輪島大士は何故本名か?横綱は四股名でなくても良いのか?

スポンサーリンク








往年の大横綱、輪島の訃報に悲しい思いをした方は多いでしょう。

黄金の左で、一気に横綱までかけあがり、貴乃花のお父さん、先代の大関貴ノ花と人気を二分していました。

引退後は花籠親方として部屋をもってきましたが、親方株による金銭問題のゴタゴタで相撲界から、廃業。

しかし、左をとったときの強さは圧巻でした。

ところで、輪島って本名なんですよね。時々本名を名乗る関取はいますが、四股名を名乗らなくても良いのでしょうか?

「輪島大士は何故本名か?横綱は四股名でなくても良いのか?」としてまとめてみました。

スポンサーリンク

横綱は四股名でなくても良いのか?

横綱は四股名を名乗らなくても良いのでしょうか?

どうやら必ずしも四股名を名乗らなくても良いようですね。

最近では、横綱ではありませんが、トントン拍子に出世した大関出島が本名を通していたのが記憶に新しく、又平幕では人気の遠藤がいまだに本名のままですね。

必ずしも四股名を名乗らなければならないものではなく、横綱も同様なのでしょう。

さすがに横綱田中とか、横綱佐藤というのはないでしょうが。

輪島や出島のように地名にもとずく名前の場合あまり違和感は感じないですね。

四股名とは、もともと醜名といい、意味は醜いではなく、逞しいという事なのだそうです。

相撲取りの四股名は、山の名や海の名、名力士の親方から一文字譲り受けたりと、強そうな名を名乗ります。

四股名はいかに強く思わせるか。雷電為右衛門、いかにも恐ろしげです。

既に本名でハクがついているなら、あえて横綱は四股名を名乗らなくても良いのではないしょうか。

 

輪島大士は何故本名か?

輪島大士は何故本名をなのでしょうね。

輪島は大変なスピード出世でした。大学相撲から角界入りし、一気にかけあがり短期間に横綱にまでのぼってしまいました。

輪島大士は何故本名なのか? ひとつには、スピード出世により本名輪島の名が既に強い力士としてイメージが広まっており、あえて名前を変える必要はなかったというのが、輪島大士は何故本名か?という疑問のひとつの答えでしょうか。

あるいは学生相撲から輪島で名を知られ本名で通す事にこだわりがあったということも輪島大士は何故本名か?という疑問の答えのひとつかもしれません。

ところで、どうやら輪島が、本名を名乗る力士の先鞭をつけたという話も。横綱は四股名でなくても良いという、強い先例となったのでしょう。

出島も似たようなケースですね。スピード出世で一気に大関にたどりつきました。

何事も初めてというのは力が必要なこと、先鞭をつけた輪島は、カリスマ的な強さがあったからこそなのでしょう。

輪島大士は何故本名をなのか、想像をめぐらせましたが、もう少し情報をさがしてみます。

まとめ

名前ひとつとっても、輪島は偉大な横綱でした。残念ですが、いつまでも記憶に相撲の歴史に名前が残り続ける事でしょう。

「輪島大士は何故本名か?横綱は四股名でなくても良いのか?」としてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

引き続き輪島について調べてみます。

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください