三林京子の若い頃の顔画像が美人でビックリ どんな経歴の人?

スポンサーリンク




こんにちは、ツクです。

三林京子さんといえば、最近では朝の連続テレビ小説「スカーレット」の大久保さんが印象的でした。

大阪の下宿屋で喜美子に仕事内容を厳しく教え込み、一見意地悪そうで、実は心優しいおばさん、という役柄でした。

三林京子さんは、貫禄あり便りがいのある堂々としたおばちゃんとしてドラマを引き立てる名バイプレイヤーですね。

大きな体に真ん丸い顔と大きな目、非常に貫禄ある存在感のある役者さんのイメージですが、若い頃は美人女優として有名だった事をご存知でしょうか?

実際に顔写真を見ると本当にビックリ。

経歴も落語家としての顔を持たれていたりと実にユニークです。

「三林京子の若い頃の顔画像が美人でビックリ どんな経歴の人?」

と題して、今とは想像のつかぬ若い頃の顔画像と共に、経歴も調べてみました。

それでは早速、三林京子さんの姿に迫って参りましょう。

スポンサーリンク

三林京子さんの若い頃の顔画像が美人でビックリ

何はともあれ三ツ林京子さんが美人女優として活躍していらっしゃった頃の顔画像を見てみましょう。

ツイッターの投稿に数々顔写真が寄せられており、現在のキャラと全く異なるお姿にビックリします。

着物が似合う、目を見張るような美人ですね。

いや、本当に美人。。

こちらが、お馴染み現在の三林さん。

貫禄ある役どころは、三林さんならではで、気っ風の良さもにじみ出ていますね。

私の大好きな女優さんです。

若い頃の写真をもう少し見てみましょう。

 

1975年のNHK大河ドラマ「元禄太平記」は討ち入りを果たそうとする赤穂浪士と、時の権力者柳沢吉保を描いたドラマです。

三林さんの役どころは、竹脇無我さん演じる架空の人物、柳沢吉保の弟、柳沢兵庫の思い人。

権力者としてかけ上がる兄に反発し、浪人として生きる兵庫は赤穂浪士を助けます。

その愛する兵庫と赤穂浪士を助けるため、危険をおかして、吉良の屋敷に奉公し、悲劇的な最期をむかえる、美人薄命な役柄です。

テレビ初出演で、こんなに重要なキャストに大抜擢。

凄いですね。

今なら、権力者柳沢吉保をたしなめるような大奥の主みたいな役柄が似合いそうですね。

三林京子さんの経歴

三林京子さんは一体どんな経歴の持ち主なのでしょう。

三林京子さんの経歴

生年月日:1951年7月17日
(2020年1月現在68歳)

出身地 :大阪府住之江区

父親 :二世桐竹勘十郎
お若い頃から、和服の似合う方ですが、お父様は何と文楽の人形遣いで人間国宝です。

子供の頃からNHK大阪放送児童劇団に入り芸能の世界へ。

大阪の大谷中学在学中、山田五十鈴に師事。
東宝菊田一夫から芸名三林京子を名付けられる。
山田五十鈴といえば大女優、菊田一夫といえば演劇史に残る大者、期待のほどがうかがえます。

テレビデビュー:1975年NHKの大河ドラマ「元禄太平記」
デビューが大河の重要な役所、大抜擢ですね。実力のほどがうかがえます。

1978年フリーに。日本の伝統芸能を徹底習得。

浄瑠璃、日本舞踊、狂言、そして特筆すべきは1997年6月に舞台で桂米朝一門と共演したのをきっかけにして、何と3代目桂米朝の門を叩き、一門ではじめての女性落語家、三代目桂すずめに。

若い頃はテレビでも時代劇の主演を何度もつとめられ、今やドラマの、貴重なバイプレイヤーとして活躍していらっしゃいますね。

テレビなどでおみかけする三林京子さんは、オーラの漂う方という印象を持ちますが、経歴を見ると凄い方ですね。
運命的に芸能な世界を天職に生まれてきた方のようです。
朝ドラ、スカーレットでも、並み居る役者さんの中、圧倒的に存在感のある方ですよね。

まとめ

三林京子さんは、存在感のある肝っ玉ある役所が印象に残ります。

若い頃の顔画像を見るとあまりの美しさに驚きますね。

経歴をみれば、お父様が文楽の人間国宝で、ご自身も日本舞踊から、落語まで多彩な方です。
「三林京子の若い頃の顔画像が美人でビックリ どんな経歴の人?」
と題してまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。
最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください