福田由香里の経歴や家族は?かっこいい女性パイロットは何人位いるの?

スポンサーリンク




こんにちは、ツクです。

福田由香里さんは、カッコいい海上保安庁のヘリコプターパイロットです。

ヘリコプターパイロットといっても、「海猿」と呼ばれる海上保安庁の特殊救難隊を、救難現場まで運ぶ救命の最前線で、ヘリコプターをコントロールします。

一分一秒を争う中で、荒くれな男たちに交じって闘う姿は実にカッコいいですね。

福田由香里さんが名を知られるのは、数少ない女性パイロットであり、さらには昨年、海上保安庁の最大のヘリコプター、スーパーピューマ225の機長に初めて就任した女性なのです。

人命を救う聖職、辛く激しく厳しい世界をカッコいいなんていう言葉で括ってしまうと福田さんに怒られそうですが、しかしカッコいいものはカッコいいです。

12月29日(日)の情熱大陸で、福田由香里さんがとりあげられますので必見ですね。

「福田由香里の経歴や家族は?かっこいい女性パイロットは何人位いるの?」と題して、海上保安庁で活躍される福田由香里さん、気になりますね。

早速、海上保安庁のパイロットとして活躍される福田由香里さんを覗いてみましょう。

スポンサーリンク

福田由香里の経歴や家族は?

福田由香里さんの経歴や家族を語る前に、まずは情熱大陸の予告を覗いてみましょう。

100点満点のフライトはないとインタビューに答える福田さん、穏やかな顔ながら眼の光に厳しさが垣間見えますね。

どんな経歴の方なのでしょう。

福田由香里さんの経歴

生年月日:1982年9月17日(2019年12月現在39歳)

出身地 :石川県金沢市出身。

出身大学:早稲田大学(文学部)

海上保安庁での経歴:

仙台、鹿児島、新潟、羽田など各地歴任

2018年4月羽田航空基地勤務。

2018年12月、スーパーピューマ225機長に就任。

 

2011年に雑誌インタビューで語っていらっしゃいますが、海上保安庁の数少ない女性機長の一人、飛行機とは関係のない家庭で育ち、大学は早稲田大学の文学部。

グライダー部に入ったのが空との関りはじめだったようです。

就職に際しては企業の内定を蹴って海上保安庁の世界に飛び込まれたようです。

厳しい訓練の中、多くの同期が脱落する中を操縦士の資格を手にされた努力の方です。

尖閣沖の警備など、まさに体を張って日本を守る役割を担っていらっしゃいます。

 

東日本大震災の際には仙台航空基地で被災されているそうです。

救助という立場でお仕事をされる中、3日間救助を待つという経験をされたようで、救助を待つ人の心も痛感されたようです。

 

人命救助という尊く厳しい、体を張り命をかけた職業の第一線で活躍される福田さんはご結婚されているのでしょうか。

ご家族がいらっしゃるのでしょうか。

非常に気になるところで、調べてみましたが残念ながらわかりません。

詳しくは番組で語られるお話を楽しみにしておきましょう。

 

福田さんの操縦するのは、海上自衛隊最大級の「スーパーピューマ225」、どんなヘリコプターなのでしょう。

スパーピューマ225

まずはその姿を見てみましょう。

 

大きさは
・全長        19.50メートル
・全高        4.97メートル
・自重        6,581kg

海上保安庁はこの型のヘリを5機保有しているようです。

陸上自衛隊でも保有しており、皇室、首相、国賓などの輸送任務向けに使用される重要なヘリです。

 

ヘリは機体が大きくなるほど、操作が難しく、機長として抜擢された福田さんの技術の高さを証明しています。

両手両足を使い、微妙な動きをコントロールし、救助に当たってはダウンウオッシュと呼ばれる風が遭難者や救助者にあたらないように繊細な操縦が要求されます。

海上保安庁で働く女性

海上保安庁でも積極的な女性の採用が行われており、男性ばかりと思われがちな世界にあって多くの女性が活躍されています。

海上保安庁の定員は約14,000人、そのうち女性職員は約1, 000人だそうです。

14,000人のうち1,000人と聞いて多いと思われたでしょうか、少ないと思われたでしょうか。

巡視船艇の女性船長や、福田さんの前に、平成12年、初の女性パイロット(機長)が、平成29年には初の海上保安部長が誕生しているようです。

男性ばかりと思われがちな世界ですが、採用者数も増え、活躍する女性の数も増えているようで、私は想像以上の方が活躍されている事に驚きました。

女性パイロットは何人くらいいる?

女性パイロットの人数を確認しましたが2016年時点で機長はまだ1名、機長を目指す女性やヘリの教官として活躍していらっしゃる方もいらっしゃるようです。

具体的な人数までは確認できませんでしたが、第二の福田さんを憧れる方は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

まとめ

海上保安庁の最大のヘリコプター、スーパーピューマ225の女性機長、福田由香里さんに迫った情熱大陸は必見です。

福田由香里さんが女性機長しかもスパーピューマ225の女性機長としての経歴を掴まれたのは、努力の賜物ですね。

命を張った職業の中で、ご家族の事が気になり調べましたがわかりませんでした。

思い責務を担われる福田由香里さんの姿はカッコよく、女性パイロットを調べてみましたが福田さんの後を追いかける女性の数はわからないものの、少なからずいらっしゃるようです。

詳しくは情熱大陸の放送ですね。

「福田由香里の経歴や家族は?かっこいい女性パイロットは何人位いるの?」と題してまとめてみました。

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

追記

番組が放映されました。

番組の中で海に流され行方不明になったサーファーを救出するシーンがありました。

波に遥か沖まで流され、1時間捜索の後救出。

あくまでも淡々と普段の訓練を行動に移していく姿が印象的でした。

機長を中心に、副操縦士や降下を操作するメンバー、最初に海に入り救難者の身を確保しヘリのダウンウオッシュから守るメンバーを海に降下し、ロープを切り離します。

確保が確認されると、引き上げる役割を担った隊員が降下、ダウンウオッシュの中で救難者を最初に確保したメンバーと救難者を引き上げます。

常に隊員同士声を出し合い、5秒以上会話が途切れたら事故とみなされるほど常に現状を報告しあい見事な連携でメンバーが救出作業を行います。

行動はあくまでも冷静で落ち着いた淡々としかも極めて迅速に救難者を引き上げました。

救難者は無事、しかし32度まで体温は落ちており、救急車の待つ地点まで搬送、見事な救出劇でした。

カッコいい。福田さんの姿でした。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください