仏マクロン大統領夫人の年齢や経歴は?若い頃の写真やなれそめは?

スポンサーリンク




こんにちは、ツクです!

よいよ明日からG20首脳会談、世界から要人が集まりつつありますね。

今日は東京へフランスのマクロン大統領が来られ天皇皇后両陛下と夫妻で昼食をご一緒されましたね。

マクロン大統領は大変若い大統領ですが、奥様とは年齢が離れているように見受けられましたがマクロン大統領夫人の年齢はいくつくらいなのでしょう?

どういった馴れ初めでお二人はご結婚されたのでしょうか?

「仏マクロン大統領夫人の年齢や経歴は?若い頃の写真やなれそめは?」と題して迫ってみたいと思います。

それでは進めて参りましょう!

スポンサーリンク

フランスマクロン大統領夫人の経歴は?

フランスのマクロン大統領は夫人と明らかに年齢差がありそうですが、年齢はおいくつくらいでしょうか。

またどんな経歴の方なんでしょう?

調べてみたところ、ブリジットマクロン夫人は1953年4月13日生まれですから、2019年6月現在66歳ですね。

マクロン大統領が1977年12月21日生まれですから、2019年6月現在の年齢は41歳、実に25歳もの年齢が離れているんですね。

ブリジット夫人の出身はフランスのトローニュという町の生まれです。

古いチョコレート店の6人の兄弟姉妹の末っ子に生まれました。

大人になったブリジットさんはアミアン市というところの、私立高校でフランス語とラテン語を教える教師になったようです。

結婚され、ご主人には前妻との間に3人の子供がいて、妻になるのと同時に母となりました。

 

 

若い頃の写真とマクロン大統領との結婚のなれそめは?

マクロンがイケメンですね!ブリジットさんはよく見えません。

こちらを。

マクロンとあった頃のブリジットさんのようです。

早くもマクロン大統領とのなれそめを語らなければなりません。

そのブリジット夫人の教える私立高校に入学してきたのが若き日のエマニュエルマクロンなのです。

そこで、何と二人は恋に落ちてしまう。

マクロンは高校で演劇部にはいりますが、そこで顧問をしていたのがブリジット夫人だったのです。

17歳のマクロンは24歳年上のブリジットに恋をしてしまったのです。

最初はブリジット夫人、断ります。

まあ教師として当然の対応ですよね。

しかも、マクロン氏の熱を冷まさせるためにアンリ4世校へ編入を勧めマクロンも受け入れます。

しかしこの時のマクロン氏がブリジット夫人に告げた言葉が凄いです。

「必ず戻ってきてあなたを妻にする」

マクロン氏は非常に有能で賢い青年です。

財務官僚となった後、財界で実力を試そうとロスチャイルド銀行を受けますが、彼と話した経営幹部が彼の才能にほれ込んでしまいます。

2年後には副社長まで上り詰めているのですからいかに才気あふれる若者だったか。

そんな才能とエネルギーに溢れる若者が、恋も貫徹させてしまうのです。

既に離婚して独り身となっていたブリジット夫人と12年を経て、29歳のマクロンは53歳のブリジットさんと結婚したのです。

何という初志貫徹ぶりでしょう。

 

ブリジット夫人の魅力

これだけのすべてを持った青年が、24歳という年の差をこえ53歳の女性との恋を貫かせたブリジット夫人は相当な魅力ある女性なのでしょうね。

現在66歳と聞いてちょっと驚くほどチャーミングな女性ですね。

当然気になりますよね、雑誌社が様々な方にインタビューしてブリジット夫人の魅力を調査しています。

魅力が語られてていました。

夫人は真に自由な女性であるのだそうです。

私は私、と環境に囚われず自分の価値観で自分の道を切り開いていく女性でした。

そして、活発で冗談好きな年上の妻に対して、マクロンは時に娘のように感じる事があるほど現代的な女性なのだそうです。

さらに教師の頃から、親身な先生として他人の心に心に寄り添い共感力を得ることが出来る、愛情豊かなとても慕われる方なのだそうです。

又、情熱にあふれ演劇の顧問として、生徒たちに本当の演劇を見せる為にパリへ連れて行ったり、文学の知識を熱意をこめて生徒たちに伝えようとしたり、台本の執筆に取り組んだりされていたそうです。

おそらくマクロンにとってブリジット夫人は、愛する妻であり、教えてくれる教師であり、母親のような庇護者的存在でもあり、又娘のような無邪気な存在でもあり、様々な顔をもつ何よりも愛情豊かで、包み込む大きさをもった女性なのでしょう。

さすがは、フランス、シャンソンの国。

何だか物語になりそうな恋物語ですね。

バックには愛の賛歌が似合いそうです。

 

まとめ

仏マクロン大統領のブリジット夫人は、2019年6月現在66歳でマクロン大統領より何と25歳も年上です。

経歴は高校のラテン語とフランス語の教師をやっていた当時に生徒のマクロン大統領と会います。

マクロンがほれ込み、また12年という時を経て結婚しました。

物語になりそうなお話です。

若い頃の写真を見ると何か愛情と情熱豊かな教師だったような姿が垣間見えます。

「仏マクロン大統領夫人の年齢や経歴は?若い頃の写真やなれそめは?」と題してまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください