一部店舗で、7月17日より注ぎたてのビールが飲めるビールサーバが試験導入されるとのこと。

キャッチコピーは「ちょこっと飲んで今日も幸せ“ちょい<生>」。

値段は何とSサイズが税込み100円、Mサイズが税込み190円!と何ともお手ごろな値段、というか安いですね。

数店舗へ試験的に導入される予定だそうで、ちょっと気になるニュースです。

「セブンイレブンで生ビールサーバ試験導入!千葉の導入店舗は」として纏めてみました。

気になる導入店舗はどこ?

台湾では一足早く13日から導入されているようです。

日本では、現在「三鷹牟礼6丁目店」など数店舗で試験的に導入される予定だという事しかわかっていません。既にサーバが設置され、キリン一番搾りをボタンひとつで注ぐことが出来ます。

導入がわかっている三鷹牟礼6丁目店とはどういう店舗でしょう?

スポンサーリンク

三鷹牟礼6丁目店

2016年にオープンした割と新しい店舗で、住宅街の中にあるお店のようです。

 

試験導入店舗は、今後の多店舗への展開をはかる為、いくつかの異なる条件でピックアップされたものでしょう。

住宅街の店舗、私ならお店で一杯というより自宅へ持ち帰ってゆっくりと居間で一杯というところでしょうか。

 

他には、どこのお店に導入されるのでしょう?

オフィス街への店舗への導入もありでしょうね。

既に関東で目撃情報があることから、関東で試験し全国レベルへ展開していくのでしょうか。とすると我が千葉にも試験導入されるかもしれません!

試験導入の結果予想

既にTwitterで話題になっており、飲みたい!楽しみ!という声もあがっているようですから、売り上げはきっと上がる事でしょう。

私も近くのお店で販売されたら、、絶対に買います!三鷹牟礼6丁目店のお近くに住む方々がうらやましいですね!

一方で、反対する声があがる事も予想されます。サーバですからその場で飲むのが売り、お店でつまみを買い込んで。注いだビールを、お店の近辺で飲んでしまう酔っ払いが現れる事も想像されます。

現にうちの近所のコンビニ前では、年配の方々(おじいちゃんやおばあちゃん)がたむろして缶ビールを飲んで騒ぎ、警察官から注意される姿を目撃したことがありますが、さらに拍車をかけるのかと思うとちょっと複雑です。

しかし、セブンカフェで成功した実績がありますから、生ビールの試みも成功する事でしょう。居酒屋業界も戦々恐々ですね。

 

まとめ

おそらくはセブンイレブンを皮切りに、ローソンやほかのコンビニにも広がってゆくことでしょうね。

「セブンイレブンで生ビールサーバ試験導入!千葉の導入店舗は」としてまとめましたが、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

情報が入り次第追記してゆきます。

追記:新所沢駅東口店にも導入だそうです。

新情報:導入中止のニュース!

今日7月17日のニュースで導入はとりやめになったとのことです。

セブンイレブンの広報のコメントとしては「想定以上の需要が予想され、供給が追いつかないと判断した」とか。

非常に残念ですが、実際のところ批判的な声もが影響したことも想像されます。コンビニですから簡単につまみも買え、安さから気軽に飲めますから酔っ払いが増える事が想定され治安面での不安の声もtwitter上で聞かれていました。又、未成年が購入しやすくなるのではと想像されることから、相当数の批判が寄せられたのではと想像されます。

又、居酒屋業界にインパクトを与えるのは間違いなく、そういった面での体制たてなおしがあったのかもしれません。

今後は未定という事ですが、セブンイレブンの出方が気になるところです。

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください